Top > 有用パーティー

有用パーティー

Last-modified: 2018-01-23 (火) 23:08:08

どのPTを組むにしても、4人という枠が厳しい制限となる
複数の役割を兼できるユニットが重宝される

三千世界PT: 攻撃力2倍天候 Edit

天候[三千世界] → ヤオヨロズ, 樹スズシロ
 ・アタッカー → 攻撃力2600以下
  • 長所
    • 攻撃力2600x2=5200の超火力。
    • 天候であるため、ギガバフに不向きなクイックループに対応可能。
    • 素の攻撃力が低いユニットを大化けさせることができる。
  • 短所
    • 敵にも適用されてしまうため、雑魚敵の攻撃が激熱になる。
    • 天候持ちが落ちたり別天候で上書きされると無力化する。
    • オート適性が無い。
    • 三千世界用の助っ人を探すのが難しい。
  • 中核ユニット:要になる三千世界を持つユニット
    • ヤオヨロズ(先制、祝福処理要員)
      全体通常攻撃や30連撃スキルを持ち、かなりアタッカー寄りなロリ娘。
      光変形玉などで必要頻度の増した祝福処理枠を設ける必要が無くなるのでその点では構成が楽。
      先制を持つため、開幕から三千世界を展開することが可能。
      しかし暁の盟約により集中砲火を浴びやすく、スペックの割には脆い印象を受けるかもしれない。
      進化サクヤのような壁役をセットで運用する形や調整イワナガを使った神パで化ける。
    • スズシロ契約2(短縮,スピードLS) 
      CT0の単体3短縮を持つサポートユニット。
      二回行動[強]もあるため、クイック持ちと相性が良い。
      先制が無くなったのは痛手だが、短縮を持つために三千世界の運用は楽。
      もちろん盟約のデメリットも無く、LSもスピードであるなど使い勝手の良さが魅力である。
  • 編成例
    • ヤオヨロズ, 進化コノハナサクヤ, 傀儡, その他
      サクヨロズと呼ばれる系統。汎用性が高い。
      サクヤを傀儡してのギガバフ起死回生全体や、サクヤを盾にしながらの傀儡クイックループなど戦術が幅広い。
      速度の確保が難しい事が欠点だったがイワナガヒメの登場で解消可能に
      • ヤオヨロズ, 進化サクヤ, 傀儡, 契約シェムハザ
        クイックサクヨロズ。これはシェムハザ採用によって攻撃手段のスイッチができるタイプ。
        クイックループにより反射にも強く、最初に狙って落としたい敵がいる場合に便利。
        4人中2人が異様に硬いためタゲが分散しても被害が出にくい。
        バフ無しのクイックループ交じりなので攻撃力のLヤオでも問題ない。
        ヤオの削られ方がきついヤコヴや真アポ以外なら満遍なく通用する
      • ヤオヨロズ, 進化サクヤ, 傀儡, ギガバフ
        ギガバフサクヨロズ。キラーもお構いなしの一撃必殺型。
        三千ギガバフ起死回生のやりすぎ感。
        高難易度クエでも超火力により高速周回が可能。
        サクヤ初手は恐らくヤオに短縮を使って起死回生突入と言うパターンになるので、傀儡で素早くギガバフ起死回生をしたいのであればバフ役には2T持続する契約テイルを推奨。
        ただし無敵LSはサクヤが初手短縮で起死回生出来なくなるので助っ人テイルだとNG。
        参考程度ではあるがLSサクヤ、助っ人LSオペラのテイルバフでの三千世界サクヤ起死回生は火神話のヴォルジで取り巻きを即死させつつヴォルジを一発で9割強減らす。
      • L契約イワナガヒメ、契約クシナダヒメ、ヤオヨロズ、進化サクヤ
        高天原のユニットで固めた神PT。ただのテーマデッキに見えるが異様に噛み合う。
        イワナガヒメの神限定のスピード40%LSによりサクヨロズの中では最速の部類。
        先制でイワナガヒメのスピバフ付き防御無視攻撃の他傷95%をサクヤになすり付けることで開幕で壁を完成させつつ加速。
        このパターンではサクヤが初手から再生込みでも起死回生状態になる。
        麻痺持ちが三名なのでハメ性能も高い。
        クシナダの部分は自由に入れ替え可能だが、イワナガヒメの介護用に回復持ちを推奨。
        イワナガのスピバフだけで十分な相手ならばリーダーをサクヤにすると良い。
    • ヤオヨロズ, テラ,傀儡,アタッカー
      テラヨロズと呼ばれる系統。
      キラーを入れた一発の火力はナンバーワンだが耐久力は三千世界の中でも最低というピーキーな構成。
