Top > ダンジョン > 黒紋塔
HTML convert time to 0.038 sec.


ダンジョン/黒紋塔

Last-modified: 2017-07-11 (火) 02:58:06

はじめに Edit

2014/10/22の大規模アプデ「超越 Phase1.0」により上級IDは廃止となりました。

 

2016年10月12日のアップデートでソロ用IDは廃止されました。
2014年1月15日のアップデートでソロ用IDが実装されました。
-ソロIDでは入場可能人数の上限が3人迄になっています。
-クールタイムはソロ用とパーティー用で別々に分かれています。
-ミッションクエストや狩場クエストの進行及び達成はソロ用ダンジョンでは不可能です。
-ソロIDでは赤ルート/青ルートが自動的に割り当てられ、1つのルートだけを攻略することになります。
パーティー用IDでは全ルートを攻略することになります(ショートカット等は可能)

ダンジョン概要 Edit

「ロスアカディア領・アカディア峡谷」から入場

 
ダンジョン基本情報kokumon-info.jpg
パーティーソロ
入場可能Lv58Lv以上
適正Lv58〜62Lv
クールタイム10分
パーティー構成最大5人構成1~3人構成
マッチングアイテムレベル124以上マッチ不可
ソロ用IDでは、関連クエストの進行・達成は不可能です。
クエストを進行したい場合は、PT用ダンジョンへ参加する必要があります。
一般的なIDでの、各職の基本的な動き方

瞬間移動魔法石
ミートグラインダー討伐後、部屋の出入口付近に5階へワープできる魔法石が出現する。
レコードや狩場クエ目的でない限り、魔法石を使ってショートカットすることが多い。
複数のギミック
高火力mob、ランダムタゲ、mob召喚装置、ダメージ沼など様々な要素を含んでいるので難易度は高い。
・・・とはいえ、道中は対処方法をしっかり押さえれば楽に攻略できる。つまり、知識がカギとなる。
最短攻略
このIDは雑魚をスルーできる箇所が非常に多いので、リスクと時間の軽減のために
走るルートを頭に叩きこんでおくこと。
Mob処理
ミスってMOBをつってしまった場合、リンクを切ることはほぼ不可能(飛び降りる箇所等、階を変えれば可能)
なので、毒沼がない限りできるだけその場で処理をすること。
走りまわると奥のMOBが更にリンクして詰む。
4Fで逃げた先にトゥルサの眼光がいた、というパターンは絶対に避けること。
ボス戦
トゥルサ戦ではボスそのものよりも雑魚や沼にどう対処するかが重要。

