Top > 【クラウンヘッド】
HTML convert time to 0.004 sec.


【クラウンヘッド】

Last-modified: 2017-11-01 (水) 09:27:42

概要 Edit

DQ9、DQ10、DQMJ2P以降のモンスターズシリーズに登場するモンスター。
「クラウン(=ピエロ)の頭部」の名前通り、奇妙にメイクアップされた顔と後頭部まで禿げあがったアフロヘアーという、
強烈なインパクトを与えるいでたちが特徴。
一応、同種色違いモンスターは【ビッグモアイ】【ゴードンヘッド】だが、その風貌はもはや別物。

DQ9 Edit

高レベルの【宝の地図】の洞窟(洞窟タイプ、水タイプ)に出現する。
【ヘンな顔】で動きを止めてきたり、【たたかいのうた】で攻撃力を上げるなどのサポートをする技が多いが、
一番厄介なのはHPが減ると使う、近年は【ばくだんいわ】の専売特許と化していた【メガンテ】
厄介なモンスターの多い宝の地図の洞窟において、即死級のこの呪文は致命傷になりやすい。
MPを奪うか、眠らせるなどして足止めし、弱点の風属性を軸に手早く倒さないと危険。
また、水地形のメタルキングオンリー地図ではお供として出現するので厄介。
下手するとメタルキングが全員逃げてしまいその後にまじんぎりや一閃突きがヒットしてメガンテ発動で全滅という悲惨な光景も見られる。
落とすアイテムは通常枠が【あやかしそう】、レア枠が【ウィッチハット】
ちなみにこの顔のメイクは【ビュアール】が書いた勝利の模様で、本来の素顔はかなりイケメンらしい。
しかし、コイツの素顔はビッグモアイなのでは…?
あの世界のイケメンの基準がビッグモアイ顔だなんて、まさかそんな事は…。
…9世界のビッグモアイの由来を考えると無くは無いのが怖い。
 
こいつはマップ上ではこちらに反応しない限り微動だにしないので、
こちらがステルス状態で通路の狭い部分や宝箱、果ては階段の上にこいつが現れると塞ぐ形になって一回はワザと(他のでもいいので)敵にぶつかって戦闘しないと通ったり開けたり降りたりできなくなってしまうことに苛立ったプレイヤーも多いだろう。
ステルスの効果時間が切れるまで待つのはいくら何でも面倒すぎるし…。
 
また、スーパースターのクエストに大きく関わってくる存在である。
まず、転職するためのクエスト(No.118【さあ!キミもスターよ!】)はこいつを【火ふき芸】で倒す事が条件。
更に【スーパースターの書】入手クエスト(No.120「トップスターよ!再び!」)は、
【スポットライト】でこいつを怒らせ、【メイクアップ】の効果中に倒すのを10回繰り返すというもの。
しかもこれらを全て同一キャラが行うのだからとんでもない。
どちらも非常に過酷である上に、こいつに会えるまでに時間がかかってしまうのが難点。
会ったら会ったで前述の通りメガンテがあるので危険。

DQ10 Edit

メガンテを使わなくなったが、攻撃力・守備力が高いため相変わらず手強い。
ゴードンヘッド同様、鼻からブレスを出すのがシュール。
詳しくはこちらを参照。

DQMJ2P Edit

本作でMサイズとして登場。物質系のDランク。
所持スキルは「アッパー」。
攻撃モーションはくしゃみをして鼻を飛ばすというとんでもないもの。
特性はメガボディ1〜2回、斬撃封じブレイク、息封じブレイク。
野生では出現しないが、【さつじんいかり】×【スライム】など、普通に位階配合で作ることができる。

テリワン3D Edit

【だいちの扉】に登場。原作再現なのかメガンテを使うので注意。
特性は【メガボディ】【AI1〜2回行動】【封じブレイク】【パラメータブレイク】、+25で【最後のあがき】、+50で【バギブレイク】

イルルカ Edit

今作は野生では出てこない。
だが位階配合でも作れるので困ることはないだろう。【サンドウェーブ】に適当な奴を配合すればいい。
【他国マスター】がコイツを【サイコロン】【フィアーパペット】と共に率いている。
物質系でバギブレイクをもつので【うみんちゅハート】と相性が良い。
【新生配合】【ときどきインテ】【ギガボディ】化で【マホキテボディ】を習得。