      性質上、即殺の難しい種族キラー無効の相手には向かないがキラー有効なら神話でもワンパンで沈める脳筋型。
      • Lイーリスor進化オペラ,ヤオヨロズ,テラ,契約カナン
        [滅殺]ドラゴンキラーのカナンを使った神話クエの真アポでの一例
        真アポがカナンのギガバフ連撃一発でクリティカルが二回出れば即死(40%LS)、助っ人の攻撃力系LS込みならクリティカル不問でオーバーキルになる
        ヤオの攻ダウンとカナンの呪いの相乗効果で道中での事故は意外に少ない
    • L契約フウリン,ヤオヨロズ,クイック,他
      サクヨロズの亜種だが短縮能力が非常に高くギガバフもあるのでサクヨロズとテラヨロズの中間的存在。
      クイックフウリンで短縮とギガバフを高回転でばら撒くタイプ。
      LSが固定化されるためテラヨロズほどの爆発力は無いがあっちほど極端に脆くも無い。
      クイックでどのユニットを起用するかで最後の一人も決まる
    • ヤオヨロズ、メープル、先制打ち消し、カウントダウンアタッカー
      …闘技場用。高スコアを狙いつつそこそこ勝ちやすい編成。
      ヤオより遅い先制での霊風や重力といった別天候での割り込みがネックだが助っ人をヤオにしたstandby!後出しで天候上書きが可能。
      • 進化メープル,光アドルゴ,進化クラリーチェ,ヤオヨロズ
        先制打ち消しでバリア剥がし→三千世界クイックカウントダウン砲→祝福で生き残った敵にギガバフ30連撃でスコア補強という形。要順番調整。
        アドルゴの部分を先制持ちのミナモやエリザベートなどするとクイック二回行動次第で即壊滅が狙える。
        その場合はヤオヨロズ後出し戦法が使えなくなるが相手に天候を使わせずに倒すか祝福を連撃で処理するだけなのであまり関係ない。
    • Lスズシロ契約2, 契約シェムハザ, 傀儡orクイック, 他
      シェムハザのクイックループを三千世界で強化する形。
      時間が短縮できる分、手間を削減し事故りにくくする効果もあるか。
      • Lスズシロ契約2, 進化樹アリス, 傀儡orクイック, 他
        樹アリスでクイックループするバージョン。
        スズシロの短縮はCT0のため、クイックと合わせてCT遅延のカバーリングが可能。
        こっちだとFSが防御無視では無いのでボロゴや真アポにはダメが通らないので注意。
      • Lスズシロ契約2, 進化樹アリス,契約シェムハザ, 傀儡
        ループするユニットを好みで選べるタイプ。傀儡担当が最速だと傀儡三千世界で展開が速い。
        クイックスズシロの二回行動端数で全体のCT全快や三千世界再展開に期待する。
        何故か樹で固まっているため水相手には一方的だがちょっと火ボスがめんどくさい
      • Lスズシロ契約2, 進化樹アリス, マステマ,傀儡
        マステマで祝福を処理しやすくしたタイプ。
      • Lスズシロ契約2, パンドラ, クイック, クイック
        アタッカーにパンドラを投入する形。
        クイックはスズシロとパンドラの両方に使う。
        短縮はパンドラ以外にそれぞれ一回、三千世界のCTが回復していたらパンドラを短縮か三千世界。
        パンドラ(アタッカー)の部分をシェムハザ等にしても動くが、その場合はスズシロの初手の遅さが少々もどかしい。
    • Lスズシロ契約2, 進化サクヤ, 契約イロハ, クイック
      進化サクヤをスズシロで運用する場合の組み方。
      短縮が二人になってしまうため相性はヤオほど良くはない。安定した運用はできるが火力が結構落ちる。
      これはクイックサクヨロズのヤオ部分を挿げ替えただけの形ではあるが手順が違う。
      構成的に刻印を加味しても先制メープルを除けば最初に動けるであろう契約イロハで傀儡三千世界を展開することでスズシロの足の遅さをカバー。
      クイックをサクヤに→サクヤはイロハを一回短縮後に全体攻撃と自己短縮(闘争本能の有無でアドリブ可)→スズシロでクイック持ちを短縮→イロハでサクヤ傀儡起死回生→クイックをサクヤに… 
      というローテーション
      全体をひたすら撃ちまくるタイプなので祝福、反射、多段バリアに非常に弱いという欠点がある。
  • L進化スコルピオネ, スズシロ契約2, 契約ジェミ&ジェニ, その他
    英雄PT型。Lスズシロでクイックを投入してもいい。

