Top > ヴァンレーンGP
HTML convert time to 0.077 sec.


ヴァンレーンGP

Last-modified: 2017-04-20 (木) 06:16:14

ヴァンレーンGP Edit

目次 Edit

背景世界において Edit

ストーリー Edit

ハロルド Edit


BSGP第二戦の舞台となるのは、
むせるような熱気に満ちた、灼熱の乾燥地帯。
砂と風の国、ヴァンレーンです。(モダニック・ドラゴン?)


ヴァンレーンGPの走者たちを迎える最初の難関は、
足場の悪い岩石地帯。急な落石には要注意でしょう。(ドラゴノイド・ブリザード?)


「フェラール・レーシング」のアンダルーシャ選手&リピッツナー選手、
息のあったコンビが岩場の悪路から進むべきラインへとチームを導く
連携の取れたサポートを披露しています。(丙の黒皇馬アンダルーシャ?)


一角魔神を使いこなすアンダルーシャ選手&リピッツナー選手、
チームを第一集団の先頭に押し上げます!(甲馬ペルシュロン?)


とっさの落石を回避しつつ先頭で鎬を削るのは、
リボル・ティーガ選手、ブレイゾーマ選手、そしてエグゼシード選手!
灼熱の暑さをものともしないタフな選手たちだ!(ドラゴノイド・ファイア?)


異魔神を駆使する「スクーデリア・クリニエーラ」の青い閃光!(庚炎皇ブレイゼル?)


異魔神召喚とともにブレイゼル選手が先頭に躍り出た!(泰平龍ピースメーカー?)


異魔神をもたらす「フォーデリア・ウィングス」の主翼!(白凰孔雀シルヴィアス?)


各チームそれぞれ異魔神を召喚!
シルヴィアス選手が召喚したのは風魔神!
しかし、事前の調整不足によりチームは少し順位を落としています。(疾走猫デボン?)


異魔神出現によってBSGPではチーム内の連携の重要性が高まったようだ!(暗黒龍騎ダークス?)


はるばる東の果てからやってきた古い一族の末裔といわれる
ニンジャコンビが序盤のトップ集団に食い込みまさかの番狂わせか!?(甲蛾忍ノコギリ?)


ニンジャコンビが砂埃に紛れて龍騎コンビを急襲したようだが……、
おーっと! 砂埃が晴れて見えてきたのは龍騎コンビ!
ニンジャコンビを返り討ちにしたようだ!(聖龍騎パラディウム?)


アンダルージャ選手&リピッツナー選手が先導し、
「フェラール・レーシング」の風よけとなって強風の中を突き進む!(丙の白皇馬リピッツナー?)


アメジスト・ドラゴン選手はここで聖魔神を召喚。
後続を走る選手がこれを抜くのは難しい!(双璧武者サクマ・ガーディアン?)


アメジスト・ドラゴン選手の召喚した異魔神と合体し、
ウロヴォリアス選手とガルデア選手が終盤に向けてスパートをかけた!(蛇司祭ライノラ?)


ウロヴォリアス選手の正体不明の新技からエグゼシード選手をかばい、
アンダルーシャ選手&リピッツナー選手も先頭争いから脱落!(紫煙鰐?)


異魔神対決に勝利し1位の栄光は、
「フェラール・レーシング」にもたらされた!(コリトザウラー?)


攻撃の隙を突いてゴール前でドス・ダイモス選手が
ウロヴォリアス選手を抜き去った!(疾走猫ソマリリィ?)


リボル・ティーガ選手は「チーム・トゥーロン」の異魔神の壁を崩せず、
惜しくも5位でゴール!(ケラトザウラー?)


風魔神と合体したゲイル・フェニックス選手とシルヴィアス選手、
ほぼ同時にゴール! 風魔神との調整不足が懸念されましたが、
それでもなお堂々の入賞です!(眠れる風の異魔神?)


堅調な走りを見せたグロリアス・シープ選手は
アメジスト・ドラゴン選手に頭ひとつ及ばぬも、
ブレイゼル選手の猛追から逃げ切り9位でゴール!!(空の騎士シルバ・クレイン?)

ポリッシュ Edit


「フォーデリア・ウィングス」は辛騎士三羽烏を投入し、
万全のサポート体制を固めてきたようデス!(辛騎士アルバ・ゼピュロス?)


安定してトップ集団に食い込むグロリアス・シープ選手。
防塵仕様の装備を整え、ヴァンレーンの対策はバッチリのようデス。(空の騎士ゴルド・フェザント?)


「スクーデリア・マクラーン」は今回の結果を受けて、
異魔神入手に向けて奔走しているようデス。(疾走猫メインクー?)


BSGPではチームを10位以内に滑り込ませることが重要デス。(骨門番ランケア?)

トニオ Edit


ヴァンレーンの焼けるような暑さと乾燥した空気には、
やはり赤のスピリットが適応しやすいようですね。(大戦龍ウォーモンガー?)


前回トゥーロンのみが活用していた異魔神ですが、
各チームそれぞれ情報を入手し、今回のGPに投入するようです。(辛騎士ブラスト・コンドル?)


BSGP委員会の判断によると、
異魔神召喚はBSGPルールを逸脱していない、とのことです。(骨門番エスクーダ?)


異魔神と契約していないチームの選手達は、
荒れ狂う竜巻群を抜けるのに苦戦、トップ争いから脱落していきます。(双璧武者シバタ・ガーディアン?)


中盤のコースは乾いた風の吹きすさぶ荒野。
時折大竜巻が起こり選手たちを容赦なく薙ぎ払うでしょう。(甲蛾忍ヒゲナガ?)


終盤コースは陽炎のゆらめく広大な沙漠。
蜃気楼に惑わされてゴールを見失わないように注意が必要です。
以上、トニオのコースレポートでした。(クルマホッパー?)


聖魔神と合体したウロヴォリアス選手とガルデア選手、
ドス・ダイモス選手には抜かれたものの余裕の上位入賞です。(聖魔エスペランサ?)


今回の結果から異魔神の強力さは白日の下にさらされました。(聖魔デスペリア?)

その他 Edit


異魔神の情報を手に入れたチームはそれぞれ独自に研究を進めた。(目覚める炎の異魔神?)


この世界と異魔神の世界をつなぐ巨大なゲート。
一度開いた扉は閉じることなく、異魔神をこちらへと誘いつづける。(聖と魔の凱旋門?)


「若輩どもに異魔神を使いこなすことなど不可能」(魔神竜騎ガルデア?)

レース結果 Edit

  • 1位 エグゼシード
  • 2位 ドス・ダイモス
  • 3位 ウロヴォリアス
  • 4位 ガルデア
  • 5位 リボル・ティーガ
  • 6位 ゲイル・フェニックス
  • 7位 シルヴィアス
  • 8位 アメジスト・ドラゴン
  • 9位 グロリアス・シープ
  • 10位 ブレイゼル