Top > アブルダービーGP
HTML convert time to 0.167 sec.


アブルダービーGP

Last-modified: 2017-04-21 (金) 08:53:05

アブルダービーGP Edit

目次 Edit

ストーリー Edit

ハロルド Edit


BSGPの最後のレースの舞台となるのは、地下から空中へと向かって難所急所が
連続する最難関コース。それが、天国と地獄のサーキット、アブル・ダービーです。(己の整備士シールドポーラベア?)


アブル・ダービーGPは、大空に掛かる空中コースと、長大な地下コースの2セクション
――通称天国と地獄に分かれており、その先にこの最終サーキットが存在しています。
コースは安全第一。メンテナンスドンキーさん、いつもコースの整備ありがとうございます!(丙の整備士メンテナンスドンキー?)


最終戦となるアブル・ダービーGPでは順位得点が倍加算されます。
そのため、今レースの結果次第では大きな番狂わせもありえます。
各選手の力の入れようが、ここ実況席まで伝わってくるようです。(乙騎士ルースターナイト?)


「スクーデリア・マクラーン」の先遣部隊が、コースを探査しています。
このデータはすぐさま解析され、選手たちにフィードバックされます。
それが「スクーデリア・マクラーン」の強さの秘訣でしょう。(パンゴン?)


グロリアス・シープから得たデータを元にした最新機体がエアロ・シープだ!
初参戦の第七戦から良い成績を残しています。次期未の神皇候補最有力!(新星己獣エアロ・シープ?)


アブル・ダービーGPの難所、地獄セクションは暗く深い地底洞窟ですが、
ただ今入ってきた情報によりますと、邪神の残党が逃げ込んでいるとのことです。
しかし、レースは続行されます。選手の皆さん、十分気を付けてください。(ドクロスリーパー?)


天国コースの入り口は霧がたちこめていて、視界が悪く、足場も悪い。
おや、よく見えませんでしたが、何かの影が横切ったような……。(エグゼシード・リバース?)


あれは、ウロヴォリアス選手……? いや、まさか。
……トニオ、あれはお前の仕業なのか?(ウロヴォリアス・リバース?)


十二神皇の席にぽっかりと空いてしまった午と辰の二つの穴。
その座を狙うのは、エグゼシュバーン選手だけではありません。(庚午獣ハイレオン?)


四魔卿戦を軽傷で切り抜けたアバランシュ・バイソン選手。
今回も守りにつくのかと思われましたが、レースに戻っていきます。(丁の駆逐獣艦デストリックス?)


アバランシュ・バイソン擁する「ギガンティア」の鋼鉄艦隊の一糸乱れぬ行軍は、
実に壮観ですね。あとは、もう少しスピードが出れば言う事なしです。(癸の獣戦艦キングオックス5世?)


「フォーデリア・ウィングス」の空の騎士団たちが、
天国コースから落下した選手たちを助けているようです。(丁騎士トラフ・オウル?)


邪神討伐へと最初に名乗りを上げたのは、なんとティアマドー選手!
専属メカニックのティアスネークさんへの突撃インタビューで、
ティアマドー選手は最初からトニオを監視していたと語ってくれました。(ティアスネーク?)


大騎士イーグランス選手、邪神を止めるためにレースを抜ける
ゲイル・フェニックス選手とティアマドー選手を守っています!(癸酉の大騎士イーグランス?)


マウチュー選手は、ゲイル・フェニックス選手とティアマドー選手と一緒に、
十二神皇としての役目をまっとうするため、邪神の下へ向かいました。
何を考えているかわからないマウチュー選手ですが、やるときはやるようですね。(ハムタン?)


ハヌマーリン選手はポイント的に、すでに十二神皇確定ですので、
「ルナー・レーシング」は迷いなく、邪神への対応にあたっているようです。(庚の猿王ヴァーリン?)


アークティックヘア選手は、ミストラル・ビット選手と共に負傷した
ピットクルーを救助し、そのまま最終決戦の地へと跳んでいきました。(弾丸跳獣アークティックヘア?)


ゲイル・フェニックス選手、傷つきながらも邪神に立ち向かっております。
ああっと、ゲイル・フェニックス選手が撃墜された! 誰か助けてください!(辛騎士クラウン・クレイン?)


「ウィリアン」所属の選手たちですが、グリードッグ選手を中心に
無差別攻撃を始めました。もうわけが分かりません!(ガンナー・ハスキー?)


