Top > シング・オールGP
HTML convert time to 0.164 sec.


シング・オールGP

Last-modified: 2017-04-17 (月) 06:42:28

シング・オールGP Edit

目次 Edit

背景世界において Edit

ストーリー Edit

ハロルド Edit


BSGP第八戦の開催地となるのは、
照りつける太陽と、白く光る美しい砂浜。
太陽と海の国、シング・オール。(ネザドワ?)


序盤のコースはシング・オール本島からのスタート。
守護神を象った美しい白い彫像の脇を抜け、
選手たちは次なる島へと続く橋を渡ることになります。(乙の跳獣ドロップロップ?)


「フォーデリア・ウィングス」の選手たちが潮風をうまくとらえ、
レース序盤の主導権を握り、先行して空を行きます。
それを地上から追うのは卯の十二神皇が先導する「アニマロッジ」。(ウサコウモリ?)


「アニマロッジ」でミストラル・ビット選手をサポートする選手には、
最速の神皇に匹敵するスピードと実力が求められます。(己の跳獣皇ライオ・ビット?)


群島ならではの熱帯雨林をかき分け、道なき道を進む中盤。
ゲイル・フェニックス選手とミストラル・ビット選手が、
実力者同士、抜きつ抜かれつのデッドヒート!!(ムサザビー?)


島々をめぐるレースも終盤、本島へと続くロングブリッジで
ここまで息を潜めていたティアマドー選手がにわかに
トップ争いに参戦! 武器を捨てて正々堂々勝負の構え!
しかし、ゲイル・フェニックス選手は謎の失速……波乱の展開だ!(丁の跳獣ロケット・レッキス?)


ブースター分離からの二段ジャンプは神皇最速のブッチギリ!(卯の十二神皇ミストラル・ビット?)


ミストラル・ビット選手、ブースターを切り離してさらなる跳躍!!
ティアマドー選手を突き放してゴールテープに身体をねじこんだ!!(大跳獣フレミッシュベース?)

ポリッシュ Edit


「アニマロッジ」のピットクルーにインタビュー成功デス!
今回のミストラル・ビット選手は本気の本気。
ブースターによるゴール間際のブッチギリに注目だそうデス!(拳闘獣オー・ガンガル?)

レース結果 Edit

  • 1位 ミストラル・ビット
  • 2位 ティアマドー
  • 3位 ライオ・ビット
  • 4位 エアロ・シープ
  • 5位 ブロス・ティーガ
  • 6位 ハヌマーリン
  • 7位 ゲイル・フェニックス
  • 8位 エグゼシュバーン
  • 9位 エアイレイザー
  • 10位 アメジスト・ドラゴン