Top > Monkey

Monkey

Last-modified: 2009-09-16 (水) 16:38:41

Androidでコマンドラインからモンキーテストを行うツールmonkeyについて説明します。

 

モンキーテストの実行 Edit

monkeyを実行する基本構文は以下になります。

$ adb shell monkey [options] <event-count>
 

具体的には以下のように実行します。

$ adb shell monkey -v -p org.sample 100

この例ではorg.sampleパッケージの、カテゴリが Intent.CATEGORY_LAUNCHER または Intent.CATEGORY_MONKEY のアクティビティに対して、100回のイベントが実行され、結果がコンソールに出力されます。

 

コマンドを実行すると画面ではアクティビティが起動し、イベントが発生しているのを確認できます。また、コンソールに以下のような情報が出力されます。

:Monkey: seed=0 count=100
:AllowPackage: org.sample
:IncludeCategory: android.intent.category.LAUNCHER
:IncludeCategory: android.intent.category.MONKEY
// Event percentages:
//   0: 15.0%
//   1: 10.0%
//   2: 15.0%
//   3: 25.0%
//   4: 15.0%
//   5: 2.0%
//   6: 2.0%
//   7: 1.0%
//   8: 15.0%
:Switch: #Intent;action=android.intent.action.MAIN;category=android.intent.category.LAUNCHER;
launchFlags=0x10000000;component=org.sample/.SampleActivity;end
    // Allowing start of Intent { action=android.intent.action.MAIN categories={android.inten
    t.category.LAUNCHER} comp={org.sample/org.sample.SampleActivity} } in package org.sample
:Dropped: keys=0 pointers=0 trackballs=0 flips=0
// Monkey finished

モンキーテスト中に例外が発生した場合は、コンソールにスタックトレースが出力されます。

 

参考 Edit

Android Developers UI/Application Exerciser Monkey:
http://developer.android.com/intl/ja/guide/developing/tools/monkey.html