MAP Edit

1階2階
黒紋塔1F.jpg黒紋塔2F.jpg
3階4階
黒紋塔3F.jpg黒紋塔4F.jpg
5階
黒紋塔5F.jpg

道中 Edit

  • 1F
    • 下級では部屋のMOBは斜めに走ってスルーすることができる。
      ボスは中型タラントゥス型のミートグラインダー。
  • 上級では基本的に2体ずつモブを処理していけば特に問題なし。
    ミートグラインダー討伐後に5階への移動魔法石が出るので使う。
  • kokumon1F.jpg
  • 2F
    • 1Fと同様。
      部屋のMOBはいきたい方向だけ倒せば先へ進むことができる。
      ボスは一般型近接系2体。
    • kokumon2F.jpg
  • 3F
    • 小型MOBをまとめて範囲攻撃で倒すことが多い。
      ボス後の部屋のMOBは無視して奥の段差を降りるとタゲ切りができる。
      ボスは一般型近接系1体。
    • kokumon3F.jpg
  • 4F
    • 4F以降では、各所に配置されているトゥルサの眼光(目のような装置)に注意。
      配置場所は毎回固定なので、事前に覚えておくといいだろう。
      反応すると一定時間ごとに雑魚モブを召喚し、召喚3段階目(ソーサラ−6体)はとても強力なため召喚されると全滅するだろう。このため発見次第最優先で破壊すること。レーザーを出してくるがレーザー自体のダメージはかなり少ない。
      大抵、先頭の人が発見されるくらいの位置に移動すると召喚動作を始めるため、パーティーメンバーは極端に離れないこと。
      雑魚部屋の出口に設置されていたりするので、雑魚を盾がもっておいて先に破壊してしまうと良いだろう。
      ボスは一般型魔法系1体。
    • 20111023-02tera.jpg
  • 5F
    • MAP各所に通路を塞ぐように沼が設置されている。
      モブが出しているが反射ダメージを除きダメージを与えられない。
      この沼に触れるとダメージ(数k)を受ける為、テレポート・(後方を向いての)後方跳躍などの移動スキル等で走り抜ける必要がある。
      転倒するとそのままダメージを受け続け死亡するのでジャンプは厳禁。
      沼を渡った向こう側に敵がいる所もあるので、先に敵を釣って倒してから渡ると良い。
      沼の上で死亡した場合は、端なら通常通り蘇生し、無理そうなら希望の村から走るか、
      反射ダメージでMOBを倒すことが必要。面倒なので安全に通るように心がけよう。
      あまりにダメージが大きい場合は、ランサーのガードプロミスでダメージを軽減することができる。またわざと沼に入ってガードしていると仲間へのダメージを軽減できる。(ダメージ分散効果+スタンドファストの効果)
      沼の中で誰かが事故死した場合は、蘇生にあわせて布職以外が沼に入っておくと生還率が上がるだろう。布職も入ってもいいが、ダメージが大きく死にやすいので注意。
  • 上級ではこの沼に猛毒デバフ(10分間、1分毎にHPの50%ダメージを受ける)が追加されており、
    浄化のトーテムで解毒しつつ進むか、沼が展開される前に通り抜けてしまおう。
    あるいは、毒に侵されながら進む場合はヒーラーがその都度、回復して進むことになる。
    ボスは中型ブルカヌス系ブルトンスカー、中型ゴーレム系ブラッドストーン、中型カニ系トゥルサ。
  • [添付]

中ボス Edit

1F-ミートグラインダー Edit

画像分類
ミートグラインダー_0.jpg中型、上臈蜘蛛型
位置
boss1.jpg
攻略
下級
タラントゥスタイプの今まで何度も戦ってきた中型。
ATKが高く、雑魚を一度に大量に召喚する為舐めてかかると1Fから痛い目を見ることに。
HP60%でテロップが流れ、死体破砕装置が設置されて高ATKの一般モブが召喚される。
これを放置すると一般モブに防御力アップのバフがかかり手に負えなくなるので、最優先で装置を破壊しよう。
装置を破壊しても召喚モブは消滅しない。
本体を削る速度にもよるが以降何度か装置を召喚する。
HP40%付近で小型モブを大量に召喚する。
小型とはいえ攻撃力が高いので範囲攻撃で一気に殲滅したい。
ただMOB召喚と同時に地面に潜る→浮かび上がるという近接範囲攻撃を連続してくるので
雑魚モブ処理をしたくても近接火力職はなかなか近づけない。
遠距離職に任せるか、連続近接範囲攻撃をスタンで止める必要がある。
タゲが盾に行くことが多いので、特に上級ではMP切れに注意すること。
またこの辺りからボスは頻繁にランタゲとなる。ATKが高いのでローブ職は警戒しておこう。
下級ではスタン等が入りやすいのでランタゲを切るのも手。
上級
トゥルサに並ぶ凶悪ボスに様変わりする。

