Top > PF_Guide_A
HTML convert time to 0.005 sec.


【A】キャラクターのイメージを考える

Last-modified: 2017-03-08 (水) 00:27:46

プレイヤー・キャラクターの作るにはまず、キャラクターのイメージを固めましょう。あなたが遊びたいと考えているのは、どんなキャラクターでしょうか?
 キャラクターのイメージは身につけた能力をあらわす「クラス」、生まれをあらわす「種族」、と個人的な特徴をあらわす「能力値」、そして身にまとう「装備品」の組み合わせで決まります。まずは、このクラスと種族、装備品にどんなものがあるのかざっとみてみましょう。

 

このとき、それぞれのプレイヤーが作るキャラクターの役割をまず決めておきましょう。パスファインダーRPGはプレイヤーキャラクター達が協力して冒険するゲームです。似たキャラクターばかりだと、お互いの活躍どころを取り合いになってしまいますし、場合によっては目の前の困難に対して誰も解決できないことになるかもしれません。それぞれのプレイヤーがタイプの違うキャラクターを用意することで、上手く協力してゲームを進めやすくなります。

 

【ゲーム中の役割】
・前衛タイプ:戦闘で最前線に立って味方を守り、敵に切り込んでいく役割です。
・技能タイプ:聞き込みや偵察で危険に対処、戦闘以外での活躍が多い役割です。
・信仰タイプ:仲間を強化し、ダメージを受けたら回復を担う役割です。
・秘術タイプ:魔法でいろんな問題を解消し、敵をまとめて始末する役割です。

 

始めにはクラスを検討します。


【クラス】
クラスはあなたのキャラクターがどのような能力を身につけてきたかの経歴をあらわすものです。それぞれのクラスによってゲーム中で発揮する様々な能力を得られます。

 

(基本4クラス)

クラス名役割メイン能力値サブ能力値
ファイター前衛筋力耐久力、敏捷力
ローグ技能敏捷力耐久力 
クレリック信仰判断力魅力、耐久力
ウィザード秘術知力耐久力、敏捷力

これら4つのクラスは、先ほどの4つの役割のそれぞれを担う最も典型的なクラスです。遊びやすこともあり、これらのクラスは基本4クラスと呼ばれることがあります。初めてパスファインダーを遊ばれる方はこの中からクラスを選ぶことをお勧めします。
 表に記載されている「能力値」については次の項で説明します。

 
クラス名役割メイン能力値サブ能力値 
バーバリアン前衛筋力耐久力、敏捷力
パラディン前衛筋力魅力、耐久力
モンク前衛または技能筋力判断力、敏捷力、耐久力
レンジャー前衛または技能筋力または敏捷耐久力、判断力
ドルイド信仰判断力耐久力 
ソーサラー秘術魅力耐久力、敏捷力
バード秘術または技能魅力耐久力、敏捷または筋力

これらのクラスは、基本4クラスと比べて独自の強さを持っているものの、複数の役割を兼ねていたり、使用ルールの数が多いため、プレイするのに少々コツがいります。とはいえ上手くプレイできたときは目をみはる活躍ができるクラスです。

 

ファイター(前衛タイプ;筋力>耐久力、敏捷力)
ファイターは戦闘の専門家です。重い防具に身を包んで最前線で味方を守り、強力な武器を振るって敵を倒します。
 とはいえ実際のファイターにはいろんなスタイルの戦士がいます。あなたは訓練を積んだ兵士かもしれませんし、用心深い傭兵、死線を潜り抜けた剣闘士、喧嘩っ早い用心棒かもしれません。

 

ローグ(技能タイプ;敏捷力>耐久力)
ローグは身につけた技と機知で戦うならず者です。偵察して罠や潜んだ敵の危険を取り除き、裏情報や気難しい相手との交渉を行い、戦いのときには、その素早さで敵を翻弄しながら戦います。
 ローグにはさまざまなキャラクターがいます。あなたは犯罪組織に縁のある盗賊かもしれませんし、あるいは遺跡発掘する探検者、偵察兵、警察に雇われた密偵かもしれません。

 

クレリック(信仰タイプ;判断>魅力、耐久力)
クレリックは神へ祈りを捧げ、奇跡を起こす力を授かった神官です。味方を手助けする様々な呪文と、回復を行う正のエネルギー放出によって仲間を助けます。また、良い防具を身につけることができることから、前線に加わって戦うことも可能です。ゾンビや骸骨のようなアンデットモンスター退治の専門家でもあります。
 あなたがどんなクレリックであるかは信仰している神によって大きく違います。癒しと光明をもたらす太陽神の司祭かもしれませんし、正義の神を奉じる神官戦士、旅装で放浪する旅の神の巡礼、死の神に仕える墓守かもしれません。

