Top > UIコンポーネント > 参照によるXML属性値の指定

UIコンポーネント/参照によるXML属性値の指定

Last-modified: 2013-01-27 (日) 17:14:58

XML属性値の指定には文字列や数値等を直接記述する方法の他に、
リソースやテーマ属性で定義している値を参照する方法があります。
以下でその方法を紹介します。

リソースの参照 Edit

リソースの参照は"@[+][package:]type:name" 形式で記述します。

Android既存のリソースの参照 Edit

 例) TextViewの背景に白色のカラー情報を参照を指定

 
  • whiteのカラー情報を参照します。
    android:background="@android:color/white"
     
    結果
    sample1.PNG
     

独自のリソースの参照 Edit

文字列の参照を指定 Edit

 例) TextViewのテキストに"Test"という文字列の参照を指定

 
  • res>values>strings.xmlに文字列の定義を記述します。
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <resources>
        <string name="test">Test</string>
    </resources>
  • 定義した文字列の参照を指定します。
    android:text="@string/test"
     
    結果
    sample2.PNG
     

色の参照を指定 Edit

 例) TextViewのテキストカラーにカラー情報"#ff0000"の参照を指定

 
  • res>values>colors.xmlに色の定義を記述します。
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <resources>
        <color name="red">#ff0000</color>
    </resources>
  • 定義した色の参照を指定します。
    android:textColor="@color/red"
     
    結果
    sample3.PNG
     

画像の参照を指定 Edit

 例) TextViewの背景に画像の参照を指定

 
  • res>drawableに画像を配置します。

    imageを配置.png

  • 配置した画像を参照します。
    android:background="@drawable/image"
     
    結果
    sample4.PNG
     

Viewの参照 Edit

 属性値にViewの参照を指定するには、"@+Id/≪ViewのId≫"形式で記述します。
 例) RelativeLayoutのignoreGravity属性にTextViewを指定

 
  • サンプルコード
        <RelativeLayout 
            android:id="@+id/RelativeLayout01" 
            android:ignoreGravity="@+id/TextView02" 
            android:layout_height="fill_parent" 
            android:layout_width="fill_parent" 
            android:gravity="center">
            <TextView 
                android:text="TextView01" 
                android:id="@+id/TextView01" 
                android:layout_width="wrap_content" 
                android:layout_height="wrap_content">
            </TextView>
            <TextView 
                android:text="TextView02" 
                android:id="@+id/TextView02" 
                android:layout_width="wrap_content" 
                android:layout_height="wrap_content">
            </TextView>
        </RelativeLayout>
     
    結果
    (ignoreGravity属性がTextView02に適用されている)
    sample5.PNG

テーマ属性の参照 Edit

テーマ属性の参照は"?[package:][type:]name"形式で記述します。

Android既存のテーマ属性の参照 Edit

 例) TextViewの背景にデフォルトテーマのcolorForeground属性の参照を指定

 
  • colorForeground属性を参照します。
    android:background="?android:attr/colorForeground"
     
    結果
    sample6.PNG
     

独自のテーマ属性の参照 Edit

 例) TextViewのテキストカラーにMyThemeのMyColor属性の参照を指定

 
  • res>values>attrs.xmlにMyColor属性の定義を記述します。
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <resources>
        <declare-styleable name="MyTheme">
            <attr name="MyColor" format="color"></attr>
        </declare-styleable>
    </resources>
  • res>values>styles.xmlにMyThemeおよびMyColorの定義を記述します。
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>  
    <resources>  
        <style name="MyTheme">  
            <item name="MyColor">#ff0000</item>  
        </style>  
    </resources>
  • AndroidManifest.xmlを編集し、MyThemeを適用します。
    <activity android:name=".AttributeValue"
              android:label="@string/app_name"
              android:theme="@style/MyTheme">
        <intent-filter>
              <action android:name="android.intent.action.MAIN" />
              <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
        </intent-filter>
    </activity>
  • MyColor属性を参照します。
    android:textColor="?attr/MyColor"
     
    結果
    sample7.PNG
     


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White