60%から「死体破砕装置」が2時と8時の方向(それぞれ骸骨の山付近)に
1分30秒ごとにPOPし続けるので、放置するとまず詰む。なので初めにこれを処理する。


30%からは小型のゾンビが沸き、1度POPし始めたら、
3分ごとに再POPする。続いてこれを処理する。


この2つのPOPが同時に行われるとほぼ詰む。
逆に言えば、この2つを素早く処理できればたいしたことはない。
30%以降は頻繁にランタゲになる。雑魚の処理に夢中にならずしっかりBOSSも見よう。
死んでリバフで復活したらまた死ぬなんて事もあるかも。
「死体破砕装置」をいかに倒すかがカギ。召喚された直後にスタン、転倒、スリープ等をかけ、
防御力UPのバフ(倒すまで消えないバリア)をいかにかけさせないかでPTの命運が分かれる。
ボスを削る事より雑魚を倒すことを念頭に置いて戦おう。

面倒ではあるが、戦い方の一つの方法として、
61%で火力は2時、ヒーラーは8時の召喚場所に移動して、ランサーが60%を削るようにする。
火力が2時の「死体破砕装置」をスタン等で倒すと同時に、
ヒーラーは8時の「死体破砕装置」にスリープをかけよう。
続いて8時を火力で倒すという流れ。


そのあとは、時計を見て90秒ごとに先回りすると安定する。
先に2時を倒した場合は、その後は2時→8時というように、それぞれ倒してから90秒で沸いていく。
30%切るのは装置を破壊後となるように調整すると、比較的討伐しやすい。
ミートグラインダー討伐後には5階への移動魔法石が出るので利用しよう。

2F-ジェフィトとクニス Edit

画像分類
ジェフィトクニス.jpg一般、ウォリアー・バーサーカー型
位置
boss2.jpg
攻略
どちらも攻撃力が高く、相当痛い。しかし召喚等も無く強めの一般モブといったところ。
注意すべき点はヒーラー(後衛?)ヘイトが異常に高いのか、ヒーラー等へすぐ走っていく。
下級でもかなりのダメージを貰い、上級では即死する可能性もあるのでヒーラーは注意しておくこと。

3F-ドラック・ヘルカン Edit

画像分類
ドラックヘルカン.jpg一般、ジェネラルスケルトン型
位置
boss3.jpg
攻略
元々攻撃力は高いのだが、ATK10%増加buffを約HP10%が減るごとに重ねがけしていくので時間をかけるだけ不利になる。
ランダムアタック時に広範囲攻撃もしてくるのでbuffが増えない内に迅速に倒したいがバリアを展開する。
下級ではかなりラク。

4F-クリバルカ Edit

画像分類
クリバルカ.jpg一般、僧兵型
位置
boss4.jpg
攻略
ソーサラー系と違い広範囲魔法等ほとんどしてこないが魔法の連射が非常に早い。
一定周期でトゥルサの眼光を召喚するので、ボスを盾が持ち召喚次第すぐに破壊すること。
ボスに気を取られて破壊が遅れるとソーサラー6体とか召喚されて詰む。
ボスはトゥルサの眼光とその召喚MOBにバリアを張るので、道中の眼光以上に処理猶予時間はシビアになる

5F-ブルトンスカー Edit

画像分類
ブルトンスカー_0.jpg中型、ブルカヌス型
位置
boss5.jpg
攻略
下級
パターンはブルカヌスだが両腕を上げて吠えた後、地面を何度も叩く攻撃が追加。
叩いた地点の地面(両手の下)が赤い呪い床となることがある(ならない時もある)
触れると10秒後にHPの9割が一気に減るデバフ(死の予言)がかかる。回復職はすぐに解除してあげること(特に盾)。
40%までHPが減ると分身を召喚する。
分身はHPが少ないので本体を盾が持ち、他で分身を先に倒してしまおう。
本体のHPが僅かなら一気に本体を倒してしまうのもアリ。
他のボスに比べてランタゲは少なめ。また分身は一般型。
上級
戦う前にもし毒に侵されているなら、ここの入り口で浄化のトーテムを1個使うことになるだろう。

