Top > 【デスカイザー】
HTML convert time to 0.085 sec.


【デスカイザー】

Last-modified: 2017-04-08 (土) 13:53:51

概要 Edit

DQ7で初登場したモンスター。白髭に紫色の上半身、赤色の獣の下肢を持った悪魔。
【アンクルホーン】【ブルデビル】【ヘルバトラー】の色違いで、この系統の最上位種。
 
名前は「死」を意味する英語「death」とドイツ語で皇帝を意味する「Kaiser」から。日本語だと「死の皇帝・帝王」といったところ。
 
DQMCHには【デスサイザー】というモンスターが存在するが、名前が似ているだけで関係はない。

DQ7 Edit

【謎の異世界】の比較的浅い階層に出現する。
【ぶきみなひかり】を放って耐性を下げ、【イオナズン】【こごえるふぶき】で攻めてくる。
だが、周囲には【しゃくねつ】やら【痛恨の一撃】やらを多用する敵が多いため、それほど強くは感じない。
その横幅が広い体型ゆえに、一度に多く出てこられないのがある意味一番の弱点。
耐性は高めだが、メラ系とデイン系、ブレス攻撃、ルカニ系は有効。
落とすアイテムは【ふぶきのつるぎ】で、こいつからのドロップでしか入手できない貴重品。
【モンスターパーク】では何故か湿地帯に居る。ヒマでヒマで仕方が無いらしい。

DQ9 Edit

【宝の地図】の洞窟・火山タイプのSランクのみに出現する。
HPは1056、攻撃力はなんと684、守備力は648と総じてパラメータが高く、更に2回行動までするかなりの強敵と化し、枠を取らないため最大3匹で出現することもあり、ステータスではより強いモンスターもいるが、その大抵は1匹出現だったり1回行動だったりなので、実質の最強はこいつと言えよう。
【テンションブースト】で一気にテンションを50まで溜め、灼熱や【暗黒のきり】を放ってくる。
特にテンションを上げた直後の攻撃は非常に危険。HPの低い仲間は一撃で倒される可能性がある。
相手がテンションを溜めて終わった時は、速やかに【いてつくはどう】などで解除しよう。
【スクルト】【ベホマラー】【ザオリク】を使える【賢者】をパーティーに入れておくと比較的楽。
暗黒のきりの対策に、【ひかりのはどう】を使えるようにしておくとよい。
守りを固めた上で、弱点である氷、光属性の強力な攻撃で倒したい。
落とすアイテムは通常枠が【まじゅうの皮】、レア枠が【ちからのルビー】
 
クエストNo.183【補習授業 15時間目】では、デスカイザーを【どくばり】の1ダメージで倒せというムチャクチャな要求をされる。

DQ10 Edit

デスカイザー自体は登場しないが、【アスフェルド学園】の教練バトルに同じ姿をした【カイザー先生】が登場。

DQMJ3P Edit

アンクルホーンやヘルバトラーの復活の共に登場。悪魔系のSランク。
入手方法は【ヘルバトラー】【スライムエンペラー】の配合のみ。
【魔王の使い】【シャンタク】【シャドーノーブル】との4体配合で【ヘルクラッシャー】が誕生する。

合体特性は【超マジックガード】?、合体特技は【雷雲招来】

初期スキルは【炎の息吹】

少年ヤンガス Edit

配合限定で登場。イオナズンや力をためるなどを使えるなど、結構役立つ種族。
成長が遅いのが難点だが、【デスピサロ】の親になるのでしっかりと育てたい。
公式ガイドブックには、ダンジョンには登場しないのに経験値が780と記載されている。
こっちでもやはりヒマでヒマで仕方が無いようだ。

DQH2 Edit

【闇の浮遊城】【魔王ザラーム】四天王の一角、「魔帝」として登場。戦闘曲はDQ7繋がりで【強き者ども】
開幕時に【いてつくはどう】でテンションゲージがいくら溜まっていても0にされる。これは他の四天王も同様。
ドルマ系呪文や闇のブレスといった闇属性攻撃を多用するほか、この系統お馴染みの突進などで攻撃してくる。
【ミュシャド】同様に雑魚敵召喚を行い、【グレイトライドン】【デスプリースト】【ブラッドマミー】を呼び出す。
ドルマドンは実際にダメージ判定が発生するまで吸引力があるのでジャンプやみかわしを駆使しないと抜け出すのは困難だが、この呪文を意識しすぎて周囲の雑魚敵に攻撃されてしまうこともあるので注意。
 
他にも【時空の迷宮】で時空の番人として登場する他、クリア後は【闇の森】に雑魚敵として出現する。
雑魚版はやや実力が抑えられてるがやんちゃ個体だと作中で5本の指に入る実力者でやんちゃチャンピオン最大の障害として立ちはだかる。
時空の迷宮のボス版は【ワイトキング】×2→【バズズ】×2&【ベリアル】【マネマネ】【ドルマージュ】の大群の順に呼んでくる。
 
また四天王の中では唯一仲間にすることが可能。サポートタイプの仲間モンスターの中では頭抜けて能力値が高く、
圧倒的実力を見せつけ自身やべリアルのやんちゃ個体でも出くわさない限り無敵の強さを誇る。
最も所詮はクリア後のオマケ扱いなのだが……。