Top > ダンジョン > ヴェリカ地下関門
HTML convert time to 0.595 sec.


ヴェリカ地下関門

Last-modified: 2017-04-26 (水) 17:51:58

目次

はじめに Edit

17/04/26のアップデート時点での情報になっている予定です。
「上記以降のアップデート」によって仕様が変更された場合は、情報が古くなる事があります。
また、一人だけでは編集が困難なので、誤情報の指摘や情報提供などをコメント欄までお願いします。


入場場所 Edit

ヴェリカ直轄領、ヴェリカ、女神石像前にある「次元の魔法石」から入場

65097.png

ダンジョン概要 Edit

ダンジョン基本情報9780.jpg
入場可能Lv65Lv以上
回数制限1日2回
パーティー構成最大7人構成
推奨アイテムレベル417
プレミアムサービス適用時、挑戦可能回数が2倍になります。
一般的なIDでの、各職の基本的な動き方

攻撃範囲表示
7af79a3441ec3.png
不慣れな頃は攻撃範囲を表示するようにしておき、モーションやタイミングを覚えることに専念しよう。
「破られたヴェリカ地下関門」への挑戦を見据えている場合は、攻撃範囲表示なしでモーション自体を覚えると良い。
上級では一部攻撃の攻撃範囲が表示されないので、下級に慣れたら攻撃範囲表示なしでの練習を推奨。

持ち物 Edit

必須
強化系
上級戦闘秘薬 or 万能戦闘秘薬
回復・生存系
復活の聖典 or 完全復活の書
推奨
強化系
魔法刻印I
勇猛のポーション
回復・生存系
光輝の書:(完全な)クリスタル保護
女神の祝福
HP回復POT
MP回復POT
 

「ダンジョンでよく使われるアイテム(解説付き)」も見ておきましょう。

MAP Edit

攻略情報 Edit

攻略情報のソース元を見る
Youtube検索結果一覧

1部屋目 Edit

アークデヴァが複数居るので討伐してから先へ進もう

カバドル Edit

画像分類
[添付]中型 グルドラ型
HP
14億5000万
(1,450,000,000)
憤怒
100%から10%減で憤怒開始。
35秒間は憤怒持続。
憤怒終了から10%減で再憤怒。
概要
○○○○○

攻略 Edit

赤系背景はギミック系の攻撃、黄系背景は要注意の通常攻撃です。

分身召喚
説明カバドルが仲間を呼び出します。」というテロップと同時にNMが咆哮するような動作をする。
その後、目が赤く光り、大きくジャンプしてジャンププレスを行った後、地面に潜る。
その後、色んな場所から分身が出現し、ローリング攻撃を仕掛けてくる攻撃。
備考5万固定ダメージ。
「攻撃動画」
ローリング
説明丸まった後、前方に向かって前転し続ける攻撃。
多段ヒット攻撃なので、前段被弾して即死したりしないように気をつけよう。
備考「攻撃動画」
猫騙し
説明両手を突き出して掌を合わせて叩く攻撃。
ガード不可の攻撃な上、スタン効果もついているので回避で避けよう。
備考赤目攻撃。ガード不可。スタン付き。
「攻撃動画」
2連跳躍
説明後方に跳躍した後、メインタゲに向かって飛びつく攻撃。
後方跳躍と飛びつき攻撃には、それぞれ着地時にダメージ有り。
飛びつき攻撃にスタン効果が付いている上、ガード不可なので回避で避けよう。
備考ガード不可。スタン付き(飛びつき)。
「攻撃動画」
後方毒霧
説明後方に向かって毒霧を放つ攻撃。
多段ヒットの攻撃だが、初回の一撃のみ高威力になっているので注意。
備考固定ダメージ5万(初回)。固定ダメージ1.5万(多段)
「攻撃動画」
前方毒霧
説明ターゲットの方を振り返りながら引っ掻いた後、
前方に向かって広範囲に扇型の毒霧を放つ攻撃。
振り向きは基本的に側面までしか届かず、真後ろには届かない。
備考「攻撃動画」
乱打
説明前方の地面を何度も叩きつける攻撃。
備考「攻撃動画」
二連撃
説明右手→左手の順で正面を1回ずつ引っ掻く攻撃。
備考「攻撃動画」

3部屋目 Edit

合計10匹ほどのアークデヴァが居るので、討伐した後に先へ進もう。

プロキオン Edit

画像分類
[添付]中型 石巨人型
HP
13億
(1,300,000,000)
憤怒
100%からn%減で憤怒開始。
35秒間は憤怒持続。
憤怒終了からn%減で再憤怒。
概要
○○○○○

攻略 Edit

赤系背景はギミック系の攻撃、黄系背景は要注意の通常攻撃です。

大ジャンプ(岩生成)
説明咆哮するような動作の後、右手を地面に付けてから大ジャンプする攻撃。
着地した後は、その場所に岩が生成され、この岩は「床ドン(全範囲)」攻撃を防ぐ時に活用できる。

