Top > 市場調査
HTML convert time to 0.007 sec.


市場調査

Last-modified: 2009-12-08 (火) 17:11:44
 

市場調査(しじょうちょうさ)
生産者から消費者に至る財またはサービスの流れに関連しておこる事象について、企業が意思決定のための情報を収集し、記録し、分析することをいう。市場予測、市場分析、広告調査、消費者調査などは、すべて市場調査に含まれ、その一部を構成する 。英語のままマーケット・リサーチ、またはマーケティング・リサーチmarketing researchともいう。
目的は、経営者が市場や消費者を志向しながら適切に意思決定をするよう、正確な情報と科学的方法を提供することである。すなわち市場調査は、意思決定者に対して、市場ないしマーケティングに関する的確な判断材料を与える。たとえば、潜在需要の量と質、製品系列の選択、市場の組合せ、流通経路の選択、広告その他の販売促進手段の妥当性、競争状態などの決定ないし判断には、市場調査による情報が不可欠である。

 

内容 Edit

(1)製品またはサービスの滞在需要の測定。
(2)販売促進努力の効果の測定。
(3)現在製品および新製品にとってもっとも有利な新事業分野の調査。
(4)もっとも有望な新事業分野の調査。
(5)消費者が特定の商標を選択する理由を検討する商標調査。
(6)製品の品質、デザインおよび包装についてその長所を吟味する製品調査。
(7)販売予測、販売割当て、広告予算、販売員報酬の基礎にするため、景気変動、季節変動、流行などの推移を分析する経済調査。
(8)消費者需要の状態や動向をつかむ需要調査。
(9)広告効果の測定。
(10)PRの有効性調査。

 

手順 Edit

(1)問題の規定→ (2)既存資料の検討→ (3)必要資料の確定→ (4)資料の収集→ (5)資料の整理→(6)資料と分析と解釈→ (7)結論の抽出と報告書の作成。

 

調査の成否を左右するのは資料の収集である。そのうち、外部資料の収集については、特定の標本(サンプル)について一連の質問を発する方法によることが多い。質問の方法としては、郵便、電話、直接訪問による面接などがある。また特定の標本について、これら三つの方法を併用し、継続的に特定の製品やサービスに対する知識・意見・行動を調査するような方法(パネル調査)もある。すべての調査がそうであるように、市場調査においても、標本の選択、質問項目の作成、接近方法の適否は、その結果に大きな影響力を与える。そのため、調査の内容によって、それらを慎重に選択することが必要になる。

 

市場調査の注意点 Edit

 
商談.jpg

調査の成否を左右するのは資料の収集である。そのうち、外部資料の収集については、特定の標本(サンプル)について一連の質問を発する方法によることが多い。すべての調査がそうであるように、市場調査においても、標本の選択、質問項目の作成、接近方法の適否は、その結果に大きな影響力を与える。そのため、調査の内容によって、それらを慎重に選択することが必要になる。
市場調査は、個人コンサルタントから、大企業まで、さまざまな市場調査会社に調査を依頼することができる。自社に合った調査会社を見つけるためには、過去のその調査会社を利用した人に、その評判を聞くのがもっとも良い。 つまり、紹介を受けるのが、自社や、自社のビジネスにあった調査会社を見つける最も良い方法である。 また、インターネットやイエローページでも、数多くの市場調査会社を見つけることが可能である。
また、消費者に対してだけでなく、同業他社などに対しても調査は行われる。技術の進歩は日々行われているので、ある程度の時間経過とともに何度も調査する必要があります。こういった調査を怠ると商品開発などで思わぬ失敗につながってる。
市場調査予算は削減しても、お金を貯めることにはつながらない。 なぜなら、市場調査を行うことで、誤ったビジネス上の意思決定を下しやすくなるためである。 自社顧客を理解するためには、仮定ではなく、データに基づいた事実を知る必要があるのである。
市場調査に投資をすることで、顧客との距離を縮めることができるようになり、最終的には、もっとも費用対効果の高い意思決定を下すことができるようになる。
また、市場調査を実施する前に、調査結果から何が導き出されるのか「仮説」を立てておくことも重要。それがわからないから市場調査を行うだが、マーケティングの一環としての調査であるならば、調査結果だけを見るだけではなく、仮説との比較が重要です。仮説と調査結果にどのような違いがあったのかを見ることも、市場調査の目的となる。

 

市場調査の手法http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7166/how/howto07.htm Edit

質問の方法としては、郵便電話、座談会、訪問面接などがある。また特定の標本について、これら三つの方法を併用し、継続的に特定の製品やサービスに対する知識・意見・行動を調査するような方法(パネル調査)もある。しかし、現在はインターネット近年急速に普及されたインターネットの膨大な人口と、幅広い年齢層は、市場調査に強い味方となってきた。そのためメディアが著しい発達を遂げ、マーケティングの方法がますます多様化になってきている。市場調査の中で特に注目されているのが、「ネットリサーチ(電子調査)」だ。