40%まで減ると分身を召喚する。
湧き地点から50m離れると分身は消える。


戦い方としては、41%まで普通に戦う。
41%まで減らしたら盾はそのまま奥で本体のタゲを取り、盾以外の4人は部屋を出る。
そして、盾が40%を削り分身が召喚されて4人のほうに向かってくるものの、あら不思議、分身は消えてくれる。

そのあとは本体のHPを削るだけ。
なお分身召還から約3分後?にもう1体分身を召還する。が普通に戦っている限りはその前に倒せるだろう。
分身を消さない・倒せないで召還されると合計3体と戦うことになり阿鼻叫喚。

倒したあとは黒紋塔の移動書等で入り口から入りなおすのも一つの手。
ゴーレム手前までの距離でおよそ10分で到着できるため、「ありがとーてむ」を言う手間が省ける。
面倒な毒のことを考えると安全で節約にもなるかもしれない。

5F-ブラッドストーン Edit

画像分類
ブラッドストーン_0.jpg中型、ゴーレム型
位置
boss6.jpg
攻略
下級
本体はATK高めの普通のゴーレムでモーションも同じ。
ただし3連火球は着弾点以外に弾道上にも判定があるので注意。
また、左腕の叩きつけや飛び掛りが2hitに多段化しているのでガード職は注意しておかないと思わぬ被弾になる。
HPが減るとテロップと共に死体粉砕機が召喚され、リトルゴーレムが召喚される。
このリトルゴーレムは本体並の火力を誇り、しかもターゲットできないオブジェクト。
リトルゴーレムは粉砕機を破壊すると停止するので召喚され次第、最優先で装置を破壊してしまおう。
上級
トゥルサの毒デバフがかかっている場合は、戦闘前に浄化のトーテムで解除すること。

上級では粉砕機を倒す事はできず、リトルゴーレムを避けながら戦うことになる。

さらに、リトルゴーレムはトルネード攻撃を何度もしかけてくるので常に周囲に気を配ろう。
後衛職は移動時にヘイトを稼ぎすぎず、本体と取り巻きを引き離すようなヘイト稼ぎをするのがベスト。
後半はランタゲが多くなり火球をかなりバラ撒いてくるので、後衛職はボスの後退と着弾位置に注意が必要。
HP20%ほどになると、本体もトルネード攻撃をしかけてくるので多段Hitで死なないように。
攻略パターン-リトルゴーレム誘導
一見デタラメに見えるリトルゴーレム(以降、子ゴレ)の動きだが、実は以下の特性がある。
1)ヒールやヘルブラスト等の詠唱ヘイトにのみ反応する。
2)メインターゲット変更時のみ、ターゲットへ駆け寄って右手叩き付け攻撃を行う。
3)それ以外は、その場で台風、またはランタゲで飛び掛り攻撃を行う。
4)子ゴレはそれぞれ、対角の子ゴレの初期位置あたりまでが活動範囲で、それより外側に引くと初期配置に戻りタゲがリセットされる。
5)近接ATKも高ヘイトのスキルで粉砕機を叩く事で子ゴレのターゲットを奪う事が可能。誤情報

1の特性を利用して、ヒーラーとソーサラーで子ゴレのお手玉を行うことができる。
ヒールとソーサラーの詠唱キャンセルを利用して、子ゴレを邪魔にならない位置に誘導する事となる。
ただし、4の範囲を超えてしまうとタゲが切れた子ゴレのみヘイトがリセットされ、以降の誘導が難しくなるので注意すること。
下記のヘルブラキャンセルというテクニックを使うと安定度が増す。
また、どちらかが過剰にヘイトを稼いでしまうと誘導が難しくなってしまうので注意。
ヒーラーがプリーストの場合はカルムで完全にヘイトリセットした後、全力ヒールで再び取り戻すという手段も取れる。
PTメンバーの被弾が多い場合はタンクも意識して子ゴレの少ない位置で戦うと良い。

