Top > 神こロし用語集

神こロし用語集

Last-modified: 2016-12-06 (火) 16:18:26

※ ネタバレ注意 ※
※ 実を超えた姿などのネタバレを含みます ※
※ 2次創作ネタなども含まれます ※
※ とはいえ、あくまでゲームをやってる人が分かる程度のネタでお願いします ※

 

あ行 Edit

アイコン(あいこん)
『神こロし』におけるコマンドは、文字ではなくアイコンで表記されている。
それぞれ正式名称は不明。その謎めいた愛らしさもあり、様々な愛称で親しまれる。
menu 


悪魔(あくま)
信仰上における悪しき超常の存在。異教の神や精霊などを貶めてこう呼ぶこともある。
または比喩表現としても使われる。
『神こロし』においては、天使勢に破天荒なキャラが多いため、
どちらかというと悪魔勢の方がまともに感じるのは気のせいだろうか。
悪魔属性持ちのキャラは、以下のページを参照。
キャラクター図鑑(属性別)


抗いのもの(あらがいのもの)
運命や苦難に抗い神をこロしたもの達のこと。一般にプレイヤーキャラクターを指す。
「抗いません?」のフレーズや、ゲームサイトのURLなどからも分かる通り、「抗い」は『神こロし』における重要なワードである。


イケメン(いけめん)
イケてるメンズの略語。広辞苑に記載されている程メジャーなスラング。
 もしかして → 白霧


因果が溢れる(いんががあふれる)
仲間がなかなか集まらず、因果が100%になったまま使い道のない状態。
神こロし世界でぼっちを感じたとき、自然とその言葉を口にするだろう。
「ああ、因果が溢れる…!」
今は因果がもったいなくならないように別の使い道が用意されている。


ヴィッキー(う゛ぃっきー)
ヴィクセンの愛称。


受け入れ難い概念だった(うけいれがたいがいねんだった)
「概念」の記憶に失敗したときのメッセージ。
「抗いのもの」と「概念」の組み合わせにより、様々なドラマを思い起こさせてくれる。
受け入れ難かったのだろう。


腕…取れちゃった(うで…とれちゃった)
リンファの負けセリフのひとつ。
ちゃんとくっつくようだがレベル上げ中には申し訳ないくらい取れる。


エンダァ…(えんだぁ…)
運命の人に出会った瞬間口ずさむ、愛のフレーズ。
よく誤解されるが、豪華客船が沈没する方ではない。
 もしかして → ヘナ


おう(おう)
万能な相槌のひとつ。
 「遊んでくれるの?」 「おう」
 「調教してあげる」 「おう」
なんでもありである。
 もしかして → 影狼


おじいちゃん(おじいちゃん)
おっさんと言われる年を更に上回る、老年の事。
それなりの年齢の時に"おっさん"と呼ばれると少し傷つくが、
"おじいちゃん"と呼ばれるとあたたかみを感じるのは何故だろう。
某老年悪魔はこれに該当するが、彼のプライドの為にも極力呼ばないであげよう。


お台場観覧車(おだいばかんらんしゃ)
「実を超える」メニューのアイコンの愛称。
実際そう見えてくる。


おっさん(おっさん)
中年以上の男性。比較的年齢層が若い神こロし世界では貴重な存在である。
歳を経た渋さと色褪せ枯れた気だるさ、切なさと滑稽さ、格好良さと格好悪さなどをあわせ持つ存在である。
橘 明彦は自身を“おっさん”と呼ぶ。


おっぱいのついたイケメン(おっぱいのついたいけめん)
たいへん男前な女性のこと。抱いて!


男の娘(おとこのこ)
男の娘とは、外見が女性に見える少年、青年のことである。
ただの女装ではなく、美しさ・可愛さがポイントとなる。
「こんな可愛い子が女の子のはずがない」


檻(おり)
檻とは、人や動物を生け捕りにしておくための容器である。多くは金属製。
『神こロし』とは抗いの物語であり、あらゆる壁や檻を打ち壊すことがテーマである。
──はずなのだが、なぜかTwitter上では神こロプレイヤー達が、続々と檻アイコンへ収監される行事が定期的に流行する。
これらは自主的なものであり、プレイヤー諸氏の業の深さが窺える。
中にはかなり刑期の長い、牢名主のようなアカウントもあるようだが……?

