Top > 【せかいじゅのしずく】
HTML convert time to 0.009 sec.


【せかいじゅのしずく】

Last-modified: 2017-10-07 (土) 10:02:58

概要 Edit

世界樹の雫。【せかいじゅのは】を浸した液体であり、味方全員のHPを最大まで回復させるアイテム。
【ベホマズン】と同じ効果であり、習得者が限られていたり消費MPが多いベホマズンの代用品として有用。
DQ4以降のシリーズとモンスターズに登場。
ちなみに飲用するのではなく、周囲に振りまくことで霧のように味方を包み込み、その傷を回復するのだという。
この使用法だと、近くにいる敵まで回復してしまったり、逆に離れた場所にいる味方がハブられたりしそうだが……
 
宝箱から入手したり【スライムベホマズン】がドロップしたりすることもあるが、作品によっては無料で手に入ったり購入できたりする。
ただし世界樹の葉の名残かバランス調整か、敵からのドロップ以外の入手方法は、
既に1つでも持っていると手に入らないようになっている事が殆ど。
 
ここぞと思ったら躊躇なく使用するべきだが、どうしても勿体ないと思ってしまったり、存在自体を忘れられてそのまま袋の肥やしになる場合も多々ある。
 
天空シリーズでは、いずれも【天空城】(DQ6では、その前身である【ゼニスの城】)の同じ場所で貰えることが、お互いの世界のつながりの裏付けとなっている。

DQ4 Edit

本作が初登場。
【世界樹】の宝箱から1つ、【天空城】【ミニデーモン】からもう1つ貰えるだけ、という希少アイテム。
 
世界樹の宝箱から既に1つ入手している場合でも、天空城のミニデーモンに話し掛ければ最初の1回目だけはもう1つ貰えるが、この最初の1回目を貰う際にパーティ全員の道具欄に空きが無いと貰えなくなってしまう。
その後、道具欄にいくら空きを作っても、内部データでは『一度話し掛けた=最初の1回目を貰った』と処理されてしまい、以降永久に2つ所持するチャンスを失ってしまうので、天空城で貰う際はパーティ全員の道具欄に注意しよう。
同時に持てる数は最大でも2個までで、同様の仕組みである【せかいじゅのは】とは違い、【透明気球】を駆使してもこれ以上は入手できない。(【てんくうのたて】がないと天空城には行けないため)
 
戦闘中の使用効果はベホマズンと同じだが、ベホマズンと違って移動中も使用することができ、その場合は馬車内も含めた全員が回復する。
とは言え、これほどの希少アイテムを移動中に使用するのは少々もったいない。
 
なのだが実はこれ今作ではほとんど使用機会がない。
なぜなら仲間に持たせても【いろいろやろうぜ】以外の作戦では絶対使ってくれず、「いろいろやろうぜ」だとHP条件に関係なくランダムで使用するため、ほぼ無駄に消費するだけ。
何よりこれを使用する以外の無駄な行動が増え、いつ使ってくれるかもわからないため、相当な博打になる。
よって戦闘中に使うには勇者に持たせておく必要があるのだが、勇者は闇の世界に入る直前あたりでベホマズンを習得できてしまう。
MP温存目的で超貴重アイテムであるこれを使ってしまうというのも気が引けるところで、それならば素直に【いのりのゆびわ】で随時MPを回復した方が断然お得である。
更にいえば勇者は素早さが低めなので、【ほしふるうでわ】無しではピンチの時に使おうとしても敵が先に行動して瀕死の仲間に止めを刺されたり、逆に他の仲間が回復呪文を使って結局無駄にしてしまうことも。
あえて使いどころをあげるなら勇者が【モシャス】を使ってベホマズンを使えなくなった時くらいだろうか。
これも勇者に【けんじゃのいし】さえ持たせておけば十分カバー可能な話ではあるが。
逆に、「いろいろやろうぜ」以外の作戦では勝手に無駄遣いもしないので、勇者の道具欄に空きがなくても安心して仲間に持たせておける。

