Top > 【グランドクロス】
HTML convert time to 0.003 sec.


【グランドクロス】

Last-modified: 2017-08-21 (月) 16:40:55

概要 Edit

DQ6で初出の特技。パラディンの奥義的な扱いだった。
またダークドレアムもこれを使い、その代名詞的な技となっていた。
 
本作では【デュラン】【ダークドレアム】【暴虐の悪夢】の特技。
Ver3.1後期から、プレイヤーもチャンスとくぎとして使用可能になった。
ただし、敵サイドと味方サイドで性質は大きく異なる。

敵サイド Edit

自分の剣を二つに分離させ、右の剣は左脇に、左の剣は手首を大きくしならせて背後に置いて溜めを作った後*1、飛び上がって上空から十字を刻む。
対象を中心とした広範囲へ、通常攻撃の2.5倍程度の【風属性】物理攻撃を2回行う。
当初はエフェクト通りの十字型範囲と言われていたが、実際には純粋な円形範囲の斬撃である。
 
一撃あたり800〜1200以上の攻撃を2回行うため、【聖女の守り】はほとんど意味を成さず、食らうとほぼ間違いなく即死である。
生存するためには極端に風耐性を上げるか、ボディーガードを使うか、聖女とガードまたは身かわしが同時に発生する必要がある。
範囲も異様に広いので、対象者からは距離をしっかりとるようにしたい。HPが減ってからはこれをターンエンドで使うこともあるので要注意。

サポート仲間は避けようとする行動は取るが、技の硬直中で避けられない事が多く、サポ同士が固まって行動することが多いので、回避が間に合わずに複数人でまとめて食らいやすい。
 
ダークドレアムはHPが半分以下になると使い始める。
デュランは自分以外の四諸侯が健在だと最初から容赦なく使ってくるが、デュラン以外の3体全員が倒されているとHP60%以下になってから使い始める。
またデュランは【幻惑】が通じるので命中率を下げることが可能なほか、【MPブレイク】でMP(999)を枯渇させるという戦法もある。
 
しかし、本当に半端なく範囲が広いので、どれだけ順調に進めていてもこれ一発で全てひっくり返される事もしばしば。
特に【邪神の宮殿】の「○人以上死んではならない」のルールがある獄でこれを使われると一発で終了してポカーンとなる事がしょっちゅうある。

味方サイド Edit

使用できる職業は【武闘家】【盗賊】【旅芸人】【バトルマスター】【パラディン】【スーパースター】【どうぐ使い】【踊り子】の8職。
最も多くの職業で使えるチャンス特技。
 
対象を中心に大きく十字を刻み、周囲を含めて326〜424の風属性ダメージを2回与え、同時に雷属性耐性低下を付与する。
通常の特技と同様にバトマス、踊り子が二刀流で使用した場合+1ヒットされる。
テンションは乗るが、多段攻撃技の例によって1ヒット目のみ有効。
また、敵が使用するものと違って武器・盾ガードで防がれず、さらに【打撃完全ガード】を貫通する性質がある。
対象周囲範囲ではあるが、さすがにドレアムやデュランが使ってくるものよりは範囲は狭く、エフェクトも控えめ。
 
雷耐性ダウンの基本成功率は高く、しかも1ヒット毎に判定がある。
さらに二刀流でヒット数を増やしたり短剣・ムチスキルの【状態異常成功率アップ】を併用したりすれば多少耐性があっても高確率で成功するようになる。
特に雷属性武器を内包する短剣とのシナジーは強烈。魔法使い以外の全ての短剣職で使えるのも嬉しいところ。
また、元々の使い手だったパラディンにとっては【キラークリムゾン】戦の強力なダメージソースになり得るうえ、槍持ちならこの後ジゴスパークや雷鳴突きへとコンボが可能である。
 
同じチャンス特技の【ドラゴンソウル】は雷属性攻撃+風耐性ダウンの効果となっているため、属性面では対になっている。
あちらはガードされることがあるものの単体単段攻撃となっているので、両方扱える職は属性の他範囲やテンションの有無も考慮してうまく使い分けたいところ。
 
過去作ではゾンビ系に対する特攻効果があったが本作にその仕様はない模様。風属性なのでシステム的にゾンビ系に特別強いという訳でもない。

元ネタ Edit

グランドクロス(grand cross)とは西洋占星術用語で、「大十字」と訳される。
ホロスコープ(天体配置図)上で惑星が十字上に並ぶ現象を言い、凶作用がきわめて大きいとされる。
 
なおDQ6発売当時(1995年)の日本では、80年代から後藤勉の本で有名だったノストラダムスの「1999年の7の月」の予言への恐怖がジワジワと高まっており、世紀末ということでヨハネ黙示録と重ねて理解されていた。
加えて、1999年8月がグランドクロスに当たっていたため、「惑星配置による重力の影響でポールシフト(極移動)が起きる」等々、俺たちのMMRほか各種メディアで盛んに取り上げられていた。(実際には何もなかった……。)
黙示録の「裁き」のイメージから、パラディンの最強特技として採用されたものだろう。
 
ただし宇宙空間で惑星が本当に十字に並ぶかというと、ホロスコープは宇宙空間と縮尺が違い過ぎて、実際には20°ほどの誤差をとってやっと十字と見做せる程度らしい。十字はあくまでもホロスコープ上だけの話であるようだ。







*1 星皇十字剣を左右反転したような構え