  • 関連項目 神こロ警察

か行 Edit

概念(がいねん)
物事を考えたり、捉えるときの思考の大まかな意味内容。英語で言うとコンセプト。
『神こロし』を象徴するワード。
この世界(クロバ)では、概念が失われ、失われた概念が表す物やシンボル、感情が存在しない。
しかし、様々な世界から流れ着いた抗いのものたちは、同時に概念をももたらす事がある。

 

ver0.8でついに「概念」バトルが実装された。
「愛」や「恋」「ラブレター」のようなロマンチックなものから、「パンツ」「タイツ」などフェティッシュなもの、
果てには「胡椒」「二度寝」「阿修羅」に至るまで、そのラインナップは混沌を極めた。


会話(かいわ)
挨拶は円滑なバトルに必要不可欠な要素である。
稀にゲーム中のセリフが、意図せず会話になっていたりすると嬉しい。
逆に頓珍漢な受け答えでも、それはそれで楽しい。
偶発的なカオスとコスモスこそが『神こロし』の味わいである。


隠しキャラ(かくしきゃら)
『神こロし』には、公式サイトのキャラクター紹介に載っていないキャラも存在する。

  • 現在までに確認されている隠しキャラ
    • ナウイ銀河
      銀河一ナウいヒーロー。元はD.K氏が初期版『神こロし』の紹介で描いた落書きキャラだった。
    • 天使くん
      清純な少女の様な男の子。元はD.K氏が初期版『神こロし』のイメージイラストで描いた雑記キャラだった。

カブる(かぶる)
予定が重なってしまうこと。
転じて、ここロイベントと目当てのキャラがかぶること。


神(かみ)
広義には超自然的な創造物を指す。
信仰・宗教・思い・願いの対象である、有象無象なるもの。
神こロしでは専らプリケツと呼ばれる。


神化(かみか)
何か特別な仕様とかスキルとかそういうのではなく、ロウソクの使いすぎで
HPが山のように増大し、神に近づいたもののことを俗にこう呼ぶ。


神こロ警察(かみころけいさつ)
あるいは“神こロおまわりさん”とも。
ロリ・ショタへの過激な発言・行動などを嗅ぎ付けるとやってくるとされる。
お世話になったものが、その後どうなるのかは誰も知らない。
一部台詞やここロから察するに、神こロ警察と思わしき役職であったり
実際に通報したり実際にお縄にかかったキャラクターもいる模様。
合言葉は「でめ」。


神こロ動物園(かみころどうぶつえん)
徐々に増えつつあるケモノキャラ。
その中でも「完全に動物の姿」をしたキャラが集まると「神こロ動物園」と呼ばれることが、あるとかないとか。

また、一部では「水族館」「植物園」なるものも存在するらしい…?


神こロリア充(かみころりあじゅう)
神こロしにおいて、バディを組んでいるキャラを指す単語。
主に男女の組み合わせのキャラを呼ぶ。
抱えてみたり、共に踊ってみたり、背中合わせだったり、顔を寄せ合ってみたり…
微笑ましく思うか、心苦しく思うか…感じ方はあなた次第。


仮面(かめん)
顔に装着する装身具。マスクとも。
古代から様々な儀式に用いられ、他の存在への変身を意味していた。
現代の創作においては、素顔や本心を隠すために使われることが多い。
より実用的な医療用マスク、ペストマスクやガスマスクなども昨今では人気がある。


画面が狭い(がめんがせまい)
画面が狭く感じる視覚的な錯覚の一種。
オニキスジャッキー(2段階目)、チェッキ&バーンメテル(姉)夕映ラリマー
などのキャラ同士が戦うと、きっとあなたもそう感じるだろう。


カラフル(からふる)
虹の魔女レイヘルが振りまく力あるマジックワード。
クリーニング代がかさむ効果がある。
「カラフルカラフル〜」


完ガ(かんが)
完全ガードの略。
チューリップとツボミのスキルを同時に使用した状態。
または、チューリップとツボミのスキルを持ったキャラクター。
この状態が成立すると、スキルの効果時間の間一切のダメージを受け付けない。


カンスト(かんすと)
カウンターストップの略。
このゲームでは普通、レベルが最大の100まで上がった状態を指す。


眼帯(がんたい)
眼帯とは片目を保護するため、あるいは隠すためにあてる布のことである。
創作作品では古くから、戦士や海賊など歴戦の猛者としての過去の傷の表現として用いられ、多くは隻眼であることを仄めかしていた。
また、か弱く病的なキャラの特徴として医療用アイパッチが流行り始めたのは、某新世紀アニメのヒロインあたりからであろうか。
他にも瞳に秘められた強大な力の封印や、ファッションだったり、昨今では中二的アイテムとして扱われることもある。


