Top > Town > イカルス
HTML convert time to 0.030 sec.


Town/イカルス

Last-modified: 2009-02-08 (日) 17:31:54
 
火山1卵巣3卵巣4
食中植物1草原1
食中植物2遺跡2イカルス
ルケシオン
遺跡1食中植物3
草原2食中植物4
卵巣1卵巣2火山2

悠久の年月が育んだ、神秘的な森林地帯 Edit

イカルス全体図.jpg

遥か昔、古い神との戦争において、大陸が割れて海が流れ込んだ時に、現在のマイソシア大陸とイカルスとは分かたれました。
マイソシア大陸とは異なる歴史を経たイカルスは、太古の環境を保った島として現在に至っています。
近年、海賊たちがルケシオン沿岸で、数千年前のものと思われる海底洞窟を発見しました。好奇心が強いスオミの魔術師たちは、洞窟入り口に記された警告を無視し、海底洞窟の封印を解きました。
驚くべきことに、その海底洞窟はイカルス島につながっていました。カストロパゼルの記した紀行文によると、イカルス島は完全に未開の地であり、島に最初に入った探検隊は奇妙な生命体の襲撃に遭い、不確定生物たちとの戦闘を余儀なくされたそうです。探検家たちはイカルスに棲息する怪異な生物を古代生物の末裔であると推測し、その奇妙な生命体を「メマド族」と名付けました。
島の探検は困難を極めました。メマド族は知能が優れ、人間に劣らない賢さを持っており、イカルスのあちこちに勢力を広げていたので、現在のイカルス町に近づく事は夢のまた夢といわれました。
イカルス島の奥深くに位置するこのイカルス町には、マイソシア大陸の人間の知能の、半分にもおよばない原始人が住んでいますが、常に恐竜たちの脅威にさらされていました。
イカルスに足を踏み入れていった探検家の多くはスミロドンの襲撃を受け命を落とし、かろうじてイカルス町に到着した人々は周辺を開拓し始め、現在では多少の交流があります。
しかし依然として、イカルスには人間が足を一度も踏み入れていない土地が沢山残っています。
特にメマド族の生息地や遺跡、火山帯は、スミロドンと多くの古代恐竜達が棲息しており、一般人の近づけない危険な領域となっています。
現在のイカルスは、神秘的な雰囲気に包まれながら一生に一度の思い出として結婚式を挙げようとする勇ましいカップルたちと、尽きることのないロマンを原生林の奥に求める探検家たちで賑わっています。
魔術師たちが新婚旅行者向けリゾートホテル建設のために、開拓者や探検家への援助を惜しまないとの風説もあります。

特徴 Edit

街の中央に結婚を支援をするNPCがいる。

Edit

NPC Edit

⇒NPC一覧

アイテム販売 Edit

⇒アイテム販売一覧

クエスト Edit

⇒クエスト