Top > ピストル > CZ75-Auto
HTML convert time to 0.002 sec.


ピストル/CZ75-Auto

Last-modified: 2017-06-27 (火) 01:03:32

CZ75-Auto ($500) Edit

CZ75-Auto.jpg
ダメージ表

部位防具無し防具有り
131101
胸&腕3225
4031
24

(1/9 現在)
・装填数12発
・保持総弾数12発
・kill報酬100$(カジュアル50$)

至近距離なら相手がヘルメットを装備していてもヘッドショット一撃で倒すことが可能。
唯一フルオートのピストルではあるが、残念ながらその利点を生かしにくいだろう。

なぜなら、発射可能になるまでの速度がAWPよりも遅く、リロード速度が全ピストル中一番長い。
おまけに装弾数、予備弾数共に12発の合計24発と弾がとても少ない。
そのため乱射はできず、キルリワードが100$(カジュアルだと50$)など
初期と比べるとかなりマイルド化された。

ヘルメット装備時のダメージは101となっているが、距離が離れると威力が減るため本当にほぼ密着するくらいの近距離でないとヘルメット装備の相手をヘッドショット一撃で倒すことができない。そのため、角などで敵を待っていても決め打ちを喰らえば致命傷を与えられずに倒されることもしばしば。

活躍できる場面がアップデートで減り、使用者がかなり減ってしまった。

この武器を使う場合

  • 確実に仕留められる距離で交戦
  • 交戦距離が遠い場合、しっかりとリロードできる場所がある
  • 弾数が少ないので管理をきちんとする
  • できるだけ短時間で決着をつける

など、他のハンドガンよりも立ち回りを考えるべきである。

このように一見欠点ばかりのように思えるが、リコイルやタップ撃ちの命中精度は殆どP250と同じで、
単発でしっかり狙えばP250とほぼ同じくらいの正確さになる。
ただし、フルオート時はAK-47並みにブレるため、至近距離以外での安易なスプレーショットは厳禁。

弾数も考えると普段慎重に狙い、至近距離の対応力が欲しいと言う人にオススメ。

構えるのが遅いとは言え一旦射撃可能になればよく、
とくにCTサイドではエコラウンドでそれなりに活躍することができる。
倒した相手の武器を拾えば弾数も気にする必要はなくなる。

かなり癖が強く、とても初心者向けとは言いがたい武器だが、
しっかりと特徴を押さえて使いこなすことができれば活躍の場はある。

9月2日のアップデートで装備スロットがTec-9/Five-SeveNに移動され価格も同じ$500に変更された。
12月11日のアップデートで取り出し時間が約2倍に増加。また、1マガジンが12発から8発に変更。
連射速度、威力ともに微減。武器のkill報酬が$300→$100に減少。
1月8日のアップデートで装弾数が12発に戻った。