Top > ダークエルフ
HTML convert time to 0.112 sec.


ダークエルフ

Last-modified: 2017-05-22 (月) 07:43:03

ダークエルフ Edit

“のろわれたけつぞく"として いみきらわれた エルフの いたんしゃ。
じっさいには のろいなど そんざいせず よごれしごとを おしつけられつづけ さべつされるようになった。

初期性能 Edit

スキル武器(弓矢)防具(服)その他(黒首飾り)隠しパラメータ
シャドウショットぎりょう+10さいだいHP+50シールド+35テレポート
やくがくしんこう+10かいひ+20%ゆうどく+20%わなかいひ
もうどくの やじりうばうもの


シャドウショットぎりょう依存の攻撃スキル 威力200
先制発動スキル
CD2
やくがく継続ダメージ依存(+100%)のシールドを付与CD3/Tスキル
もうどくのやじり2T持続のやじりを付与
やじり効果中に直接攻撃を当てると
けいぞくダメージ(敵の最大HP依存/+5%)を付与する
この継続ダメージは限界突破する
CD3/Tスキル


うばうもの拾う装備が4つ以上の効果を持つ
 
更新履歴(Ver2.0.0)
余談

評価 Edit

4/5 ★★★★☆
シャドウショットによる瞬殺ともうどくのやじりとやくがくによる高HPの敵に対する強さが特徴。
初期状態の時点でどちらのビルドにも寄せられるよう揃えられており、
攻撃性能は申し分無いので汎用性と使い勝手の面ではかなりのものを持つ。
一方でどちらの攻撃手段にも明確な弱点があるので、臨機応変な使い分けや、
どちらか一方に特化させた場合は何かしらのフォローが必要になってくる。
イベントマスにて4回出会うと開放される職業。

特徴 Edit

致命的なちえんダメージを付与した武器で、どんな強大な敵でも倒すことができるぎりょう職。

  • エルフと同じくHPとシールドタイプで回避も持つ。
    更に初期スキルのやくがくによって条件付きではあるがシールドを自前で用意することが可能。
  • シャドウショットはv1.3.0から導入されたせんせいしようを持つスキルで
    戦闘開始時に自動的に発動する。威力も申し分なく序盤の雑魚はほぼ瞬殺。
    発動後も通常通り行動が可能な上、不意打ち時にも敵の行動より先に発動してくれる。
    前の戦闘でクールダウンが残ったままでも次の戦闘開始時に発動しCDもリセットされるのでうらみやあくむに強い。
    ただしミスしたり耐えられたりするとしばらく無防備になるので他の攻撃スキルも持っておくのが望ましい。
    ちなみにせんせいしようを持つスキルを2つ以上所持していても発動するのはひとつだけである。
  • もうどくの やじりは攻撃にけいぞくダメージを付与するスキル。
    付与ダメージは敵最大HPの5%。シールドとバリアを持たない敵なら、たとえHPが7桁あっても最低10HITで2ターンキルが確定する。
    本体の攻撃力がどれだけ劣悪でもヒット数さえ稼げれば勝ててしまうため、ステータスよりスキルや装備効果が重要になる。
    下記オススメの他、めいちゅう、ゆうどくによってヒット数とけいぞくダメージ量の増加を図りたい。
    テキスト上は「このターンの攻撃に」とあるが、正確には次のターンのターンを消費する攻撃の直前まで効果が持続する。フェイントやピュリファイなど、毎ターン使用できるTスキルであれば一度のもうどくのやじりの使用で二回の付与機会が発生する事を覚えておこう。
     
    運用上の弱点は、自身にもうどくのやじりを付与して殴るスキルのため、ふどうやけっかいの影響下では機能しないこと。
    一度に複数回ヒットするスキルがなければ真価を発揮しないこと。
    毒のダメージ込みで敵を殺しきる戦術の場合、最初の一撃を耐える防御力が必須なこと。
    また、直接殴ったほうが早い浅い階層では後述するやくがく共々いまいち効果を発揮しづらい。
  • やくがくは与えているけいぞくダメージに応じてシールドを得る。
    敵最大HPの大きさによっては、一度に万単位のシールドを得ることも可能。
    これらを組み合わせることで耐久力を確保し、ボスとの戦いを乗り切るのがもうどくビルドの基本。
    Tスキルでシールドを得られる半面、得られる量が継続ダメージ(=敵の最大HP)依存のため、
    HPが少ないバリア・シールドによる耐久型の敵の場合あまり効果がないのが欠点。
  • シャドウショットは、ぎりょうとクリティカルを高めて殴るスタンダードなぎりょう型なのに対し、
    もうどく型は、最終的にはぎりょうを切り捨ててヒット数に特化する特殊な構築なので、成長するにつれて両立が難しくなっていく。
    さいわい、めったづきやさんだんづきなどがあればもうどくもそれなりに仕事をしてくれるため、
    ある程度の階層まで行ったところでビルドを特化させ、より深い階層に備えよう。
  • ダークエルフ開放イベントの1、2回目では装備品をランダムに1箇所盗まれてしまう。
    深部で発生すると致命的なのでイベントを消化してから本格的な探索に望んだ方がいいかもしれない。

