Top > にんじゃ
HTML convert time to 0.067 sec.


にんじゃ

Last-modified: 2017-02-25 (土) 10:54:44

にんじゃ(忍者) Edit

はるか えんぽうのちより やってきた やみにいきる おんみつ。
たたかいかたが ひきょうであると きしだんに きらわれていた。

初期性能 Edit

スキル武器(短刀)防具(装束)その他(長靴)隠しパラメータ
くないぎりょう+10さいだいHP+50シールド+35かいひ+20%
かとんまりょく+10しのびあしスカウトわなかいひ
かげわたりち の り


くないぎりょう依存の攻撃スキル 威力30×3CD0
かとんまりょく依存の継続ダメージスキル 威力50+50x3T
直接ダメージ部分は命中率が低い
CD1
かげわたり全スキルがT扱いになる
この時使ったスキルはCDが余計に+1される
CD2/Tスキル


ち の りターンを消費するスキルのクールダウン-1(かげわたりとの併用不可)
 
更新履歴(Ver1.4.3)

評価 Edit

3/5 ★★★☆☆

豊富な手数による瞬間火力型の職業。
ただしぎりょう・まりょくメインという都合上火力は出しにくい。
初期スキルの内の攻撃スキル2つが癖のある性能であることにも注意が必要。
強力な攻撃スキルやバフで火力を補えるなら非常に強力な職業となる。

特徴 Edit

かげわたりからのスキル全放出による瞬間火力が売りの職業。攻撃スキルを集めて惜しみなくぶっ放そう。

 

くないは基本技には珍しい連撃タイプ。命中率は普通なので全発は当たらないことも多いが、バリアをハグ能力が非常に高く、逆にかいひ持ちにも何発かは当たる希望が持てるほか、へんようスキルの付与を引いたときの爆発力が非常に高い。
スカウトにしのびあしと移動面のサポートも完璧。かげわたりで使い切ったスキルのクールダウンのために、しばらく戦闘を避けて通るということもしやすい。
耐久面はさいだいHPとシールドが1つずつのハイブリッド。かいひ+20%もあり見た目以上にしぶとい。

 

かげわたりでスキルを全部使うのは強制なので(途中で敵を倒せた時はそこで終了)、回復や消耗品など後に取っておきたいスキルも使わざるを得ないのが難点。
またスキルを出し尽くしても倒し切れなかった場合、いきなり手が詰まってピンチになる恐れがある。くないなどクールダウンが0のものでどれだけ頑張れるか……

 

Ver1.4.0のアップデートにより「ち の り」が追加。
ターンを消費するタイプのスキルのクールダウンが全て1減るようになった。
ただしかげわたり中は効果を発揮しないのでやや相性が悪い。
Ver1.4.3でわなかいひも搭載。スカウトとわなかいひの両方が揃い、かりうどと並ぶ宝箱ハンターとして使えるようになった。
Ver2.0.0でのへんようスキルの登場によって初期攻撃スキルのくないにも優位性が生まれたため、
うまくへんようさせられればかげわたりと併用することで相手を圧倒できる可能性も出てきた。

オススメスキル、装備効果 Edit

低クールダウン(CD)攻撃スキル Edit

Ver.1.2.1の更新でかげわたりのCDが2にまで短縮され、かなりの頻度で繰り返し使えるようになった。
こうなると攻撃スキルもかげわたりに合わせ、威力だけでなくCDの軽さも重視したものを選びたくなる。
にんじゃの得意分野も考えると最有力はフレイムトーチか。

てぎわのよさ Edit

攻撃スキルを上記の軽いもので揃えておけば、かげわたり後のCD増加を相殺できる。
ただしかげわたり自体のCDは短縮されない

各種きょうかスキル Edit

手数の多さはきょうかスキルを最大限に生かすことができる。
せいがんのかまえ、オーバーフロー、ヘルコントラクトなど。序盤ならオフェンシブなども充分役に立つ。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • かげわたりと伝説武器”ぐんし”の相性が鬼のように良い。 -- 2017-02-11 (土) 21:46:58
  • かげわたりとぐんしを使うなら「からめとり」と「かくしきば」もあるとなお良い。更に「そげきしゅ」、「きょうめん」でにんじゃとしてはほぼ完成の域。 -- 2017-02-24 (金) 14:19:54
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White