【テクニック:ヘルブラキャンセル】
ソーサラーは詠唱キャンセルを交えて必要なヘイトを確保する必要が出てくる。
ヘルブラスト、またはスリープウィンドの発動直後(モーション発生前)にすかさず移動キャンセルすることで、
スキルをCTに入れずに詠唱ヘイトのみを発生させるテクニック。
サンダーオーブキャンセルを最速で行うような感じで入力するとよい。
ヘイスト状態ではモーションが早すぎて難易度が上がるため、非ヘイスト使用状態で行うこと。

ボス Edit

トゥルサ Edit

画像分類
トゥルサ_0.jpg中型、戦鋏型
位置
boss7.jpg
攻略
下級
・ボス自体はATKの高いただのカニ。新規行動もなくランタゲがある程度。
・問題は次々に召喚される(ボスが召喚するのではなく自動で召喚される)雑魚モブ。
道中のと同じほぼ移動しない広範囲沼型(30%以上の場合ボスが憤怒状態の時のみ作る)、移動して足元に小or広範囲の沼を作る型、操作が逆になる混乱デバフ魔法を足元に撃つ型の3種類がいる。
これらの雑魚は大抵「湧いた地点またはモブが攻撃した地点から一番遠いPCを狙う」という特殊なターゲット方法を行う
また攻撃はどれも魔方陣を出すタイプであり(道中と同型を除く)魔方陣が出てから歩いて回避可能
HP30%までは多少気をつけていれば問題ないが、30%以下からは雑魚湧きが増え、処理が遅れると沼で足場がなくなり始める。沼MOBの処理にはアチャサラ等が適任。
・よって残り30%からの雑魚対処をどう行いながらトゥルサのHPを0にするかが攻略の肝となる。
上級
タンクは広間を中心でターゲットを持ち、火力陣はトゥルサを挟むように左右に陣取る。
雑魚モンスターを処理しつつ、本体を削っていこう。
操作反転デバフを受けてしまったら落ち着いてヒーラーに解除してもらうこと。
後衛火力が対角に位置取り、沼処理と雑魚処理を優先させるとより安定度が増す。
またトゥルサ本体の攻撃力も上がっているので注意しよう。
特に予備動作のないバックジャンプは格段に威力が上がっており、ローブ職が後方に立つのは大変危険。
トゥルサHPが減るにつれ、雑魚モンスターの出現頻度が増加する。
HP10%以下からは毎秒POPするために処理が間に合わない。
雑魚モンスターがトゥルサから一番遠くのプレイヤーに向かう特性を利用して、ヒーラーにランナー役を買ってでてもらう事となる。
HP10%を切ったらヒーラーにはトゥルサから離れ、雑魚モンスターに捕まらないよう走り回ろう。
他のメンバーはトゥルサに集中攻撃を行えば勝利は近い。
消耗品は惜しまず使うこと。
攻略パターン-マラソン
雑魚モンスターは一番遠いプレイヤーを狙い、攻撃行動するまで追い続ける特性を持つ。
これを利用してランナーを1人決め、トゥルサから一番遠くで雑魚モンスターに捕まらないよう走る方法。
12/14アップデート以降、鈍足によってランタゲが解除されるようになったため、雑魚を巻き込む形のアイスブラストは厳禁。

ID固有ドロップ Edit

下級 Edit

暴君ジェフィトの耳飾り

黒紋塔シリーズ
死霊術師シリーズ

※緋術師シリーズもドロップします。

上級 Edit

征服者シリーズ
永久凍原シリーズ
赫怒術師シリーズ
緋術師シリーズ

その他 Edit

関連クエスト Edit

黒紋塔クエスト

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 瞬間移動魔法石について追記。廃止された上級・ソロの記述が残っているなど古くなっている点が多くみられるので時間があれば丸ごとリニューアルするかも -- 2016-12-11 (日) 22:28:36
  • 上級のところに魔法石の記述があったの後から気付いた… (OO; とにかく通常はショートカットを利用することが伝わればそれでいいので変えませんが -- 2016-12-12 (月) 10:54:19
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White