犬歯の先っちょ舐めるだけだから!(けんしのさきっちょなめるだけだから)
ハティの通常攻撃セリフ。インパクト大。
抗いのもの達の反応も併せて楽しみたい。


ご遠慮バリア(ごえんりょばりあ)
愛染ユリカ(あいぜんゆりか)のミラクルウィッチ版裏必殺技。主に苦手な相手に繰り出すらしい。


ここロフィーバー(こころふぃーばー)
開けても開けても「ここロ」が出てくる現象・状態。4回くらい続くとフィーバー感がある。
筆者が勝手にそう呼んでいるだけで、各々好きな呼び方をしていただきたい。
成長値が溢れないように気をつけよう。


コスプレ(こすぷれ)
コスチュームプレイの略。和製英語だったが、いまや世界的に通じる単語。
またコスプレをした人を「コスプレイヤー」「レイヤー」などと呼ぶ。
戸ヶ崎 真紘や、名無しさんと遭遇すると、どんな格好のキャラでもコスプレ扱いになる万能ワード。


孤独よりも退屈な痛み(こどくよりもたいくつないたみ)
成長値を得たときの言葉。だいたい40〜60%くらい。


さ行 Edit

ショタ(しょた)
ショタとは、未成熟な少年のことであるが、多くは少年愛的な意味合いが含まれる。
何歳までをショタとするかについては議論が尽きない。ショタとは概念である。
『神こロし』においても合法・非合法を問わずショタキャラがいる。
ただし、幼いキャラのエロは公式で禁止されているので、紳士淑女のみなさまにおかれましてはご注意願いたい。「でめ、そこで死ね」


その胸にくちづけを(そのむねにくちづけを)
成長値を得たときの言葉。だいたい2〜28%くらい。
どのあたりにくちづけているのか、大変気になるところである。


た行 Edit

タイツ(たいつ)
タイツとは、ぴったりとした脚部に履く衣類である。
薄手のものから厚手のものまで色々あり、鮮やかなカラータイツはファッション性が高い。
防寒具としての用途の他に、脚を細く見せ、セクシーに感じる人も多い。
ここでは暫定的に網タイツやパンティーストッキングも扱う。


ダークマター(だーくまたー)
暗黒物質、名状しがたい冒涜的な物とも呼ばれる、とても口にするのは憚られる何か。
ある特別な才のある者にだけ創造することが出来るという。
一般家庭にある材料から致死量の毒素を生み出し、善意でもってそれをふりまく。
創造主だけはそれを「料理」と呼ぶ。メシマズ

  • 創造主一覧
    • 愛染ユリカ(ミラクルウィッチ☆ユリカはこれでもって神こロしを成し遂げた)
    • 伽夜(見た目はともかく、味は良いらしい)
    • たては
    • 鞠原 りん(見た目も味もおかしい もはや芸術品。コンクリ色をした立方体
    • 4ONE (作った料理は材料に関わらず宝石になる 旦那の歯を破壊するフードジュエリー)

煙草(たばこ)
煙草とは植物の名前であり、その葉を燃やし煙を吸引することを喫煙と呼ぶ。
日本においては20歳未満の者の喫煙は法で禁じられ、供与した者は罰せられる。
近年では健康との関連性が指摘され、喫煙者は肩身が狭い。
フィクションの世界でもおおっぴらに吸うことは憚れつつある。
せめてマナーを守っている喫煙者に対しては優しくありたい。


食べ物(たべもの)
『神こロし』においては、食べ物が抗う姿もよく目にする。


炭水化物(たんすいかぶつ)
炭水化物、あるいは糖質は、単糖を主成分とする有機化合物である。
ご飯、パン、イモ類など主食とされる食物に多く含まれ、たんぱく質・脂肪と共に三大栄養素と呼ばれている。
神こロし世界における代表的な炭水化物は以下の通りである。


タンマ(たんま)
ちょっとまったの意。
諸説あるが「time out」が語源と言われている。
神こロしでもこの言葉を口にするキャラクターがいる。
アトリエドクター=ポポラ


