Top > 【幸せの種】
HTML convert time to 0.003 sec.


【幸せの種】

Last-modified: 2017-09-07 (木) 21:14:26

概要 Edit

不思議のダンジョンシリーズに登場する草。2以降の表記は「しあわせのたね」。
飲むと、レベルが1上がるうれしい種。
経験値は、次のレベルになるのに必要な最低経験値になる。
2以降は【ふこうのたね】の存在もあるのでレベルアップ直後に飲んだ方が安全でお得である。
レベルが上がりにくいトルネコ1やトルネコ3では特に有効な草である。
普通に拾うこともできるが、【はぐれメタル】を倒しても手に入れることができる。
初代のもっと不思議のダンジョンでは落ちていないため、はぐれメタルを倒さないと手に入らない。
 
姉妹作の【風来のシレン】では、「あえて敵に飲ませてレベルアップした敵を倒した方が大量に経験値を得られる」というシチュエーションがあったが、トルネコではそういう使い方はあまりされない様子。

トルネコ3 Edit

レベル維持、仲間モンスターや【草の神の壺】の登場により一層価値が増した。
仲間モンスターに使うのが最も有効的であり、特に草の神の壺に【しんぴの草】と祝福したコレを壺の容量分入れると部屋にいる仲間(とポポロ)がすさまじいことになる。
【アトラス】などの【攻撃・特殊】のモンスターはコレを使わないとレベル上げに時間がかかってしょうがない。
また、魔物のほら穴ではぐれメタルを【分裂の杖】で増殖しまくって【イオの巻物】などで倒す、
またはポポロの仲間モンスターのはぐれメタルに同様に分裂の杖を振って【いかずちの杖】等で倒してコレのドロップを狙うなんてテクニックもある。
 
異世界の迷宮では床落ちでのみ入手できる。
何度もチャレンジしていれば、低階層で3〜4個入手し、かつ祝福の壷やしんぴの草も手に入っているという状況もそこまで珍しくない。
これの入手運は、異世界における数少ない救済措置と言える。
特にポポロは、作戦の習得や勧誘率の上昇もあるため、トルネコ以上に難易度を左右する。
早いうちから飲んで作戦を充実させ低階層から攻略を安定させるか、なるべく飲まずに自力で成長してから飲み深層での勧誘率をできるだけ上げるか、プレイスタイルによって使い所は異なるだろう。

少年ヤンガス Edit

祝福状態で飲むか当てると、レベルを1上げるだけでなく、HP全快、満腹度全回復、疲れを0にする効果が追加された。
ピンチの時に備え、拾ったら是非、【祝福の壺】に入れて祝福状態にしておきたい。

テリワン3D 、イルルカ Edit

まさかの逆輸入。表記は「しあわせの種」。
すれちがいバトルやさいはての扉以降の学者との戦闘で貰えることがある。
前作では【きぼうの種】というヘンなまがい物だったが、晴れてこっちが登場できた。
しかしレベル上げは【光あふれる地】やメタル鍵の方が早いので、役立つのは主にクリア前。
とはいえその後も使って損するアイテムではないので、メタル狩りの後や育てているモンスターの必要経験値が多くなってきたら使おう。

DQMJ3(体験版) Edit

何故か【どんぐりベビー】がフィールド上で逃げる際に落としていくことがある。
なので彼らの天敵である魔獣系にライドして彼らのいる木を巡り歩くだけで大量に集めることができる。
なおフィールドで落とすアイテムは本来はノーマルドロップのアイテムでありその理屈でいくとやくそうを落とすはずである。

DQMJ3P Edit

シナリオスキップ機能を利用するプレイヤーへの救済処置なのかワールドクリアごとに支給される。
【静寂の草原】クリアで5個、【崩落都市】クリアで10個といった具合にシナリオを進めるごとにもらえる個数が増えていく。