重力PT: 速度半減天候 Edit

天候[重力] → シンシャ, 闇ドロシー
 ・速度2600以下
 ・速度デバフFS
 ・スピードLS
  • 長所
    • 敵の速度を大幅に下げることで敵にほとんど行動させずに一方的に攻撃ができる。
    • 天候持ちが総じて硬く落ちにくい。
    • 特別苦手という相手がいない。詳細不明だが真ルミナスザンドにはあまり効果が無い模様
    • 古いユニットには鈍足が多いので起用枠が広い。
  • 短所
    • 強力なアタッカーがいないと冗長になりやすい。
    • 敵に手順が回らないので属性バリアや無敵、反射が面倒。特に属性バリア。
    • 重力持ちはガチャ限にしかいないので使えるかどうかが助っ人か個々のガチャ運になる。
    • 敵が鈍足交じりだと恩恵が低下する。
    • 三千世界と違いサポーターもステ調整が必須。
  • 中核ユニット:要になる重力を持つユニット
    • グノシス
      契約2では無いグノシスは可もなく不可もなくと言った性能。
      この中では撃たれ弱いので注意。
      このバーションに特に思い入れがあるとかで無ければ契約2を推奨。
    • シンシャ
      祝福[10]なのでしぶとく、重力のCTが他の半分の3で短縮無しでも回る。
      単体高火力FSも持ち壁役とアタッカーを兼ねるため、かなり枠に余裕が生まれる。
      また先制で重力を置けるので場のコントロールもしやすい。
      連撃に弱い部分が唯一の欠点
    • 聖夜ドロシー
      シンプルな高耐久再生持ちで大抵の攻撃に耐え、本体の火力もそこそこ高い。
      ただ、重力用とは言え速度が遅すぎて重力展開が遅れやすい。
      そこをカバーできるのであればと言ったところ。
      恒常枠なので上よりは入手のチャンスが多い。
  • 編成例
    • Lイロハ, シンシャ, イーリス, 他

麻痺PT: 代償無視 Edit

LS[麻痺無効] → フウリン他
 ・代償麻痺FS
  • 長所
    • 代償麻痺系は他のFSよりCTが短く効果が高いものが多い。
    • LS固定になるが色々なPTに組み込める。
    • 麻痺ギミックを無効化できる。

  • 短所
    • LSが固定化されるため速度や素火力が低くなりがち。
    • 中核になるユニットに類似した性能の他候補ユニットが少なく構成が固定されやすい。

  • 中核ユニット:必須では無いが麻痺無効LSかつPT構築で重宝されているユニット
    • 契約フウリン
      代償麻痺と引き換えにCT0の5T短縮とCT1のギガバフに二回行動(強)という怪物サポーター。
      クイックとの相性が絶大なのでクイック持ちも一緒に組み込む形が人気。
    • ジョット
      全体短縮の回転率がとても良いユニット。
      通常の全体短縮ループよりもコンパクトにできる。

  • 編成例
    • L契約フウリン,クイック,傀儡,アタッカー
      麻痺PTではポピュラーな型。
      クイックフウリンで3人を5T短縮+二回行動の端数でアタッカーにギガバフをかけての傀儡。
      • L契約フウリン,クイック,アタッカー,アタッカー
        傀儡が無い場合…と思いきやフウリンの二回行動次第でアタッカー二人にギガバフが回ったりするので侮れない。
        ボスキラー用と取り巻きキラー用で使い分けたい時など
      • L契約フウリン,クイック,アタッカー,サポーター
        回復やデバフでバランスよくまとめるとこんな感じになる。
      • L麻痺無効,進化グリム,他
        短縮をグリムに担当させたタイプ。
        短縮性能自体は落ちるが本人もそこそこの攻撃FS持ちなのでバッファー等を組み込む余地もある。
    • L進化ジョット, 進化ヴァネイト,他
      麻痺PT版アスオペ。だがそれほど傀儡で全体短縮しなくてもFSが回るので短縮以外を傀儡する余裕がある。
      CTにかなり余裕が持てるのでヴァネイトのギガバフも使いやすい。

クイックボルテージ: 高速ボルテージ上げ Edit

ボルテージ,二回行動[強] → ヴァネイト, 光サシャ他
クイック → メープル, シェムハザ, 闇リズ他
傀儡 → ヴァネイト他
  • 編成例
    • L契約フウリン, 契約ヴァネイト, メープル, イロハ
      系統としては上の麻痺パと同じタイプ
      違う点はクイックをヴァネイトに集中させてボルテージを即座に上げると言うこと