 

◆信頼性の高い市場調査法
市場調査の方法の中で、調査員がアンケートを持参して直接訪問して回る訪問調査が信頼性が高い。その理由には、住民票や選挙人名簿などをベースにして訪問していくことが挙げられる。
また、調査員が回答者と直接面等向かって行うものなので、データの質がより良いものが得られることにもある。訪問調査のメリット・デメリットについてはこちらをクリック!
訪問による調査の対象は、一般世帯だけではなく、企業もその対象にいる場合がある。
近年では、お客を装って運営の状況やサービス・セールストークなどを調査することも少なくない。

 

市場調査のメリットとデメリット Edit

市場調査は、とても有益な、意思決定ツールである。 自社の顧客を理解したり、自社のサービスや製品の価格設定、広告の効果検証、その他の無数の意思決定をする際に、市場調査は、もっとも、費用対効果に長けた手段なのである。
市場調査は、その意思決定プロセスを助けるための情報を与えてくれる。 市場調査は、市場へのメッセージを洗練させ、流通戦略を助け、マーケティング活動全体の効率性を高めるのに一役かってくれるのである。
消費者が自社製品にどのくらいのお金を払ってくれるかを知りたい場合、市場調査をすることで、価格設定をすることができる。 消費者が、予想よりも高い値段で商品を買うことが分かれば、素晴らしいことに、多くの利幅を得ることができる。 もし、消費者がそれほどお金を出さないことが分かれば、振り出しに戻って、新たな収益モデルを検討するのである。
市場調査を行うことで、見当違いの高額広告を出したり、価格設定を誤ったり、他の落とし穴に陥るのを、未然に防ぐことができるが、しっかり調査を行わないと企業として大きな誤りを犯すことにつながるかもしれない。

 
ケース・スタディー同じ様な仕事やシステムのデータを収集して、あなたが考えている事業との似た点、違う点を分析する。
グループ・インタビューあなたがはじめようとする事業の対象層を、5〜10人単位で集めて、テーマに基づき話してもらう。これによりキーワードを抽出して、ターゲット層の事業に対する見かたを分析する。
ロール・プレイング知っている人などに頼んで、あなたの事業の場面を設定して、商材の売り込みなどを実際に行う。これをビデオなどで収録して、分析することで問題点を引き出す。
アンケート調査一般的な調査方法で、対象層を選んで直接対面、電話、郵送、インターネットなどで実施する。簡単そうに見えるが、質問内容などを間違えると、とんでもない結果になることもある。
モチベーション調査対象層が「どのような行動や印象を持っているか?」を調査して、事業との整合性を分析する。潜在心理から流行や行動パターンを探る調査方法。
サンプリング調査食品なら食べてもらって、あるいは食べ比べてもらって、その結果をビデオに収めたり、アンケート調査などで評価を分析する。手に取るモノなら実際に使ってもらう。システムなどなら実際に経験してもらう。
 

代表的な市場調査 Edit

  • 企業・団体のキーパーソンに対する調査/消費者対象の調査
  • ブランド戦略、マーケティング戦略(商品、価格、流通、プロモーション)に関する調査
  • 面接調査(パーソナル、グループ)、インターネット調査、郵送調査、電話・FAX・メール調査
  • 医院開業に伴う診療圏調査
  • 商店街、スパーマーケットのお客様志向調査、モニター会議
  • 新商品モニター会議
  • 新規事業可能性調査
  • 競合店舗覆面調査
  • 買い物動向聞き取り調査
  • 経済調査
  • 管理計数分析調査
  • 消費者標本抽出調査
  • パーソナル・スタディ
  • メソット・スタディ
  • 市場実験
     

参照 Edit

市場調査とマーケティング
市場調査を調べると、「消費者のニーズ及びウォンツを調べること」もしくはその「手法」とある。 企業等が新しい企画を考えるときの市場調査とは、度々マーケティングと同じ意味で使われている。では市場調査とマーケティングは全く同じものなのだろうか。
マーケティングを調べると、「顧客の調査と分析、商品開発、宣伝・広報、営業、流通、販促などの企業活動」がマーケティングとある。よって市場調査とは、このマーケティングの中の一部分であると言える。この市場調査という土台を基に商品開発が行われ、宣伝・広告や営業とつながっていく。市場調査とマーケティングとの差は、過去を見るのか、もしくは未来を見るのか、という「視点の違い」であるようだ。市場調査は「現在はどうあるのか」を調べるものなので、過去から現在が調査の対象となる。一方でマーケティングは、「これからはどうなのか」を予測するものであるが、未来を予測するための調査の対象は、基本的に市場調査と同じになる。 このことからも、市場調査はマーケティングの一部であるということがわかる。