 

ウィザード(信仰タイプ;判断>魅力、耐久力)
ウィザードは学習と研究で身につけた知識で秘術を操る魔法使いです。幅広い知識は冒険の手がかりとなり、便利呪文は困難な問題に思わぬ解決策を与え、戦闘では群がる敵を攻撃呪文で一網打尽にします。不可能を可能にするのが、ウィザードです。
 ウィザードにはさまざまなキャラクターがいます。あなたは伝説の探索に赴く魔法研究者かもしれませんし、魔法学校の寮生、使い魔の黒猫を連れた魔女、マッド錬金術師かもしれません。

 

(他のクラスについてはまた後ほどに)

 

【能力値】
 「能力値」はキャラクターの適性や才能を表現する6つ数値です。
 クラスごとに重要な能力値があり、PCはその能力値が高いことが望ましいです。
 クラスで重要な能力値が上がる種族はそのクラスに向いています。

能力値(略称)能力値の示す内容
筋力(Str)力の強さです。武器で戦うときや、運動をするときに重要です
敏捷力(Dex)動きの速さと手先の器用さを表します
耐久力(Con)頑丈さと持久力を表します
知力(Int)頭の良さと記憶力を表します
判断力(Wiz)意志の固さと、注意深さを表します
魅力(Chr)周囲への印象の強さと社交性を表します
 

次に種族を検討します。


【種族】
あなたのキャラクターをどんな種族で遊ぶのかの検討します。

種族名能力値の修正 体格
人間任意の能力値一つに+2中型
エルフ敏捷力+2、知力+2、耐久-2中型
ドワーフ耐久力+2、判断力+2、魅力-2中型
ハーフリング敏捷力+2、魅力+2、筋力-2小型
ハーフエルフ任意の能力値一つに+2中型
ハーフオーク任意の能力値一つに+2中型
ノーム耐久力+2、魅力+2、筋力-2小型
 

人間 (任意の能力値一つに+2; 中型)
 人間です。どんなクラスにも適応できる柔軟性を持ちます。
 人間は大きな国を作り、大抵の冒険舞台で主要な種族になっています。

 

エルフ (敏捷力+2、知力+2、耐久-2; 中型)
 素早くて優美、長生きな森の種族です。高い知性と弓の技を身につけています。

 

ドワーフ (耐久力+2、判断力+2、魅力-2; 中型)
 ドワーフは山岳に切り開いた地下都市に住んでいるずんぐりとした体形の人々です。
 驚くほどにタフで頑固、酒好きで、斧やハンマーを好んで武器に使います。

 

ハーフリング (敏捷力+2、魅力+2、筋力-2; 小型)
 ハーフリングは身長70〜80cmほどの素早くて陽気な小人です。
 普段は陽気な彼らですが、危険を前にしたときにはその勇敢さと忍びの才能を発揮します。

 

ハーフエルフ (任意の能力値一つに+2、 中型)
 人間とエルフ、両方血を引いた人々です。両親の特徴を引き継ぎ、柔軟性を持って多才です。

 

ハーフオーク (任意の能力値一つに+2、中型)
 人間とオークの血を引いた人物です。
 様々な状況に対応できる柔軟性と、致命傷をかえりみずに戦う凶暴性を併せ持ちます。

 

ノーム (耐久力+2、魅力+2、筋力-2; 小型)
 地下に住む身長70〜80cmほどの小人です。
 力は弱いけれどもタフで陽気、生まれつき幻を操ることができ、奇妙なユーモアを持ちます。

 

最後に持っているものに見当をつけます。


 
【装備】
キャラクターはどんな装備を身にまとっているのでしょうか?

 

剣と盾と手に持ち、鎧に身を固めているでしょうか?
あるいは両手斧を構えて毛皮の鎧をかぶっている、皮鎧に短剣を隠し持っていたり、
ローブをまとって杖を手にしているかもしれません。

 

どんな装備をしているかはキャラクターのイメージにおおきくに影響します。
実際にはクラス能力に大いに影響されますが、ある程度は考えておくとあとがスムーズになります。

 

ガイドのトップに戻る