Top > 【海】
HTML convert time to 0.004 sec.


【海】

Last-modified: 2017-11-19 (日) 03:54:32

概要 Edit

全シリーズに登場する【フィールド】マップ上の地形。徒歩では移動できず、通過のためには基本的には【船】が必要となる。ただし船で【浅瀬】を通行することはできない。
フィールドマップ上と同じくモンスターとの【エンカウント】が発生し、地上のモンスターとは異なる魚などの水生生物や、海鳥や怪人をモチーフとした敵が登場する。
またDQ2では【テパ】周辺、DQ3では【スー】周辺の陸地と海が複雑に入り組んだ地形の場所では陸のモンスターが出現するケースがある。【くびかりぞく】【げんじゅつし】が海上に出現する様は中々にシュールで一見の価値有り。
 
なお、ほとんどの作品のフィールド上で河川と海の区別がされておらず、川幅の狭い河川でも【だいおうイカ】や深海魚風のモンスターが普通に襲いかかって来る。

DQ1 Edit

本作では【高山】とほぼ同じ役割のただの障害物。プレイヤーは【ラダトーム城】を海峡越しに睥睨する【竜王の城】の威容をたびたび目にすることだろう。
フィールド上には海面下を通るトンネル状のダンジョン(【沼地の洞窟】)が存在しており、これを利用する事で間接的に海を越えることが可能。今作ではさらに【にじのしずく】を使い海を越え竜王の島へと渡る。

DQ2 Edit

DQ2で船が初登場。海に進入、移動する事が可能になった。またDQ2には空を飛んで移動する乗り物が無く、アプリ版以前だと【ルーラ】の効果が「最後にセーブした地点へワープする」のため、物語終盤でも船で何度も海を移動する事になる。
またシリーズ中でも珍しい「海中を調べて入手する重要アイテム」として【ふねのざいほう】が登場する。

DQ3 Edit

【ポルトガ】で船を入手すれば海を移動できるようになる。また主人公たちの住む世界の下にあるDQ1の世界【アレフガルド】でも同じように船に乗る事ができる。
下の世界に到着次第すぐ船を手に入れる事ができるのだが【ラストダンジョン】である【ゾーマの城】に入るにはやはり虹の雫が必要。

DQ4 Edit

【定期船】が登場。しかし今作ではプレイヤーが自由に使う事は出来ない。また世界中の海域全てで出てくるモンスターが同じになり、船を入手後に遠出する事の負担が減った。

DQ5 Edit

今作の海は浅瀬がかなり多く、世界中の海を船で移動できるようになるのは青年時代後半に入ってから。
SFC版では水の流れる方向が世界ごとに違っているという細かい演出がある(人間界は西から東へ、妖精界は東から西へ、魔界は南から北へ流れている)。
リメイク版では、海上を調べると【ふくびきけん】【すごろくけん】が見つかることもある。

DQ6 Edit

上の世界では【ひょうたん島】、下の世界(幻の大地)では【神の船】を使って海を行くことが可能。上の世界と下の世界では海の色が微妙に異なり、上の海は彩度が高く水色に近い。
また、神の船に乗船中【マーメイドハープ】を使うと船が【人魚】の力で【あわあわ船】となり、【海底】に潜れるようになった。
それによりなぜか浅瀬の下を通れるようになる。

DQ7 Edit

本作ではスタート時点で世界に一つだけしか島が無く、だんだんと地形が増えていく。そのため最初期から船を使い海を渡る事ができる。
【過去の世界】では地方ごとの問題解決がメインで海を越えて他の地方に行く展開には基本的になならないのだが、唯一【ハーメリア地方】のみ洪水によって大陸が海に沈むため【イカダ】を使って海を移動することになる。

DQ8 Edit

攻略上必ず行うイベントとして特定の海峡に登場する【海竜】の特技を受ける必要がある。
また「大昔に海だった土地」が登場。そこにある廃船を魔法で蘇らせた過去の海の力で現実の海へと運ぶ展開がある。

DQ9〜他 Edit

DQ9やDQ11やリメイク版7、8では、【シンボルエンカウント】が採用されたが、海上のみ従来通りの非シンボルエンカウントという違いがある。

DQB Edit

海の上にブロックを置こうとしても、不思議な力で弾かれてしまい、落ちるとダメージを受ける。