Top > 【天の祭壇】
HTML convert time to 0.004 sec.


【天の祭壇】

Last-modified: 2017-07-19 (水) 23:14:55

DQ8 Edit

今作の【隠しダンジョン】後半部分。
【竜神族の里】の一番大きな建物の地下に入口がある。
 
【竜神の道】と同じく地図が存在しない上に分岐点が多く割と入り組んだ構造をしているが、
実は全て左から2番目を通って行くのが正しいルート。
天だけに上へと昇っていく2階構造で、正しいルートだけを通れば目的地(最上層)までの距離も竜神の道よりは短い。
 
ただ、最後だけあって出現モンスターは極めて手強い。
凄まじいHPと攻撃力を誇る【トロルキング】や、流星を呼び寄せる【ヘルプラネット】はまだ小手調べと言ってよく、
【ザラキーマ】を連発する【ブラックルーン】に、合体モンスターの最上位である【グレートジンガー】といった最強クラスの奴らが容赦なく襲いかかってくる。
特に、2回行動でテンションを上げてから凄まじい威力の攻撃をしてくる【ベリアル】には要注意。
但し、多くの敵に【メダパニーマ】が効くという逃げ道があるので、活用しよう。
なお、二層目には【メタルキング】2匹もたまに出てくるが、確率はやはりかなり低いので当てにしないこと。
ここで稼ぐ場合、【ふしぎなタンバリン】でブーストして【ジゴスパーク】【超パワフルスロー】などを連発すれば、殆どの敵は1・2ターンで一掃可能。
 
不思議なことに、「竜神族」の関わるダンジョンであるにも関わらず、竜神の道と共通してドラゴンのモンスターが1体も存在していない。
せめて1体くらいは居てもいいような気もするが…。
もしかすると先の戦いでドラゴンのモンスター達も戦力として駆り出されてしまったのかもしれない。
ついでに、DQ3でデビューしたモンスターが多い今作だが、ここにはリメイク版3の【てんのもんばん】【ほうおう】は出てこない。
雰囲気はピッタリだと思うのだが。【ヘルガーディアン】に呼ばれるのも【ごくらくちょう】である。
 
途中には【オリハルコン】や2個目の【ドクロのかぶと】と貴重品も点在しているが、
一度で攻略しようとするとかなり苦労するので、【トヘロス】が有効になるまでレベルを上げてから臨むのも手。
Lv53まで上がれば、全てのモンスターがトヘロスで出てこなくなる。
最上層までに辿り着くまでにMPが尽きるようなら、大人しく戻ってパーティーを鍛えたほうがいいだろう。
 
ここの最上層には正気を失った【竜神王】が待ち構えている。
【竜の試練】の時は竜神王が全回復してくれるので、道中はバンバン呪文を使ってかまわない。
主人公の母【ウィニア】の墓が途中の行き止まりにあるが、実はこれは【グルーノ】が偽装したもので、
ここにウィニアは眠っていない。
実際には竜神の道の途中の【エルトリオ】が力尽きていた場所に揃って葬られている。
里の掟により外に葬られたエルトリオと、悲しみの果てに亡くなったウィニアに対するグルーノの罪滅ぼしである。
 
なおこのダンジョンは塔ではないが、BGMは【神秘なる塔】
その曲名の通り、上へ登っていく構造、そして神秘的な雰囲気にぴったり合っている。

3DS版 Edit

【シンボルエンカウント】になり、モンスターのシンボルは広い場所にしか出てこないため、
そこさえ上手く避けて行けば戦闘せずに最上層まで辿り着くことも可能になった。
ただし、やはりトロルキングや【ビッグファング】はシンボル自体がでかいため通行の邪魔になりやすく、
特にトロルキングは、どんなにこちらのレベルが高くても発見すると襲われるので注意。
戦いたくない人はセオリーどおりトヘロスや【魔物の香水】を使ったほうがいいだろう。
【おどかす】のも、こちらが相当強ければ全てのモンスターに効くようにもなった。
なお、【てんのもんばん】【ほうおう】も再登場したが、残念ながら出現場所はここではなく、新規の地下ダンジョンの方である。
 
なお、シンボルによって目当ての敵を狙い撃ちしやすくなったことと、【ヘルガーディアン】【死神の盾】を落とすようになったことで、稼ぎ場としての使い勝手がよくなった。
メタルキングのシンボルはやや出現率が低いが、狙い撃ちできる上に必ず2体で現れるためさほど問題にならない。