Top > 動画キャプチャ

動画キャプチャ

Last-modified: 2017-09-06 (水) 16:57:41

Youtubeに高画質でアップしたい Edit

ニコニコ動画の場合は要求される条件を満たせば再エンコードなしで高画質でのアップは可能ですが、Youtubeでは再エンコードは回避できません。

ただしビットレートの優先度という物があり、その優先度が高い動画をアップすれば再エンコードによる画質の劣化をある程度防げます。

簡単に言えばアップロードする動画のサイズを横を1280か、縦を720以上に合わせてしまえば自動的にHD動画となり画質の劣化が抑えられます。

アイギスのウィンドウサイズで言えば1080*720になります。このサイズ以上で動画を出力すればYoutubeでは再エンコードによる画質劣化を抑えることができます。

ただし元々の動画の画質が悪くては画質はよくなりませんので、画質を考慮しつつHD動画になる動画を出力しましょう。

gif動画を撮りたい場合 Edit

gifcamなど一部のgifアニメ作成ソフトでアイギスのプレイ画面を直接キャプチャーすると、スキル発動中の画面が緑色に乱れたものが撮れる現象が起こります。
この場合はいったん普通の動画を録画したのち、その動画をgifキャプチャーする必要があります。
screen to gifなど別のgifアニメ作成ソフトでは、直接キャプチャーしても問題ないものもあります。
Gyazoのgif機能は少々カクつくようです。


撮ったgifファイルはしばしば数十MBなど重くなったりするので、うpするときは軽量化する
https://ezgif.com/speed
検索すれば、gifの再生速度を速める・画質を落とす・縮小するなどの処理をできるサイトがあるのでそれを使うと手軽

 (Windows) Open Broadcaster Software Edit

これひとつで録画から生放送までなんでもこなせる万能ソフトウェア。Bandicamのようにロゴの挿入もないので、気になる人にはおすすめ。

コーデックはX264かQuickSync・NVENCから選べるが、現在はX264が一般的なのでそれ一択でいいかと。

ビットレートも細かく選べ、画面キャプチャも範囲指定に対応・マウスカーソルの有無等かゆいところにも手が届きます

ゲームキャプチャにも対応しているので、他ゲーム等にも一本で対応できる部分も利点か。

 (Windows) ShadowPlay Edit

NVIDIA GeForceGTX600クラス以上のグラフィックボード、Pentium G、AMD Phenom II以上のCPUが必要と若干必要スペックは厳しいが便利なキャプチャツール。

GeForce Experienceに付属の機能で、単体でのインストールなどはできない。

最大の特徴は常時常駐し、設定で最大その時点から20分前までの画面を動画にできるという点。

咄嗟の事態で録画を忘れていても、20分前までの動画を出力できるので撮り忘れなどが起き難い。

常駐の際や直接録画する際の使用リソースも低く常駐しても気にならないという点も評価できる。

ただしまだベータ版な上、キャプチャ範囲を指定できず、特定の画面だけを動画にしたい場合は自分で編集しなければならないという手間はかかる。

更にはGeForce Experience自体がそれほど軽い代物ではなく、Windowsの設定により使用できない場合もある為簡単に扱えるものでもない。

Win7以降などでパフォーマンス設定でチェックを外していたりするとShadowPlayが使えなくなるものがある。

最低でも「ウィンドウとボタンに視覚スタイルを使用する」「デスクトップコンポジションを有効にする」にはチェックが入っていないと使えない。

ただし編集や設定ができるようになれば動画の撮り忘れなどがほぼ起きない上にキャプチャしても動作が重くならないと利点は大きい。

他に比べて非常に限定的な物だが利用できればとても心強い相棒になる。