Top > 【ボーンバット】
HTML convert time to 0.004 sec.


【ボーンバット】

Last-modified: 2017-09-02 (土) 17:06:40

概要 Edit

DQ10で初登場したモンスター。【ドラキー】が白骨化したらしきもの。
頭蓋骨から骨の翼と尻尾が生えており、フラフラと空を飛んでいる。
上位種に【チャームバット】【ほねコウモリ】【コープスフライ】【ほねリーダー】がいる。

DQ10 Edit

怒るとドルマ、マホトラといった魔法を使ってくる。
詳しくはこちらを参照。

イルルカ Edit

ゾンビ系のBランク。
ピラミッドの【ドラキー】【ドラゴンコープス】に喰われ、死ぬとこいつになる。
ドラキーはFランクなので、4階級特進である。食べられて骨になるだけで一気に上がる原理は何なのだろうか。
ライブラリのまめちしきでは、「あの有名なモンスターの骨」であることが仄めかされている。
また、なぜか骨だけの癖にサイズがでかくなってスタンダードボディになっている。
肉はリミッターだったとでもいうのだろうか?
 
【スタンダードボディ】の特性を持つほか、【みかわしアップ】【呪いブレイク】を持つ。
また、+25になると【ドルマブレイク】、+50で【いきなり冥界の霧】の特性を得る。
また、新生配合で【根に持つタイプ】の特性を得る。
メガボディ化で【AI1〜2回行動】を、ギガボディ化で【ドルマ系のコツ】の特性を得る。
所持スキルは【たたり】

DQMJ3・DQMJ3P Edit

今回は上位種が増えに増えた為、一気にFランクに下がった。
ドラキーの骨なのだが、別にドラキーを使った特殊配合で生まれるわけではない。
野生の個体は【崩落都市】のドラキーが周辺にいる【ダッシュラン】に捕食されて現れる。
【ワニバーン】にも捕食されるが、骨ごと食われたのか出てこない。
スカウト自体は楽で、崩落都市で序盤から戦える1枠モンスターの中では最も経験値が多いのも魅力だが、こいつのシンボルに接触した時近くにダッシュランがいるとダッシュランがお供として出てくるので注意。
また、どういう訳かワニバーンもこいつのお供として出てくるよう設定されている。こちらはライドアタックでこいつを故意にワニバーンの所に持って行かなければ起こらない。
 
プロフェッショナル版ではダッシュランが【ドラゴンバゲージ】に差し替えられたが、ドラキーをライドアタックで倒すと出現するようになっているので野生の個体の入手は可能。
尚、ドラゴンバゲージもこいつのお供として出てくるよう設定されている。こちらはプレイヤーが意図的にボーンバットを出さない限り発生しないが、【闘気の精霊】での稼ぎを行う際は気を付けよう。
 
【歓楽の霊道】では、中ボスの【チャームバット】【コープスフライ】【ほねコウモリ】のお供として登場する。
 
さすがに巨大化するのはおかしいと思われたか、今回は【スモールボディ】
特性はいきなり冥界の霧が【ときどき冥界の霧】に変更された以外は変化なし。
超ギガボディで習得するのは【やみのはどう】
プロ版における合体特技は【地獄落とし】、合体特性は【超みかわしアップ】
 
能力はHP・攻撃・素早さに優れる。特にHPは骨だけなのに1750もある。
 
初期スキルは【ゾンビフォース】
 
【エンゼルスライム】系、【ドラキー】系、【ドラゴスライム】系、【ゴメちゃん】とはモーションが同じ。