リメイク版 Edit

移民の町の通常型最終段階(及び【レディースタウン】)や隠しダンジョンでも入手できる。また仲間に命令できるようになったので、素早い【アリーナ】に持たせておけばいざというとき役に立つかも。

DQ5 Edit

性能は前作と全く同じ。
前作とは違い、入手方法は天空城のみで、完全に1個しか所持できない。
また、本作では手渡しではなく、水場を調べて入手する方法なので、見落とさないこと。
希少とは言え、使い終わった後に来れば何度でも貰うことができる。
どうあがいても1個しか所持できないので、逆に気にせず使っていける。
なお、AIが必要と判断したら遠慮なく使うようになったので、仲間に持たせる際には注意。

リメイク版 Edit

クリア後の【謎のすごろく場】で合計3つ入手可能(メインルート、すごろくダンジョン、氷床型宝物庫でそれぞれ1つ)。
入手は難しいが、天空城で先に1つ入手しておけば合計4つまで持てるので、【エスターク】15ターン以内撃破で有利に。
 
ただし、逆に複数所持できることが、通常時の使用を躊躇させる原因にもなっている。
クリアフラグを立てるまでは1個しか入手できないので、1回目のラスボス戦で使ってしまっても、上記のすごろく場に行く前に天空城で再入手すれば問題はない。

DQ6 Edit

前作と同じく、最大入手個数は1個。
先述の通り、【ゼニスの城】で何度でも入手できる。
HPがインフレしたこともあり、いざというときは積極的に使ってよいだろう。
本作のAIは道具を一切使わないので、当然これも使わない。

DQ7 Edit

【クレージュ】の世界樹の雫の店で1000Gで買うことができるが、行列ができており、1団体につき1つしか買えない。
既に世界樹の雫を持っている状態で並んでいると、自分たちの番になったところで売り切れてしまう。
これは移民の町【プレミアムバザー】形態の肉屋も同じである。
ただし売り切れる条件は「先頭キャラまたは袋に世界樹の雫を1つでも持っている」ことであり、
他の3人はチェックされないという抜け穴がある。
なので購入→渡す→購入→渡す……を繰り返すと複数買うことができ、最大37個持つことができる。
時間は1時間近くかかるため実用性はないかと思いきや、PS版では攻撃が非常に激しく且つターン短縮が求められる【神さま】戦での回復に必須。
そうでなくても保険として1個は持っておくと良い。
ただ、7は物価が高くて金を貯めにくい上、【ゴールドマン】【ゴールデンスライム】はdisc2にならないと出てこないという本質的な大問題がある。
金銭事情的には【おどるほうせき】の出てくる【コスタール】到着までお預け、ということもしばしば。
それでも欲しいなら過去や現代の【旅の宿】【ラッキーパネル】でアイテム売却をして粘るしかない。
コスタールの全滅ポイントである【ガマデウス】御一行戦では全体攻撃が激しいのでベホマラーの使えない仲間に渡しておくと役に立つが、
素早さを考えると確実に先行できるのはガボだけ、確実に後行できるのはメルビンだけなことがあるのが難点。
3DS版ではベホマズンの習得が容易になったため価値は薄れた。
 
イベントでは【カシム】に依頼された【フーラル】が探し出し、【ネリス】の病を癒すのに使われる。
本編でも言及されていることだが、フーラルはこんな貴重品を本当にどこから見つけてきたんだろう?
…しかし、アントリア撃破後もダーマ神殿地下にしつこく残る闇の力の悪影響を受けているらしく、3DS版ではストーリー石版の「幼き大神官の思い出」で、薬も効いていないことをカシムから聞くことが出来る。したがって、ネリスの体調が回復し始めるのは、このイベント解決後になる。

小説版 Edit

珍しく登場。オリジナルキャラの【セーラ】がアルスから旅のお土産として受け取っている。
それっきりかと思いきや、終盤フィッシュベルが魔物の襲撃を受けた際、重傷を負ったセーラの夫を救うために使用される。
空気に溶けて空から落ちる癒しの雨は傷ついたフィッシュベルの住人を救い、奮戦していたマリベルの助けにもなったが、セーラが最も助けたかった夫だけは帰らぬ人となる。
せかいじゅのしずくはあくまで「傷を癒す」だけで命尽きてしまった者までをも救えるわけではないのだ……。

