Top > サーバーの建て方
HTML convert time to 2.999 sec.


サーバーの建て方

Last-modified: 2014-10-11 (土) 17:09:38

12/08/25
いつまでも記述無いのもアレなのでとりあえず置いておきます。
適宜、修正更新して下さい。
https://developer.valvesoftware.com/wiki/SteamCMD
が解りやすいです

Windows(C:\srcds にインストールする例)

http://blog.counter-strike.net/wp-content/uploads//2012/04/steamcmd.zip
DLして解凍して steamcmd.exe 実行

プロンプトが立ち上がって
Steam>
と入力待機状態になるので

Steam>login "スチームのユーザーID" "パスワード"
と入力。
※普段ログインしないPCからログインするとスチームガードで弾かれるので
登録されてるメールアドレスに来る認証コードを"パスワード"の後ろに付け足す。

Logging in user 'スチームのユーザーID' to Steam Public...Success.
と表示されればログイン成功

次に
force_install_dir C:\srcds\csgo
と入力してインスコ先設定

app_update 740 validate
で、インスコ実行、終わるまで待つ

Success! App '740' fully installed. 
と表示されればインスコ終了。
quit
で必ず終了させること(重要)

C:\srcds\csgo\srcds.exe
をALTキー押しながらドラッグでショートカット作成
そのショートカットをALTキー押しながらダブルクリックでプロパティ

リンク先の設定例(CUI)
C:\srcds\csgo\srcds.exe
から
C:\srcds\csgo\srcds.exe -game csgo +mapgroup mg_bomb +map de_dust2 +port 27015 +mapgroup mg_bomb +sv_lan 0 +maxplayers 12 -console -usercon -tickrate 128
でリンクから起動。

とりあえずこれで入れるのは確認した。(自分の鯖が公開されててもLANタブに表示されるのは仕様なので注意)
GUIで起動する場合は -console を削除すればおk
ただmapgroupとかは指定しないと立ってもちゃんとゲーム出来ないっぽい

最後にポート開放、27015、TCPじゃなくてUDPね


Linux(/srcds/csgo にインストールする例)
http://blog.five-seven.net/?p=107
も参考されたし

ディレクトリ作成

mkdir /srcds 



公式プログラムをDL

wget http://media.steampowered.com/client/steamcmd_linux.tar.gz



解凍展開

tar xvfz steamcmd.tar.gz



実行権限付加

chmod +x steam.sh



実行

STEAMEXE=steamcmd ./steam.sh



Steam ID と パスワードでログイン

login <username> <password>



※普段ログインしないPCからログインするとスチームガードで弾かれるので
登録されてるメールアドレスに来る認証コードを"パスワード"の後ろに付け足す。

login <username> <password> <steam guard code>



ログインに成功すると以下の樣に表示される

Logging in user 'スチームのユーザーID' to Steam Public...Success.



以下の様に表示され入力待機状態となる(表示されない場合もある)

Steam>



インストールディレクトリを指定

force_install_dir /srcds/csgo



インストール実行

app_update 740 validate



以下の樣に表示されれば終了

Success! App '740' fully installed. 



必ずquitで終了させること(重要)

quit



実行権限付加

chmod +x /srcds/csgo/srcds_run



実行例

/srcds/csgo/./srcds_run -game csgo +mapgroup mg_bomb +map de_dust2 port 27015 +sv_lan 0



終了時

exit



SRCDSはフォアグラウンドとして起動されコンソールが専有されるので
awk と screen を利用してデーモンとして管理する



各種インストール

yum install -y awk screen



導入確認

awk
screen (CTRL+A,D で抜ける)



デーモンプログラム作成(ディストリによっては/etc/init.d/)

vi /etc/rc.d/init.d/srcds


#! /bin/bash
#
# Start the Counter-Strike: Source dedicated server.
#
# AUTHORS :
#
# Julien Escario ( [email protected] )
# &
# Cedric Rochat ( [email protected] )
# &
# Cmdr._Firewalker ( [email protected] )
# Default-Start:  2 3 4 5
# Default-Stop:   0 1 6
# chkconfig: 2345 44 56
# Description: srcds
#
# ===========================================
#
# What you need:
#
# Linux :)
# awk
# screen
# the srcds_l & cstrike files (obtainable via steam)
#
# How to use:
#
# Edit the CS_USER-Var to the user running your cs-servers
# Edit the DIR-Var to fit your system (just contains the path to the dir that contains srcds_run)
# Edit the PARAMS-Var to fit your needs
# - standard is startup as internet server
# if you use multiple scripts on one system you should change the NAME-var (otherwise  
#   all will be stopped if you run the script with "stop", and status will be useless)
#
# When this is done, copy the file to /etc/rc.d/init.d (or whereever your system stores the
# scripts for starting the services) and set the execute permission.
# Now you can link the script to your runlevel-dir, here's an example for runlevel 3:
# ln -s /etc/rc.d/init.d/srcds /etc/rc.d/rc3.d/S90srcds
# ln -s /etc/rc.d/init.d/srcds /etc/rc.d/rc3.d/K50srcds
# or use update-rc.d if you got a system using that tool (like Debian, see manpage)
#
# Or use it manually like:
# ./srcds start
# ./srcds stop
#
# To see the server-console start the script with the parameter "watch".
#
# DOC by jwm ([email protected])
# 
# 12/08/25
# chkconfig 対応 & 日本語訳
# by niu
# !!!!!!!!!!!!!! CHANGE THIS TO THE USER YOU USE FOR YOUR SERVER !!!!!!!!!!!!!!!
# 実行するユーザー名8
CS_USER=root

