Top > 【ブラッディハンド】
HTML convert time to 0.004 sec.


【ブラッディハンド】

Last-modified: 2017-12-16 (土) 21:24:03

概要 Edit

DQ6で初登場した【マドハンド】の色違いで、深い赤の手のモンスター。
DQ2では同じ色で【ブラッドハンド】というモンスターがいるが、マドハンドの登場したDQ3やDQ5ではこちらにお呼びはかからなかった。そしてDQ6でブラッドからブラッディと表記を変えて登場した。
DQ7・DQ4(リメイク版)やDQ8ではブラッドハンドが登場して、この名前はなかったことにされたかに見えたが、その後発売されたリメイク版DQ6ではあくまでもブラッディハンドの名前を貫いているほか、DQ11ではブラッディハンドの方が登場し表記が揺れる理由は定かではない。
 
【ドラゴンクエスト25thアニバーサリー モンスター大図鑑】ではブラッドハンドと同じモンスターとされている。
というか6のこいつの特徴は2のブラッドハンドをトロル呼び以外まんま踏襲しているのでいまさらな気もするが。

DQ6 Edit

【マウントスノー】周辺や下の世界の【レイドック】の井戸などに出現する。
同種族、もしくは【トロル】を呼ぶ上、最もHPが低いキャラを集中して攻撃をする傾向がある。
攻撃力は決して低くなく、サイズの関係上集団で襲ってくるため危険なモンスター。
特に一人旅の井戸や洞窟でトロルを呼ばれるとつきとばしで即全滅に繋がる。
攻撃呪文などへの耐性が無いので最大火力で一掃するのが効果的。
また、休み系に耐性が無く、混乱や麻痺も良く効くためこれらで動きを止めるのも有効となる。
落とすアイテムは【うつくしそう】
なお、リメイク版ではマドハンドは【ダークホーン】を呼ばなくなっているが、こいつは普通にトロルを呼べるのでその点でも注意。

DQ11 Edit

久々にブラッドハンドではなくこっちの表記が復活。【ヒノノギ火山】内部に出現する。
同種に加え、攻撃役の【だいまじん】と回復役の【ベホマスライム】を呼ぶ仲間呼びのエキスパート。
しかしPS4版では同時出現数の制限が厳しいのか4匹程度で上限に達して仲間呼びに失敗するため、あまり性能を発揮できない。ドロップアイテムは【レッドアイ】でレア枠が【赤い宝石】

強ver Edit

【導師の試練】に出現。通常枠が【ちいさなメダル】になっている。
また呼ぶ異種の仲間が【グレイトボンバー】もしくは【ほうおう】になっている。

トルネコ2 Edit

ダンジョンの深層に出現する。
【だいまじん】を呼ぶ上にひきよせの能力を持つようになった。
これ単体なら大したことはないが、【キースドラゴン】が同じ部屋に居ると危険。
大部屋だと、たらい回しにされている間に集中砲火をくらう上、なかなか階段にたどりつけない。
また、開幕の小部屋でうっかり無策で部屋の外に逃げようとしようものなら、
問答無用で中央に呼び出されて袋だたきも……。
ダメージ上限の関係で、最低二発攻撃を当てないと倒せないのもいやなところ。
 
身代わりを引き寄せることはできない。キースドラゴンも身代わりに対しては炎を吐かない。
深層で大部屋に出くわしたら、手頃なモンスターを身代わりにしておいて階段へ逃げるのも選択肢の一つ。
ただし、身代わりが弱いと倒されて捕縛されるため、なるべくだいまじんなどのタフな奴を選ぼう。

GBA版 Edit

ダメージの上限が無くなっているので、一撃で倒せるようになった。
引っ張りだこにされるのは変わらないが。