床ドン(通常)攻撃の範囲内に岩があると爆発してしまうので、岩生成後はある程度位置を移動しておこう。
ただし、岩の数が4個以上になると3個まとめて爆発してしまうので、岩の残数をよく確認しておく必要がある。
基本的には岩を1つだけ残し、安置へ避難しやすいように岩と一定の距離を保つのが定石だと思われる。
デバフ[添付]備考着地時に吹き飛ばし効果付き。
「攻撃動画(岩生成)」「攻撃動画(岩爆発)」
床ドン(全範囲)
説明消え失せろ…」というテロップの後、地面を殴りつける攻撃。
安置は岩の後ろだけなので、岩に隠れるように退避しよう。
デバフ[添付]備考青色ゾーンが安置
「攻撃動画」
床ドン(通常)
説明右手に岩を集めた後、正面の地面を殴りつける攻撃。
この攻撃の範囲内に岩があると岩が爆発してしまう。
岩が床ドンの範囲内に入らないようにNMを誘導しておこう。
デバフ[添付]備考「攻撃動画」
波動砲
説明ランタゲ対象の咆哮を向き、右手から波動砲を放出する攻撃。
波動砲の後は攻撃範囲にDoT沼が残るので、岩の安置に被らない位置へ移動して避けよう。
デバフ[添付]備考「攻撃動画」
石球投擲
説明NMの右腕から岩を分離させ、石球を作り出した後に地面へ投げつける攻撃。
意外と攻撃範囲が広く、NMに密着していると後方にも当たり判定があるので火力陣も注意。
デバフ[添付]備考ガード不可
「攻撃動画」
側面攻撃(右or左)
説明右後方もしくは左後方をチラ見した後、その方向に向かって石を投げる攻撃。
デバフ[添付]備考側面〜後方の約90度あたりに被弾判定有り
動画のように2連続で使うパターンもあれば1回だけのパターンもある
「攻撃動画」
2連踏みつけ
説明右足→左足の順で地面を踏みつける攻撃。
デバフ[添付]備考「攻撃動画」
2連振り払い
説明右手→左手の順で正面の敵を振り払おうとする攻撃。
デバフ[添付]備考「攻撃動画」

ヴェルデグ Edit

画像分類
[添付]中型 ヴェルデグ型
HP
17億1000万
(1,710,000,000)
憤怒
100%からn%減で憤怒開始。
35秒間は憤怒持続。
憤怒終了からn%減で再憤怒。
概要
新型NM

攻略 Edit

赤系背景はギミック系の攻撃、黄系背景は要注意の通常攻撃です。

全体攻撃
説明グォォォォ!!」というテロップと同時にNMが咆哮し、その後に両手を地面に叩きつける攻撃
打ち上げ効果付きで、被弾すると宙高く舞い上がるのでなるべく回避推奨。
デバフ[添付]備考90%
「攻撃動画」
名称未定
説明避けてみろ…!」というテロップの後、「前方→後方」の順で右手を叩きつける攻撃。
攻撃範囲が扇型に広がっているかなり広範囲な攻撃で、NMの側面だけが安置となる。
デバフ[添付]備考85%。ランタゲ。
「攻撃動画」
突進
説明壊す…」というテロップと同時に中央へ移動。
その後、右手を3回付きだし、クリスタルへ向かって突進する攻撃。
この攻撃でクリスタルが破壊され、全体ダメージが発生するので早めに回復を行おう。
デバフ[添付]備考80%,60%
「攻撃動画」
波動砲
説明ここに解説
デバフ[添付]備考ランタゲ
「攻撃動画」
回転攻撃
説明右手を地面に突き刺し、右手を軸に回転を始める攻撃。
サークル型→ドーナツ型の順に攻撃が発動するので、回避を利用してうまく安置へ移動しよう。
デバフ[添付]備考「攻撃動画」
前転攻撃
説明前転する攻撃。
後方にも当たり判定があるので、火力陣も要注意。
デバフ[添付]備考「攻撃動画」
反転攻撃
説明右後方もしくは左後方を向いた後、反転しながら拳を振り抜く攻撃。
後方に居るプレイヤーにも被弾判定があり、吹き飛ばし効果付きなので回避しよう。
デバフ[添付]備考「攻撃動画」
3連撃
説明左手の斧で地面を叩きつけた後、両手を合わせて再度地面を2回叩きつける攻撃
デバフ[添付]備考「攻撃動画」
通常攻撃
説明右手で地面を叩きつける攻撃。
叩きつけた後、両手を合わせて再度地面を叩きつけるパターンもある。
他にも、叩きつけた後にしばらく待機し、目が赤く光った後に前方に左フックを放つパターンもある。
デバフ[添付]備考赤目攻撃(左フック)、スタン付き(左フック)
「攻撃動画」「攻撃動画(両手)」「攻撃動画(左フック)」
攻撃名
説明ここに解説
デバフ[添付]備考備考

ID固有ドロップ Edit

  • ヴェルデグの武器ボックス、ヴェルデグのベルト、ヴェルデグの脚防具
  • 貴重等級御神体(女神の御神体、禊の御神体)、バルバトスのサークレット、クリスタルボックス
  • 強化石:ランク11、ヴェルデグの宝箱、女神の結晶片、ラカンの支配石
  • 新凱帝装備製作素材、名品強化剤、深海の破片
  • 完全な太古の封印の書:ランク11/10、保存の粉:ランク10、太古の解印の書
  • 魔法刻印書III製作書、伝説等級女神の御神体製作書、
  • ヴェルデグ武器製作書、妖羅凱帝武器/脚防具製作書

コメント Edit

簡単に情報交換ができるようにダンジョンページではzawazawaという掲示板を採用しています。
通常のコメントとは違い、動画の埋め込みや画像貼り付け・画像のアップロードが可能です。
+マークを押すと旧コメントの返信と同じようなことができます。