ツインヘッドビーグル選手、捨て身で道を切り開く! ドーベルドッグ選手が、
エグゼシュバーン選手とアメジスト・ドラゴン選手に追いついたっ!(壬戌兵ツインヘッドビーグル?)


おおっとっ!! エグゼシュバーン選手目掛けて流星が降り注ぐ、……が、
アメジスト・ドラゴン選手、翼でそれを支えたっ!! さあ、ラストスパートです!!
邪神の脅威すら両者の勝負に水を差すことは許されない!!(シューティングゼブラー?)


チンチラー選手、終盤にいい位置に付けています。おっと、チンチラー選手の姿が消えて、
なんとマウチュー選手が出てきたーーっ! あなた、邪神と戦っていたのでは!?(壬の道化チンチラー?)


ラストスパートをかけるドス・ダイモス選手の背からロボロフ選手が飛び出して、
マウチュー選手を飛ばしました!そして今度はアバランシュ・バイソン選手に!
なんというアクロバット、マウチュー選手、順位をどんどん上げております!(ロボロフ?)


ブロス・ティーガ選手、マッハ・ティーガ選手のサポートを受けるも、
エアロ・シープ選手が粘りの走りで抜き返してフィニッシュだーーーっ!!(甲寅獣マッハ・ティーガ?)


ブライオン選手に続き、アバランシュ・バイソン選手は8位でゴール!
「スクーデリア・マクラーン」と「ギガンティア」の因縁の対決、ついに決着!!(アクロリス?)


「テラ・スタンピード」は、ドス・ダイモス選手を十二神皇にする算段でしょう。
ディザスター・ボア選手は、後続のエアイレイザー選手の妨害に徹しています(癸亥獣ディザスター・ボア?)


レースも終わり、マンゴスティナ女王より花束が贈られます。あ、マウチュー選手?
「こんなことしてる場合じゃないぜ! 早くシュバーンを神皇にしてやってくれっチューの!」(果物女王マンゴスティナ?)


ダイテイオウ様の言葉をイマージュフォックス様が告げます。
「エグゼシュバーン、汝を新たな午の神皇と認める。急ぎ決戦の地へ向かうのだ」(壬狐イマージュフォックス?)


マイペースに走るオコジョー選手の脇をスゴイ勢いで駆けるシュバーン選手。
その姿はエグゼシード選手を彷彿とさせます! いや、敢えてこう呼びましょう、
新たな午の十二神皇、『超・十二神皇エグゼシード・フォーミュラー』とっ!!(レーシングオコジョー?)

ポリッシュ Edit


「フルーツキングダム」の秘密兵器ドラゴンフルーツデスね。おいしいのかな?(火龍果ピタージャ?)


「ウィリアン」の選手は、チーム内でも争いが絶えないそうデス。
なんせ頭をたくさん持つ選手なんかは、頭同士で喧嘩してますからね。(ツインヘッドブルテリア?)


おや、ドーベルドッグ選手がグリードッグ選手に何か抗議をしているようデス。
っと、ボルゾイ選手に睨まれてしまいました。コワイコワイ。(庚戌兵パーシュアー・ボルゾイ?)


ラフなレースが多い「ウィリアン」の中で唯一、クリーンな走りをする
ドーベルドッグ選手デス。こういう方に十二神皇になってもらいたいものデス。(庚戌将ドーベルドッグ?)


四魔卿との対決は過酷なものでした。グロリアス・シープ選手、カラミティ・ボア選手、
そして、ハヌマーリン選手は、今期は療養に専念するそうデス。
あ、二匹のおサルさんが、ハヌマーリン選手からのメッセージを届けてくれました。(マインドラ&ディヴィク?)


四魔卿と対峙したリボル・ティーガ選手、グロリアス・シープ選手、ハヌマーリン選手、
カラミティ・ボア選手は、最終戦に間に合いませんでしたが、その魂は新たな世代の
選手たちに引き継がれていると、わたしは確信していますデス!(イマジンホース?)


邪神は天国の頂点まで迫っています。最終決戦が間もなく始まろうとしています。
そこには、「フェラール・レーシング」を支えた『三馬神』の姿も見えます。(戊の三馬神ゴドルフィン?)


不死鳥はとても長い時間をかけて転生し、
より強くより速い姿へと進化してきたそうデス。(力集める翼風車?)

■■■レポート Edit


異魔神との接続個体「アメジスト」の臨床試験は打ち切り。
以後の取り扱いはアプスに一任する。 ―■ニオレポート―(乙巳の司祭アプス?)