オススメスキル、装備効果 Edit

かくしきば Edit

かくしきばによる追加ダメージにももうどくのやじりの効果が乗る。
またもうどくのやじり自体の発動にも追加ダメージが発生するので即座にけいぞくダメージを付与できる点でも相性がいい。
ただしVer2.1.0以降じゃがんにより、採用時のリスクが高まってしまった。
どうしても採用する場合は、「リストアボディ」等のせきか解除手段を含めて、注意と準備を怠りなく。

多段攻撃スキル Edit

もうどくのやじりによるけいぞくダメージの付与は攻撃が命中する度に発生し重複もする。
けいぞくダメージを重ねればやくがくによって得られるシールド量も増える。
ただしじゃがんに備えて、多段攻撃ではない(できれば直接攻撃以外の)ターン消費スキルも必ず持っておくこと。

  • くない
    3連発・CD0が魅力。ぎりょう依存なのでそれなりに物理ダメージも期待できる。
    レアリティも低めでそこそこドロップしやすい。
  • きょくげい
    4連発。けいぞくダメージは きんりょく、まりょくがなくとも、1ダメージでもヒットすれば付与できる。
    Tスキルであるため もうどくのやじりとやくがくの間に発動させ、敵にターンを渡す前にシールドを張ることも可能。
    開幕時に もうどくのやじり→きょくげい→やくがく→くない のコンボが決まると攻守両面で優位に立てる。

ヒートアップ、かんぱ Edit

シャドウショットに特化させる場合、これらを前の戦闘から維持させてきゅうしょを高めておくと、
クリティカルヒットで殺傷力が高まる。体力が高いボス相手にも有利に戦える。

たんじゅん Edit

じゃがん対策。真っ先にもうどくのやじりを使ってしまえばせきかをシャットアウトできる。
ただしイベントや奇襲で状態変化がかかると厳しい展開になる。
特にイベントによる強制バフはわなかいひでは防げないのでイベントマスは基本的に回避することになる。
リフレッシュがあればバフの解除も可能ではあるが。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • じゃがん実装までは、えんちょうが非常に有用だった。もうどくのやじり、敵へのけいぞくダメージの効果時間が共に伸び、さらに使い勝手が良くなる。ただし、現環境においてダークエルフの天敵であるじゃがんの効果時間をも伸ばしてしまう。えんちょうの時代は終わったのだ。 -- 2017-04-12 (水) 23:32:44
  • ショットガン取りこぼしてしまった・・なんとかならんかなあ -- 2017-04-17 (月) 01:17:53
  • つダブルくない -- 2017-04-17 (月) 23:25:18
  • てぎわのよさ+1がイベントで手に入ったからショットガンをCD無しで連発したいというすけべ心が・・笑 -- 2017-04-20 (木) 09:22:37
  • ↑てぎわ+1&ショットガンで運用してる 実際超便利 -- 2017-04-20 (木) 13:51:42
  • ショットガンは普通にドロップするようになったらおすすめに追加したいね -- 2017-04-20 (木) 13:52:37
  • てぎわ+1のお供にバックステップおすすめ じゃがんもはんしゃもやり過ごせるし異常回避があればバステもスルーしつつ安全に毒ダメ稼げる -- 2017-05-02 (火) 10:48:21
  • じゃがん対策は↑のバステとかポイズントラップでいいんじゃないですかね。てぎわのよさ(+1)保持が前提ですが。やじりはとにかく撃てる時に撃ちたいので、じゃがん発動を待ってられないです -- 2017-05-22 (月) 22:16:25
  • 防御手段をやくがくのみに頼るとどうしても限界があると思うんですけど、他に何でダメージ対策してます?自分はかいひ底上げ+スキルで95%キープして避けるようにしてるんですけどひとみへんようでいつも泣きを見る… -- 2017-06-08 (木) 14:41:57
  • バリア付きの装備をどうにか拾って凌いでる。1ターン持てば後はやくがくでok -- 2017-06-09 (金) 03:00:01
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White