痴女(ちじょ)
痴女とは、猥褻行為を好む女性の俗称。あるいは都市伝説。
神こロし世界では、なぜかよく遭遇する。
目のやり場に困る格好や、卑猥な言動を繰り返すなどが特徴。また武器にムチを持っていることが多い。
女性上位っていいよね。


角(つの)
動物などの頭に生える硬い部位。
人間には無いので人の頭に生えている場合、悪魔、鬼、獣人、異形のシンボルとして扱われることが多い。


天使(てんし)
神の使い。御使いとも。
異教の神や精霊などで善なるものを、貶めてこう呼ぶこともある。
または比喩表現としても使われる。
『神こロし』における天使属性持ちのキャラは、以下のページを参照。
キャラクター図鑑(属性別)


天使か?天使だったわ(てんしか?てんしだったわ)
天使属性をもつ可愛い子たちを愛でる時に使う言葉。使い方例「◯◯くんほんと可愛い〜!天使か?あ 天使だったわ」


ドクポポ(どくぽぽ)
ドクター=ポポラの略称。
略すとなんだかかわいらしい。


どっこいしょ〜!(どっこいしょ〜!)
悪魔の掛け声。駆け出し神こロしのトラウマ。
アトリエが安産型のお尻で繰り出すヒップアタックらしい。
派生台詞に「ほげらっぱ!」「どすこ〜い!」「どっこらしょ〜!」がある。


トワにおりる言葉(とわにおりることば)
ここロイベントを見たときの言葉。成長値を80%得る。


な行 Edit

人間強い(にんげんつよい)
ゲームというジャンルにおける人間というと、可もなく不可もなく特徴のない種族として扱われることが多い。
しかし、『神こロし』においては生粋の脳筋アタッカーとして知られる。
「人間」の性質は、カーネーション(攻撃力アップ)とカニ(追加攻撃)を持っているため瞬間ダメージが凄まじく、
特に、体力が高いロウソク持ちの相手を捻じ伏せるのに1人は育てておきたい。
その反面、防御スキルはチューリップしかなく、ツボミ・バラ持ちには為す術がない場面も。
まさに”やられる前にやれ”である。「ぅゎにんげんっょぃ」


忍者(にんじゃ)
かつて日本で、領主などに仕え、影の仕事をしていたと言われる集団ないし個人の名称。
また、女性の忍者を俗にくのいちと言う。
現代日本でも暗躍しているともっぱら噂。
『神こロし』においても、戦闘集団としての能力を如何なく発揮し、強敵として出現することが多い。
忍者の一覧は以下のページ参照。
キャラクター図鑑(属性別)


ノーパン(のーぱん)
パンツを履いていない状態。ノーパンツの略。「はいてない」とも。
神こロしの世界では、全ての概念が失われているため、パンツの概念もない。
その中であってなお、パンツを履いているものは、特にパンツに対して思い入れが強いと思われる。
よって、特にパンツの描写がなければ、履いてないという解釈も可能。
あるいはパンツの概念を持ってなお、自らの解放を求め、敢えて履いていないものもいるかもしれない…。


は行 Edit

背景(はいけい)
神こロしの舞台は、無垢フローリングにちょっとしたシャンデリアのみの簡素な空間である。
真っ黒な背景に、これから巡り合うであろうキャラクターたちのシルエットがランダムに見え隠れしている。
まれに奇跡の共演や、未だ見ぬ驚きのキャラクターなどが垣間見れ、想像をかきたててくれる。


花嫁ゴリラ(はなよめごりら)
レベルがカンストしたキリのこと。すごい速さで相手をボコ殴りにする。
性質が人間のキャラだと所持スキルが物理寄りになるようだ。つまり人間キャラがカンストすると総じてゴリラになる。
HPが高いキャラと長期戦をしたくない時は人間キャラを育てることをお勧めする。


パパ(ぱぱ)、パッパ(ぱっぱ)
紙魚川ダイの愛称の1つで、
親しみをこめてそう呼ばれる。
お父さんであるキャラはが、
主に紙魚川ダイを指すことが多い。
安瀬史親の愛称である、ママ及びマッマとは今のところ関連性はない。
むしろ安瀬史親の紙魚川ダイに対する反応は
一見の価値があるほど厳しい言動になっている。


ババズ(ばばず)
ピチピチの女の子アイドルユニットの事。
素性は謎に包まれている。


パンツ(ぱんつ)
当wikiでは、なぜか一部のキャラのパンツ情報が充実している。
ぜひイラストなど描かれる際には参考にしてみてはいかがだろうか…?
▽ver0.8のアップデートで「概念」として実装された。
そして爆発していた。