邪神計画もいよいよ大詰めだ。6体の大異魔神の力で、
「iゲート」の奥に封じられた邪神皇がこちらの世界に顕現する。
―トニ■レポート―(乙の整備士インフィニスネーク?)


作戦の決行はアブル・ダービーGPの正午。神皇6体など取るに足りない。
あのとき「iゲート」の奥に見た邪神皇がついに復活するのだ。 ―ト■オレポート―(ハンマーヘッドマン?)

その他 Edit


「オレたちだって、好きでこんな汚ぇことをやってるわけじゃねえ。
でも、グリードッグの兄貴には、逆らえねぇしよ……」(甲戌兵ツインヘッドコリー?)


「我が主の無念、邪神皇の復活で晴らしてくれよう」(獄炎伯デフェール?)


エグゼシードの伝説は終わらない。そこに走る意思がある限り。(壬馬皇エグゼシュバーン?)


「アメジストよ、辰の十二神皇になるのはお前だ。
アイツの呪縛は解けている。本当の力を見せてみろ!」(黒壬龍オブシディアン・ドラゴン?)


「俺ハ、全力デレースガ、シタイ……シュバーン、勝負ダ」(庚の水晶龍アメジスト・ドラゴン・ソニック?)


「レースの中盤だったかな、6体の異魔神が空に穴を開けて、アルティメットが
出てきたんだ。そこに、ゲイル・フェニックスとティアマドーが向かって行ったんだ。
本当だよ、しっかり撮影もしたし、動画もあるよ、見てみる?」(探索機人ジラフ?)


「アバランシュ・バイソンはティアマドーに説得されてたわよ。
丑の十二神皇は、お前にしか務まらないって言われてね。
ブライオン君のライバルが減ると思ったのに。残念だったわ」(勝利の戦姫シグルドリーヴァ?)


「BSGPを走り抜き、邪神を退けた勇者たちにご馳走を♪」(美食の妖精神エクレア・シフォン?)


「ヤバイ、エクレア様の手料理が振舞われたら、レースの入賞者が全滅しちゃうっ!
早く報せに行かなきゃならないんだからっ、邪魔しないでよっ!!」(美食の妖精ドルチェ?)


「十二神皇3体は邪神の下へと向かい、レースはルーキーたちに託されたか。
さて、我ら「ガンダーラ」は、黒幕を懲らしめに行くとしよう」(持国天将シュトラ?)


蒼き炎と共に次世代を駆け抜ける新たな神皇!!(超・十二神皇エグゼシードF?)


十二神皇を統べる前線指揮官。それが巳の神皇の真の姿!(巳の十二神皇ティアマドー?)


転生を繰り返し、極限に到達した緋翠の不死鳥。
「希望の風よ!邪悪を滅ぼす雷と共に我に力を!」(超・十二神皇ゲイル・フェニックスZ?)


獅子奮迅の超変形ユニット。今だブレイヴ・オーン!!(己械王ブライオン?)


「ウィリアン」でNo1のダーティープレイを駆使するマッドドッグランナー!!(戌の十二神皇グリードッグ?)


「絶望せよ……我こそは邪神皇。世界を終わらせる者」(邪神皇デスピアズ?)


真なる絶望が世界を闇に染め上げる。(邪神皇デスピアズ・ゾーク?)

レース結果 Edit

  • 1位 エグゼシュバーン
  • 2位 アメジスト・ドラゴン・ソニック
  • 3位 ドーベルドッグ
  • 4位 マウチュー
  • 5位 エアロ・シープ
  • 6位 ブロス・ティーガ
  • 7位 ブライオン
  • 8位 アバランシュ・バイソン
  • 9位 ドス・ダイモス
  • 10位 エアイレイザー

第216代神皇 4 [#o0257fdf] Edit

  • 午 『新規』 エグゼシードF 1位
  • 辰 『新規』 アメジスト・ドラゴン・ソニック 2位
  • 亥 『新規』 ドス・ダイモス 3位
  • 申 神皇 ハヌマーリン 4位
  • 巳 神皇 ティアマドー 5位
  • 酉 神皇 ゲイル・フェニックスZ 6位
  • 寅 『新規』 ブロス・ティーガ 7位
  • 卯 神皇 ミストラル・ビット 8位
  • 未 『新規』 エアロ・シープ 9位
  • 戌 『新規』 ドーベルドッグ 10位
  • 丑 神皇 アバランシュ・バイソン 11位
  • 子 神皇 マウチュー 12位

外部リンク Edit