全体短縮ループ: 全体短縮持ちを傀儡 Edit

全体CT短縮 → アストリア, 光スフィア, メタトロン, テラ他
傀儡 → イロハ, オペラ, ナユタ, ハーメルン, ジェペート他
  • 長所
    • 長めのCTを持つスキルを連発可能。
    • 中核になるパーツが助っ人枠に出てくる確率が高い。
    • オートでもループが発生しやすく安定する。

  • 短所
    • 安定はするが二名が短縮に行動の多くを割くので回復なども詰めてしまうと火力が低くなりやすい。
    • 中核ユニットに刺さるキラー持ちに対して出しにくい。特に長丁場になりやすい神話級。
    • 短縮持ちか傀儡に状態異常や遅延が入ると戦術が破綻しやすい。
    • 忘却や天候の原初が展開中だと短縮ループ自体ができなくなる。つまるところヤコヴが天敵。

  • 編成例
    • 進化アストリア, 進化オペラ, 他
      俗にいうアスオペ。アスオペのどちらかを所持していれば助っ人利用で比較的楽に組める上に使い勝手がいい。
      この系統は共通して遅延に非常に弱いため注意
      • 契約光スフィア,進化ナユタ,他
        個々の火力は若干落ちるが、状態異常を複数ばら撒ける。
        光スフィアLSでのウォーリアPTにも対応。
    • 進化アストリア, テラ, 他
      傀儡ではなく全体短縮を交互に使うタイプ。これでもOK。
      CT5までのスキルなら無尽蔵に垂れ流せる。
    • 進化アストリア, 進化オペラ, 契約エルヴィー, 契約バステト
      石化ループ。自動蘇生と状態回復付きなので硬いが火力は低め。
      傲慢さんや外地など使える場面が結構多い。

無敵ループ:打消しが居なければ絶対負けない Edit

単体無敵付与:サイクロパス、デモリーシオ、セメトリオス、エステル、アナ
単体引き付け付与:シシル、ブロッカ、水スフィア、ニーナ
短縮役:クロノグスタ、アーカード、テラ、CT0短縮持ち、フウリン、プライヤ