パンティー(ぱんてぃー)
▽パンツと同義語である。パンツと言うのはちょっと恥ずかしいあなたに。
ちなみに紙魚川ダイ(しみがわだい)の大好物でもある。


ファー(ふぁー)
戦ったキャラと結ばれたときのSE(さうんどえふぇくと)。
結ばれる、結ばれた の代わりにそれらを指す言葉として使われる事も。

ちなみにゴルフでよく聞くとされる「ファー」は、
正確には「前方」という意味の「fore(フォアー)」らしい。


双子(ふたご)
同じ母親の胎内で同時期に発育して生まれた2人の子供のことを指す。
多胎児の中でも比較的多い方。神こロしの世界でもいる。


ブラコン(ぶらこん)
ブラザーコンプレックスの略称。
酷く兄弟に依存する状態の事を指す。類語はシスコン。
その属性にフェチズムを感じる人も少なくない。
神こロしの世界も例外ではなく、ブラコン・シスコン属性を持つキャラが


プリメガ様(ぷりめがさま)
Prince of MEGANEの略。
テニスをする方の王子ではない。
 もしかして→ メガネの王子様
神こロし四期からはTwilight Princeことトワプリ様なるキャラクターも参戦した。


プレゼント(ぷれぜんと)
キャンペーンなどで条件を満たしたアカウントに配布されるキャラクター・姿のこと。
(異)の姿の場合、元となるキャラを入手していれば自動的に追加される。

  • プレゼントキャラクター一覧
    • ミラクルウィッチ☆ユリカ
      対象:すべてのアカウント(3期リリース記念)
      愛染ユリカの(異)の姿。
    • U.F.O.
      対象:すべてのアカウント(4期リリース記念)
      法手院飛久志の(異)の姿。

変態(へんたい)
変態とは、生物が成長過程で形態を変えること。または異常な性癖を持つ者のことを指す。
神こロしにおいては、特に後者の方が多い。
また、某ショタはこれと間違え神をこロしたらしい。全身タイツのプリケツだったので不可抗力かもしれない。
余談だが、性行為を表す隠語の「エッチ」は変態の頭文字である。
また、海外で [ HENTAI ] という場合は日本と多少意味が異なり、ノーマルプレイを含めたアニメ調ポルノ全体を指す。


ボイン(ぼいん)
大きいおっぱい。またはおっぱいが大きい様。
もしかして → 二条 巴


ポエマー(ぽえまー)
ポエム、詩を詠む人の事。
神こロしにおいて、意味深長なセリフや電波的、芝居めいたセリフを発するキャラクター。


ま行 Edit

ママ(まま)、マッマ(まっま)
安瀬史親(あぜふみちか)の愛称。本人もそう呼んで欲しい模様。


魔法(まほう)
魔法とは、人知の及ばない不思議な力のことである。
魔法少女が願いを叶えるために使う万能なものから、魔法使いが悪魔・精霊と呪文で契約し力を行使する法則性のあるものまで、
その意味合いは幅広い。また『神こロし』においては、どちらのタイプの術者もが混在していると思われる。
また、「マジック」「魔術」といった場合、手品を含めた意味合いを持つ。


見えない(みえない)
フユのアイコンが対戦相手として右端にきた状態。(左から5番目)
慣れれば一発で見分けられるので心配ない。


ミコッサァ(みこっさぁ)
華瀬野 ミコト(かせのみこと)のフレンドリーみ感じる愛称。


無理の極み(むりのきわみ)
愛染ユリカ(あいぜんゆりか)の裏必殺技。主に苦手な相手に繰り出すらしい。


メカクレ(めかくれ)
目が前髪、眼帯、アイマスクなどで隠れているキャラクターのこと。あるいは属性。
片目、両目は特に問わない。視線の読めないミステリアスな雰囲気をかもし出す。
(ここでは特に、目の全体が隠れているあるいは不透明になっているキャラを挙げる)
(サングラスは【眼鏡】、仮面は【仮面】の項目へ)


