Top > Backstory > Timeline
HTML convert time to 0.010 sec.


近現代年表

Last-modified: 2014-09-15 (月) 12:44:25

不滅の兵士、その成り立ち Edit

[YC114] スリーパーテクノロジー、発見さる Edit

 
遺跡の探査は危険だが、金になる
 

不安定なワームホールから進入可能な星系 -通称”W-スペース”- が探索された時、古代文明の遺跡が発見された。『スリーパー』文明は滅んでから長い年月が経っているように見られるが、彼らの残したテクノロジーはその殆どが今でも機能していた。スリーパーはセキュリティドローンだけでなく、戦艦に新たな力と可能性をもたらす物を残していった。しかし多くの探索者がスリーパー文明の遺跡を守る冷徹な守護者の餌食となった。危険にも関わらず、スリーパーテクノロジーの遺物はカプセラと帝国の手によって徹底的に発掘された。スリーパーの遺物から得られた技術によってあらゆる科学技術が発展するのに長くは掛からなかった。YC114年末、ポストヒューマンテクノロジーにおける大きな発展の噂が流れ始めた、帝国はそれに関しては堅く口を閉ざしていたが。

[YC115] クローン兵団の存在が明らかに Edit

 
熾烈な地上戦が New Eden 全土に渡って繰り広げられる
 

YC 115 年の最初の一ヶ月間、大規模かつ非常な広範に渡る地上戦が New Eden 全土に溢れた。参加した軍はどの陣営も著しい死傷者を出し、その後すぐそうした戦闘の性質が異常なほど熾烈なものであったことが明るみに出た。

報告書が示すところによると、それらの兵士は重装備に身を包み、意のままに敵を攻撃することが出来る降下艇や特殊な『降下スーツ』を備えていたとされる。

突然の軍事技術の明白な段階的拡大の出現は、New Eden の全ての勢力内に恐れと疑惑を引き起こした。

政府と主要な四大国の軍隊がこれらの事件についての明言を拒否したとしても、"それらの兵士は戦場で喜んで死を選択する兵士へとクローニングされたのだ"との噂はすぐに広まりだした。
帝国の相変わらずの沈黙にも関わらず、それらの噂はすぐに確認された。カプセラはこれら新たな傭兵たちのサービスを用い始め、公然と議論し始めた。クローンのパイロットはクローントルーパーに加わることになり、New Eden の戦場は再び同じになることはないというのは明らかだった。

直近の事変 Edit

[YC115] カルダリプライム戦争の勃発 Edit

 
カルダリ製タイタンの墜落現場
 

YC 115 年 3 月末

[YC115] 傭兵ら、モルデンヒースを植民 Edit

 
クローンの傭兵達は惑星の攻略を開始