Top > 【ほほう……。わがバリアを はずす すべを しっていたとはな。】
HTML convert time to 0.002 sec.


【ほほう……。わがバリアを はずす すべを しっていたとはな。】

Last-modified: 2017-10-11 (水) 21:19:02

DQ3(リメイク版) Edit

【ゾーマ】【ひかりのたま】を使うとこう言い、この後「しかし むだな こと……。さあ わが うでの なかで もがき くるしむが よい。」と続く。
演出としては、眩ゆい光がゾーマを照らす→ゾーマが光に包まれ【闇の衣】が消え去るというもの。
青白ゾーマ→カラフルゾーマとFC版とは逆になっている。
またこのセリフと同時にBGMが【戦いのとき】から【勇者の挑戦】に変わる。
FC版に存在した「大抵は戦闘開始直後にひかりのたまで青白い姿に変えてしまう為、戦ってて地味」という悩みと「何故闇の衣(を付けている時の方)がカラフルなのか?」という謎(と「カラフルより青白い方がよっぽど闇に相応しい色合いではないか?」という願望)を解決した演出である。
しかし、演出の変更に関してはFC版の【やみのころもを はぎとった!】の方が良かったという声もあり賛否両論。
 
ちなみに本人は「無駄」と称しているものの、闇の衣を失ったゾーマが大幅に弱体化しているのは紛れもない事実。
ただの強がりだろとか言ってはいけない。
大幅に弱体化しても堂々と戦いに挑むのだから。
ラプソーンもバリアを張っているが何となく小物感が漂う。
とはいえ【うおおおぉぉぉっ!!!】とかブチ切れない分、こちらの方が大魔王の威厳というか余裕は見せている。
しかしリメイク版がまだ出ていなかったCDシアターでは「よくも余の姿を!!!」とブチ切れていた。
まあ、実際に精霊ルビス伝説での前世「ダトニオイデス」は小物であったのだが。

DQ10 Edit

FC版準拠の「闇のころもを はぎとった!」のメッセージの後にゾーマがアップでセリフを述べるという演出。
「ほほう……。わが 闇のころもの守りを無にする すべを 知っていたとはな。」
と、若干変化している。
やはり、せっかく「闇の衣」という特徴的な表現があるのに単なる「バリア」と言ってしまっては味気ない、と判断されたのだろうか。
 
ちなみに本作での闇の衣は紫色のオーラのようなもので、剥ぎ取っても服の色は変化しない。

DQ11 Edit

【邪神ニズゼルファ】の闇の衣を剥ぎ取った時にのたまってくる。この後、リメイク3のようにBGMが勇者の挑戦になる。
こちらはバリアとは呼ばず、単に闇のころもと呼んでいる。