眼鏡(めがね)
眼鏡とは視力の補正、眼球の保護や装飾のために目にあてて使う器具である。
近年では、眼鏡を萌え属性と認識する人は多いが、同時に魅力に感じない方も一定数いる。
ときたま「眼鏡を外したら美人」という声があがるのも後者の意見か、
あるいは眼鏡が似合っていなかったかのどちらかである。
外出時はコンタクトだが、家では眼鏡の"隠れ眼鏡キャラ"もギャップ属性としてたいへんおいしい。
また、「眼鏡をかけると知的に見える」「眼鏡キャラは眼鏡が本体」など
数々の眼鏡にまつわる都市伝説があるがその真偽は定かではない。


メンタルケア(めんたるけあ)
心と精神の健康を保持・促進させる事。
神こロしでは主に結ばれたばかりのキャラクターのここロイベントを巡回していく事を指す。
もしくは、レベル上げを目的としてひたすらここロイベントを回収していく事。


もっこり(もっこり)
山なりを描いてふくらんでいることである。
または、誇らしい男の証の事。
もしかして → キキララ
そうでなければ → 愛の戦士


や行 Edit

ヤンデレ(やんでれ)
ヤンデレとは、精神的に病んだ状態にありつつ対象に愛情を表現する属性の俗称。
あるいは、好意のあまり次第に精神的に病んだ状態になることを指す。
概念のない『神こロし』の世界でもヤンデレ属性を持った者たちと遭遇する。
愛の概念を失っても尚、思い煩い狂えるのはよほど対象を愛しているからだろう。
元はほぼ女性を指すことが多い言葉だが、神こロしの世界では何故かヤンデレ男性が多い


ょぅι"ょ(ようじょ)
幼女とは、少女よりもさらに幼い女の子のことである。ロリとも。
『神こロし』においても合法・非合法を問わず幼女キャラがいる。
ただし、幼いキャラのエロは公式で禁止されているので、紳士淑女のみなさまにおかれましてはご注意願いたい。「でめ、そこで死ね」


ら行 Edit

レヴィアたん(れう゛ぃあたん)
レヴィアの愛称。元ネタとなる海の怪獣の名前からそう呼ばれる。
よほどの仲でない限り、
ほう…命が要らんようだな…と撃ちぬかれかねない。
彼女に撃ち抜かれる覚悟の上で呼ぼう!


ロウソク持ち(ろうそくもち)
ロウソクスキルを持ったキャラクターを指す言葉。
「ロウソク持ちは強い」
キャラによってはもりもり体力が回復していくため、絶望感がありインパクトが強い。


性質「悪」「孤独」がロウソク持ちになるらしい。
ロウソクをどう使って回復しているのか、垂らすのか、垂らされるのか、興味は尽きない。


わ行 Edit

ワンパン(わんぱん)
はじめてゲームを開始したばかりの頃によく遭遇する現象。
体力が20しかないキャラで、強さが20以上あるキャラと遭遇するとこうなる。
あるいは自キャラの強さが20以上ある状態で超炎毘武璃男に遭遇するとワンパン可能。
なお、美味しそうな犬はロールパンワンであり、ワンパンではない。


英数字 Edit

UMA(うーま)
未確認生物の呼称。
もしかしなくても → 名無しさん


1期(いっき)
『神こロし』のキャラクター募集第1期のこと。イラスト募集期間は2015年5月〜7月頃。
このときはまだゲーム内容も未確定部分が多かったため、入力までは間が開いた。

  • 参加者 [47] 人
  • 新キャラ [62] 名 [149] 姿
    16/03/01 リリース

2期(にき)
『神こロし』のキャラクター募集第2期のこと。募集期間は2015年1月〜2月頃。
キャラ数は増えたにも関わらず実を超えた姿は減った。みんな設定入力のつらさに気付いたのかもしれない。

  • 参加者 [52] 人
  • 新キャラ [76] 名 [131] 姿
    16/03/01 リリース

3期(さんき)
『神こロし』のキャラクター募集第3期のこと。募集期間は2016年3月頃。
ゲームリリース後、初の募集。
募集期間は短かったにも関わらず、参加者数・キャラクター数は過去最高を記録した。
また、3期はロストが無かったことも嬉しい。

  • 参加者 [76] 人
  • 新キャラ [97] 名 [172] 姿
  • 前期キャラへの姿の追加 [18] 姿
    16/04/08 リリース

4期(よんき)
『神こロし』のキャラクター募集第4期のこと。募集期間は2015年4月〜5月頃。

  • 参加者 [120] 人
  • 新キャラ [149] 名 [240] 姿
  • 前期キャラへの姿の追加 [30] 姿
    16/06/11 リリース