PATH=/bin:/usr/bin:/sbin:/usr/sbin

# DON'T FORGET TO CHANGE THE PATH TO YOUR NEEDS!
DIR=/srcds/csgo

DAEMON=srcds_run

# LAN server:
# PARAMS="-game cstrike -nomaster -insecure +sv_lan 1 +maxplayers 16 +map de_dust"
# Internet server:
PARAMS="-game csgo +mapgroup mg_bomb +map de_dust2 port 27015 +sv_lan 0 -steamcmd_script /srcds/csgo/update.txt $CS_USER"

NAME=csgoserver
DESC="CS:GO dedicated server"

# No edits (should be) necessary beyond this line

if [ ! -x `which awk` ]; then echo "このスクリプトにはawkが必要です"; exit 1; fi
if [ ! -x `which screen` ]; then echo "このスクリプトにはscreenが必要です"; exit 1; fi

if [ `whoami` = root ]
then
 usagetype=root
else
 usagetype=nonroot
fi

start() {
   if [ ! -d $DIR ]; then echo "ディレクトリが見つかりません: $DIR!";  exit 1; fi
   if [ ! -x $DIR/$DAEMON ]; then echo "$DIR/$DAEMON が見つからないか実行出来ません。"; exit 1; fi
   if status; then echo " ... $DESC: $NAME は既に実行されています。"; exit 1; fi

   case "$usagetype" in
   root)
    su - $CS_USER -c "cd $DIR ; screen -AmdS $NAME ./$DAEMON $PARAMS"
   ;;
   nonroot)
    cd $DIR ; screen -AmdS $NAME ./$DAEMON $PARAMS
   ;;
   esac

}

stop () {
   if ! status; then echo " ... $DESC $NAME が見つからないか、恐らく起動していません。"; exit 1; fi

   case "$usagetype" in
   root)
    mp=$(su - $CS_USER -c "screen -ls" | awk -F . "\$2 ~ /^$NAME[[:space:]].*/ {print \$1}" | awk '{print $1}')
    su - $CS_USER -c "screen -r $tmp -X quit"
   ;;
   nonroot)
    screen -r $(screen -ls | awk -F . "\$2 ~ /^$NAME[[:space:]].*/ {print \$1}" | awk '{print $1}') -X quit
   ;;
   esac
}

status () {
   case "$usagetype" in
   root)
    su - $CS_USER -c "screen -ls" | grep [.]$NAME[[:space:]] > /dev/null
   ;;
   nonroot)
    screen -ls | grep [.]$NAME[[:space:]] > /dev/null
   ;;
   esac
}

watch () {
   if ! status; then echo "$DESC $NAME が見つからないか、恐らく動作していません"; exit 1; fi

   case "$usagetype" in
   root)
    tmp=$(su - $CS_USER -c "screen -ls" | awk -F . "\$2 ~ /^$NAME[[:space:]].*/ {print \$1}" | awk '{print $1}')
    su - $CS_USER -c "screen -r $tmp"
   ;;
   nonroot)
    screen -r $(screen -ls | awk -F . "\$2 ~ /^$NAME[[:space:]].*/ {print \$1}" | awk '{print $1}')
   ;;
   esac
}

case "$1" in
 start)
  echo "起動中 $DESC: $NAME"
  start
  echo " ... 完了!"
 ;;

 stop)
  echo "停止中 $DESC: $NAME"
  stop
  echo " ... 完了!"
 ;;

 restart)
  echo "再起動中 $DESC: $NAME"
  status && stop
  start
  echo " ... 完了!"
 ;;

 status)
  if status
  then echo "$DESC: $NAME は起動しています" 
  else echo "$DESC: $NAME は停止しています"
  fi
 ;;
 watch)
  watch
 ;;

 *)
   echo "使い方: $0 {start|stop|status|restart|watch}\nwatch から戻る際は ctrl-a,d と入力して下さい"
   exit 1
   ;;

esac


exit 0



アップデートスクリプト作成(参考: thiry氏 http://blog.five-seven.net/ )

vi /srcds/csgo/update.txt

login あなたのsteamID パスワード
force_install_dir /srcds/csgo
app_update 740
quit



実行権限付加

chmod +x /etc/rc.d/init.d/srcds



起動

/etc/rc.d/init.d/srcds start



停止

/etc/rc.d/init.d/srcds stop



再起動

/etc/rc.d/init.d/srcds restart



実行中のコンソールを見る(元に戻る場合はCTRL+A,Dで戻ります。)

/etc/rc.d/init.d/srcds watch
or
screen -ls
でプロセスID取得
screen -r プロセスID
で復元



自動起動設定、確認(2-5起動)

chkconfig srcds on
chkconfig srcds --list
srcds           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off



自動リスタート例

crontab -e
以下追記(例では毎朝6時に再起動をかける)
00 6 * * * /etc/rc.d/init.d/srcds restart



ポート開放(iptables 例)

iptables -A INPUT -p udp -m udp --dport 27015 -j ACCEPT



iptables 再起動(ディストリによっては/etc/init.d/iptables)

/etc/rc.d/init.d/iptables save
/etc/rc.d/init.d/iptables restart



nmap を利用したUDPポート開放確認例(※プログラムを起動してから確認すること)

nmap localhost -sU -p 27015



''''



''''



''''



''''

#