編成例:サイクロパス、シシル、テラ、アタッカー
無敵を付与した味方ユニットに引き付けを行うことで、相手の一切の行動を無効にする編成。
ただし、引き付け、無敵共にステータス上昇効果なので、ユグドラジル、リディ、クラリーチェ等が有する打消しによって無効化されてしまう。なお無敵ループによって神話級プロビデンスを安定攻略可能。最新の神話は雑魚が打消しを持っている場合が極めて多いのでこの戦法は通用しにくくなっている。
とはいえ、筆者も外地とかでたまにお世話になるので使わなくても1セット作っておくのをオススメする。
無敵ループには最低3つのパーツが必要である。
1、単体無敵付与:CT4の、単体に無敵を付与するバフを持ったユニット、このバフはSLv5で持続ターンが1→2に鳴るのであげておくこと。無敵付与役としては、無課金ではサイクロパス、デモリーシオ、セメトリオスが挙げられる。前二つはLSが全体無敵付与なので開幕の事故をなくす事ができる。これらを差別化するのはもう片方のFSだが、サイクロパスは猛毒連撃を持つので祝福削り、耐久に強く、デモリーシオは初期CT持ち高火力全体を持つので貯めてから一気に打ち込むタイプ。セメトリオスは回復を持つので事故への対処がしやすい(といってもバロゲイドをやるのでもなければこいつは使わない)。ガチャ限定では、反射を兼ね備えたエステル、闘争本能と自傷麻痺3ターン超高火力単体をもつアナに分けられる。エステルはリュナ、クラリーチェ、ハウラの持つような全体打ち消し攻撃や、真アポの反射できる単体打消しを反射できるので、無課金ユニットでは無敵ループできないところでも無敵ループが可能になったりする。アナは闘争本能と引き付けで自身への短縮を必要とせず、また無敵バフと自傷麻痺の兼ね合いでノーリスクで高火力攻撃をバンバン叩き込める。また、無敵状態でも効果を受けるCT遅延も闘争本能でカバーできる。
2、単体引き付け付与:CT2の、味方単体に全ての攻撃、デバフ等を引き付けるバフ。これもSLv5で持続ターンが2→3になるので上げる事。無課金で有するシシルとブロッカだが、前者は契約2しか引き付けを持っておらず、契約にはパララゼリスとかを要求するので初心者はめんどくさいと思う。ブロッカは進化でも引き付けを持っている上、フレンドからアーカードとかソニアでも借りればよっぽどクリアできるので比較的楽。とはいえシシルの全体バフもそれなりに使えるので取るべし。
ブロッカは進化で全体回復、契約で自傷スピードデバフ付き大連撃を持つ。進化はセメトリオスと似た感じで、契約は自身に無敵引き付けをしながら祝福削りに使えると思う。
ガチャ限には、元祖引き付けの水スフィア、闘争本能と短縮持ちのニーナが居る。水スフィアは進化で単体蘇生、契約で全体連撃を持つので進化は事故時の保険、契約は祝福削りに使える。ニーナは闘争本能を持つので、自身に引き付ければ短縮いらずで、しかも引き付け枠と短縮枠を兼任できる。
3、短縮役:味方単体のCT短縮をするための役。ニーナを用意できるならいらない。
無敵付与、引き付け共に短縮無しでは味方単体に無敵バフと引き付けバフが同時にかかっている状態をキープできない。そのため短縮は必須である。この枠はひたすら短縮に徹さないといけないので、CT0か1の短縮スキルを持ったユニットを用意できないとループが維持できない。無課金では簡単に取れるクロノグスタ。こいつは進化でCT0短縮を持つのでこれを使う。耐久がゴミだが無敵ループなので事故でもしない限り問題ない。アーカードは2回行動[強]とCT0短縮を併せ持つ無課金の星。アーカードの行動回数が上ぶれれば連撃も撃てる・・・が、こいつは盟約で何もしなくても死んでいくのでもたもたやってると御臨終してしまう。アーカードに無敵引き付けしようにも2回行動[強]が有るので無理。テラは全体短縮とギガバフを併せ持つので、テラ自身に無敵ループをしてやると、テラも自傷で落ちずに安定して短縮を回せる。
ガチャ限に居るCT0短縮持ちユニットはどれでも使えると思うが、なるべく2回行動[強]が有るほうがCT維持が楽になる。
フウリンは、自身をリーダーにすえる必要があるが、2回行動[強]とCT0の5ターン短縮、ギガバフを持つので使いやすい。プライヤは、他傷50%CT05ターン短縮を持つ。無敵を付与したユニットを他傷先にしてやればノーリスクで短縮を使える。
これらのユニットを組み合わせた上で、無敵と引き付けバフを常に維持するよう意識しながら立ち回ろう。習うより慣れろ、である。

 

闘技場ハイスコアPT: 高倍率全体カウントダウン攻撃 Edit

LS[攻撃力UP] → 光アドルゴ、ミナモ他
 ・ギガバフ、クリバフ
  • 長所
    • キラー、属性を選ばずにハイスコアを出せる。
    • その気になれば無料ユニットだけで編成可能。
    • 成功すればおよそ20万というハイスコアが出る。SSランク維持も余裕。

  • 短所
    • LSが攻撃UPの為スピードLSや無敵に弱い。
    • 勝率が悪い。連勝中には狙いにくい。
    • 相手に起死回生の祝福持ちがいると危険。

  • 編成例
    • L光アドルゴ、テラ、進化ベアトリエ、顕現ヴァーレンハイト(助っ人枠)
      無課金編成。それでも揃えるには相応の時間と苦労が必要。
      1、ヴァーレンハイトが先制で全体沈黙を撃ち込む。
      2、ベアトリエがスピードダウン攻撃を撃ち込む。
      3、テラが短縮を使う。
      4、アドルゴがカウントダウン攻撃。
      あとは沈黙やバリアで凌ぎつつカウントダウンが1になったらギガバフ、クリバフをかければ成功。
      約7〜80000*4ダメージが相手を襲う。勝利すればSS維持スコア確定。


コメント Edit

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 適当に作成。 引き付け無敵とか反射とかよくわからんので頼む -- 2017-11-19 (日) 15:41:02
  • いやこのページいらんやろ、○○がいないって荒れるもとになりかねんし -- 2017-11-20 (月) 20:32:35
  • 編成例はあると助かるけどね。参考にもなるし -- 2017-11-28 (火) 13:29:21
  • 無敵引き付け追加。変な点があれば指摘お願いします -- 2017-12-11 (月) 03:37:05
    • テラに無敵かけての無敵ループってかなりきついような。すぐ無敵や引き付けが切れて破綻しない?    あと一応、キャットが無敵付与、リオが引き付け -- 2018-01-15 (月) 20:54:45
  • ちょっと長すぎてわかりにくくなってる気がする -- 2017-12-12 (火) 03:26:29
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White