DQ8 Edit

【トロデーン城】【アスカンタ国領南の小島】【三角谷】【竜神族の里】で拾える他、
敵からはスライムベホマズン(1/256)がレア枠で落とし、【シャークマジュ】は必ず落とす。
錬金でも作成可能で、せかいじゅのは+【まほうのせいすい】で出来上がる。説明通り、世界樹の葉と液体を混ぜることで完成できる。
錬金だと手間はかかるが複数持てる。世界樹の葉の複数枚所持を我慢するなら、実質1個1300Gで生産出来る。
但し、まほうのせいすいを【カジノ】のコイン100枚で賄うなら1000Gで済む。
予めこれを大量生産してから各地の世界樹の葉を回収するのも手。
売値は一律1250Gなので、まほうのせいすいをカジノ等で入手しなければ差額で儲ける事は出来ない。
更にここから幾つかの品々を練成できる。レシピは以下の通り。

 

3DS版 Edit

追加モンスターの【サンタクルス】が高確率で落とすようになった。
 
【バウムレンの木】の根元に落ちている世界樹の葉が最初の一枚に限り拾い放題になったので、
拾う、錬金を繰り返せばあっというまに量産できるようになった。
【追憶の回廊】では、特に主人公を攻撃専門役にする場合は、仲間の持ち物の空欄を全部これで埋めるぐらいの準備が必要になってくる。
主人公をべホマズンによる回復役にする場合でも、いざというときのために準備はしておいたほうがいいだろう。

DQ9 Edit

引き続き錬金で作成可能。錬金レシピは、せかいじゅのは+エルフののみぐすり。
DQ8では世界樹の雫を使ってエルフののみぐすりを作ったが、DQ9では逆転している。
モンスターではメガザルロックがレア枠(1/128)で落とす。

DQ10 Edit

【ちいさなメダル】との交換や福引きで入手出来るほか、高価ではあるがバザーで購入出来る。
詳細はこちらを参照。

DQ11 Edit

主に【命の大樹】の下層の水場付近のでキラキラ(採取ポイント)から採れる。
 
この大樹は序盤の終わり際に一度だけ訪れることができるが、その後は終盤に入るまでずっと入れなくなる。
結果としてそこまで1個しか持てないことも多いが、
その一方全回復の手段が豊富すぎるDQ11ではそもそもこれが必要になるほどの状況にはその終盤になるまでそう陥らない。
もしそこに至るまでに陥るようならそれは単純にいろいろ足りていないだけなので、これを使ってしまうような状況になったらそれを皮切りに鍛冶やレベル上げに励むといいだろう。
 
なお【メガザルロック】がレアドロップで落とす。どうしても初回クリア前に複数欲しいならこいつ相手に【スーパールーレット】を使おう。
 
過ぎ去りし時を求めた後の世界では【ソルティコの町】【カジノ】で10000コインで交換可能になる。

DQM Edit

【いかりのとびら】をクリアすると、【タイジュの国】が成長し、バザーに2軒目の店が開く。
そこでなんと500Gと言う破格の値段で販売している。他作品ではタダで貰えるのが当たり前だが、効果を考えると安過ぎると言えるだろう。
複数持てるようになっている他、後半のダンジョン内でも普通に拾うことが出来る。

DQMCH Edit

キャラバンにランク3の商人(あるいはランク3に相当する人数の商人)がいると、キャラバン内の道具屋で買えるようになる。
また、ラダトーム城の無限に取れる宝箱の片方もこれである。マガルギ戦のお供に。
HP全回復は確かに強力だが、アイテムの所持数が24と非常にタイトで、イベントアイテムに約1/3を占領される本作ではあまり活用されることはない。
クリア後には移動中イベントの泉の精に渡してカラーオーブに変えるなどの使い道もある。

DQMJ2 Edit

残念ながら本作では買うことができなくなってしまった。
そして回復量が100〜120に弱体化している。