Top > 【でろりん】
HTML convert time to 0.003 sec.


【でろりん】

Last-modified: 2017-11-25 (土) 01:12:49

ダイの大冒険 Edit

概要 Edit

漫画【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場する人物。20歳。ロモス出身。
見た目は【主人公(DQ3)】の姿をしており、目つきが非常に悪いのを除けば一見すると勇者っぽい姿をしている。
その正体は、勇者の振りをして悪事を働くニセ勇者である。

戦歴 Edit

ロモス王国出身の勇者であり、邪悪なモンスターが巣食う【デルムリン島】へ向かい、モンスターたちを狩り、「珍獣」と言われる「ゴールデンメタルスライム」を捕まえて一攫千金を狙っていた。
勇者のように卓越した剣技と呪文を使いこなせる技量を持ち、デルムリン島のモンスターを一方的に打ち倒す。
そして目的のゴールデンメタルスライムである【ゴメちゃん】を捕まえてロモス王国に帰還。
ロモス国王の【シナナ】にそれを献上して、国王から褒美を受け取り、勇者として賞賛された。
 
だが、ゴメちゃんを助けるために【ダイ】とモンスター達が逆襲を開始。
初めは素人同然だったダイを完膚なきまでに叩きのめすが、ダイが【ブラス】から託された特殊な【魔法の筒】から出した魔界のモンスターに翻弄され、仲間のずるぼんがキングスライムに押しつぶされている姿を見て油断し、魔法の筒に閉じ込められる。
 
結果、デルムリン島のモンスターたちが大人しくなったのをいい事に褒美目当てにモンスター退治と称して一方的にいたぶっていたこと、そして悪事のために勇者の名を騙っていたことが露見することになった。
 
他の3人(戦士へろへろ僧侶ずるぼん魔法使いまぞっほ)同様ダイが初めて戦った相手でもある。

その後の活動 Edit

その後はしばらく【ロモス】王国で活動。少しは懲りたようで、大きな悪事からはさすがに足を洗っており、本物の勇者を目指すようになっていた。
しかし実際にやっていることと言えば、自分より弱いモンスターを倒して褒美をもらったり、廃墟と化した町で火事場泥棒を働いていたりと情けない実績ばかりで、結局以前の生活とそれほど変わっておらず、ダイから冷たい目で見られた。
 
【クロコダイン】のロモス王国への襲撃時も火事場泥棒に力を入れていたものの、ダイたちの活躍を見て今度こそ勇者になろうと思い立ち、【パプニカ】王国に名声を求めて旅立った。その時は【鬼岩城】の襲撃もあり、一目散に逃げてしまった。まるで成長していない…。
 
その後、一度魔王軍の侵攻を受け滅びた土地なら逆に安全だろうと【オーザム】王国に隠れ住んでいたのだが、地上を崩壊させる「柱」が落ちてきたため、危機に巻き込まれることになる。
その時、ゴメちゃんの最後の願いを聞き届け、世界の危機を救うために名乗り出た。
仲間のまぞっほがここ一番という局面で迷いを見せたところにパーティーリーダーらしく発破をかけ、さらに彼の魔法を魔力で後押しするなど、彼もまた世界を救うために必要不可欠な人材だったと言える。
読み切り当時のしょっぱい小悪党から、誰もが辿り着けなかった世界を破滅させる極北の「柱」に挑み、その機能の停止を達成して本当の意味で「勇気ある者」へと出世した事を誰が想像できただろうか。
 
エンディングでは、命の恩人かつ自分達を英雄にしてくれた仕掛け人でもある【マトリフ】に金品(盗品?)を巻き上げられて泣いていた
 
アニメ版では出番が増えており、相変わらず勇者の名を騙って村人から食べ物を巻き上げるなど悪さをしている。
しかしたまたま現れた魔物に対して「私は勇者ではありません、どうかご勘弁を」と土下座して謝る一方、「こいつはダイじゃないから勇者じゃない、とんだ無駄足だったわ」と一蹴される。助かって彼らは喜んだが、ぬか喜びに終わったことは言うまでもない。それ以降ではサーカスを開いて路銀を稼いでいたり地味に登場している。

余談 Edit

アニメで登場したでろりんを担当したのは緑川光。
【CDシアター ドラゴンクエスト】のDQ3の主人公アレルを演じた人物だったりする。
 
ちなみにでろりんは作中ではそれなりに強力な呪文である【イオラ】を使用しているシーンがある(DQ3での習得レベルは勇者で31、魔法使いで23程度)。
また、彼が使う【メラ】は特別製であり、複数のモンスターをまとめて倒している。もはや【ギラ】である。
さらに「オレに弱点などない」と豪語する程度には白兵戦もこなせる彼はメインキャラ達にこそ遠く及ばないものの一般人よりは遥かに強いのは確かだろう。
「JUMP COMICS PERFECT BOOK 1 ダイの大冒険」という公式ガイドブックでは、でろりんたちのレベルは13らしい。
もし彼が(職業としての)勇者ではないのであれば、わざわざ魔法使いとしてイオラを覚えるまでレベルアップしてから戦士に転職しなおしたのだろうか?
善人とは言えない人物だったが、案外努力家だったのかもしれない。
ただし、【ドラゴラム】を使う【アバン】【マヒャド】を使う【ノヴァ】の様に、
ドラクエに当て嵌めるなら勇者という職業を外れた呪文を使っている者もいるので、ダイの大冒険世界では勇者の職業的特徴が無い可能性もあるが。
【ポップ】もギラを習得するよりも先に【メラゾーマ】を習得したりしているので、ゲームでの習得レベルはこの作品ではあまり参考にはならないかもしれない。
 
ちなみに全部ひらがなで4文字の名前ではあるが、名前に一文字としてカウントされる濁点が入っているためFC版DQ3でこの名前を付けることは不可能(ずるぼんやまぞっほも同様)。
もちろんリメイク版ではちゃんとこの名前にすることができる。