Top > 【デルカダール城下町】
HTML convert time to 0.004 sec.


【デルカダール城下町】

Last-modified: 2017-10-13 (金) 11:10:20

DQ11 Edit

【デルカダール地方】の北部に位置する、デルカダール王国の城下町。
町の奥には【デルカダール城】が聳え立ち、王城から城下町まで全てが城壁に囲まれている。
 
町の特徴として挙げられるのが、金持ちの住む上層、平民の住む中層、スラムである下層に分けられている点で、下層から中層への入り口には歩哨の兵士が立って入場を制限している。
他の国には見られないほど貧富の差が浮き彫りになった町と言える。
歩哨の兵士は賄賂を要求してくるなど腐りきっており、いきなりプレイヤーにこの国の闇を垣間見させてくれる。
 
デルカダール城から脱獄後、【レッドオーブ】を探しに下層を経由して戻ってくることになるが、
肝心のオーブはカミュの相棒だった【デク】が彼を助ける為にデルカダールに返却した後だった。
再びオーブを手に入れるために、二人はレッドオーブが保管されている【デルカダール神殿】に向かうことになる。
 
【シルビア号】入手後には再び来ることができるが、城以外の施設には普通に入れる。
どうやら悪魔の子の情報は城下町にはそれ程流れていない様子。
 
その語感からDQ2に登場する【デルコンダル】を想起したプレイヤーが多い様である。

上層 Edit

中層部よりも一段高い位置にあり、広さは中層の半分ほど。
中央には大きな噴水があり、その周囲に大きな屋敷が3軒と、【デク】の店がある。
また、井戸も中層部のものとは別に用意されている。
 
北西の屋敷にある本棚で読むことができる2冊の本からは、デルカダール王国の歴史などを知ることができる。
『デルカダール王国の歴史』によると、「元々高地故に土地が痩せ雨量が少ないため作物が育たない不毛の大地と呼ばれていたが、他国から追われてきた「デルカン」と「ダール」の兄弟が荒れた土地の開拓を始め、長年の治水を行われた結果、不毛の大地は実り豊かな土地へと姿を変え、兄弟が人々に王として奉じられて造った国がデルカダール王国の始まり」とされている。
 
『デルカダール王国 観光案内』には、「歴史書によると下層は元々お堀だったが、人々が勝手に住み着くことで市街地として大きくなり、あらくれ者たちが富を求めて世界中から集って今の町並みができた」と書かれている。

中層 Edit

町に入るとまず広がっているのがこの中層部。
教会や宿屋、道具屋など、基本的な施設があり、民家も多い町の中心部。
まっすぐ進めば上層部と城があり、北東に下層部への入り口がある。
また、民家の屋上に張られたロープを渡ることで上層部へ移動することができ、
上層部への通り道を兵士が塞いでいる時にはこの方法で侵入することになる。
 
3DS版のみ秘密の鉱石ショップが存在し、【どうのこうせき】【てっこうせき】などの鉱石系の素材が売られている。

下層 Edit

元々お堀だったスペースに、人々が勝手に集まり住み着き始めた、いわゆるスラム。
人々は粗末な生活をしているが町に暗い様子はなく、むしろ生命力に満ちており皆強かに生きている。
上層部からの廃棄品を仕入れてきて販売する男や、詐欺まがいの占いでお金を稼ぐ【イメルダ】?ばあさんなど、様々な人間模様が見られる。
 
あるゴザの傍にいる老人に話しかけると、「とっておきの裏情報」を5ゴールドで買うことができる。
内容は、「すぐそこにあるゴザの上は案外寝心地がいい」というもの。
ちなみにこのゴザは情報を聞いていなくても利用でき、実際には寝心地は最悪なものの一応全快が可能。
ただし、ここで休むと【呪いのモチーフ】と共に5ゴールド盗まれてしまう。
盗んだ男は酒場に居り、問い詰めると盗んだ金を返すと言うが、戻ってくるのは3ゴールドだけ。
残りの2ゴールドは、本人曰く飲み代に使ってしまったとのことで、この分は取り戻すことができない。
 
中層部に続く道は門番の兵士が塞いでおり、通ることができないが、いくつかの方法で中層部に辿りつくことができる。
方法は全部で4種類(PS4版では5種類)で、シナリオ進行のためには下記のどれか一つをこなせばよい。
 

  • 門番に賄賂を渡す
    門番の男に彼の要求通り2000Gを支払えば、自由に通してもらえる。
    一応、お金さえあればこれが一番手っ取り早い方法ではある。
    とはいえ他の方法なら多少手間が掛っても実質タダかはるかに低いコストで通れるため、2000Gも支払うのは勿体ないと思われる。
  • 門番にイヌをけしかける
    町の住人から、「門番はイヌが苦手」という情報を聞けるため、これを利用する方法。
    イヌの【ドラコ】の飼い主の女の子に話しかけると、
    【レッドベリー】【せいすい】をくれれば、ドラコを貸すことを考えてもいい」と言う。
    この2つの品を持参して話しかければ一時的にドラコが仲間に加わるので、そのまま門番に近づけば彼が逃げ出し通れるようになる。
    せいすいは下層の道具屋で販売しており、レッドベリーは【導きの教会】の側の木から採取できる。
  • 門番にラブレターを渡す
    かくれんぼが得意な少年【ジェット】からは、「【下宿の女将】は若い頃【ダイアナ】にそっくりの美人だったらしく、字もそっくりだ」とういう情報を聞くことができる。
    この情報を聞いた後に下宿の女将に会いに行くと【女将のラブレター】を書いてもらうことができる。
    これを門番に渡すと、彼は「仕事なんてしてる場合じゃない!おれは恋に生きるんだっ!」などと言いだし仕事を放棄するため、その後は自由に通れるようになる。
  • 抜け道を通る
    ゴミ捨て場の近くにある梯子を登り、板やロープで組まれた細い通路を渡っていくと、抜け道を作っている男が居る。
    完成目前だというその抜け道は、あと【つけもの石】が1つあれば開通するとのこと。
    つけもの石はすぐ傍にある壺から入手できるので、これを渡せばいい。
    すると中層部へ続く抜け道が開通し、この抜け道を通ると中層部北西のスペースに出ることができるようになる。
  • 門番が眠るのを待つ(PS4版のみ)
    PS4版に限り、ある特定の時間帯にのみ門番が居眠りをする。
    この間は普通に門番の横をすり抜けることができるので、普通に行き来が可能になる。
    ただし、時間調整のための待ち時間が恐ろしく長いのでかなり非効率。

世界に異変が起きた後 Edit

完全に崩壊してしまっており、入ることはできなくなっている。

過ぎ去りし時を求めた後 Edit

城下町の店にも新商品が並ぶようになり、特に鉱石ショップでは【アレキサンドライト】をはじめとした貴重な素材が買えるようになる。