Top > アイン > ロフティ:ヴァンデラー > アポスタシア > アポスタシア(超越)
HTML convert time to 0.021 sec.


アポスタシア(超越)

Last-modified: 2017-09-24 (日) 14:52:43
アポスタシア(超越)

スキルツリー Edit

アイコンにカーソルを合わせるとスキル名が表示されます。
クリックすればそのスキル欄まで飛びます。

■スペシャルアクティブ ■アクティブ ■バフ ■パッシブ

超越
Lvアクティブパッシブ封印
70アウスロトゥン解放された意志:アポスタシア
80モダー特化
90カオスフェルド再創造
95べフライウンフェルド

スペシャルアクティブスキル Edit

概要 Edit

覚醒時に自分の攻撃力が1.2倍(超越転職時には1.3倍)になる自己強化バフがつきます。
アインの場合は1段階目が1.05倍、2段階目が1.1倍、3段階目が1.15倍になります。
そのため特別な記載を除いて記載倍率よりダメージが上がります。
追加ステータスはこの自己強化バフに乗らないためこのような記載倍率になっています。

2017/7/26より[真]スキルや特性の習得タイミングを下記の通り変更いたしました。

  • [真]スキル習得タイミング
    転職後に、転職前のすべてのスキルを[真]スキルで習得します。
    • 基本職[真]スキル:二次職転職時
    • 二次職[真]スキル:三次職転職時
    • 三次職[真]スキル:超越転職時
  • スキル特性習得タイミング
    特定のレベルに到達することで、スキル特性を習得します。
    • 基本職スキル特性:レベル20達成
    • 二次職スキル特性:レベル40達成
    • 三次職スキル特性:レベル70達成
    • 超越スキル特性:レベル99達成

アウスロトゥンアウスロトゥン Edit

混沌のバリアの後ろに身を隠して前方に素早く疾走する。移動の途中に敵と遭遇すると周囲に旋風を起こして攻撃する。

攻撃に失敗すると使用したMPの50%を回収して攻撃を終了する。

  1. スキル性能
    必要Lv疾走攻撃(魔法)竜巻(魔法)ヒット数消費
    MP
    クール
    タイム
    備考
    70868%560%1+41008秒-

    必要Lv名称効果備考
    特性[1]00軽量化消費リソースが80%に減少する。MP80
    特性[2]00強化攻撃力が120%に増加する。 

  2. スキル使用感
  • 直線上にいる敵まで移動し左右1キャラ分程度の小範囲攻撃を仕掛ける。
    • 移動距離は丁度訓練所の半分程度。
      移動モーションはテレポートのように移動するが近くの敵を索敵しているわけではなく直線に敵が居なければMPを回収して攻撃を終了する。
    • 移動距離スピード共にそこそこあるため敵から距離を取る手段として使っていくことも可能。
      攻撃失敗時MPを回収するため空虚の絶対者やアプソプシオンのカウントアップに適している。
      • 回収されるMPは循環モードや軽量化で消費MPが減るとその分回収量も減少する。
    • 主に単体用ではあるもののフルヒット3108%とアポスタシアの100スキルの中では強力な部類。

  • Ausrottungはドイツ語で「駆除」または「絶滅」を意味する。

カオスフェルドカオスフェルド Edit

巨大な混沌の領域を生成して世界と隔絶させる。

いばらの道
−発動者の周囲に[出血]デバフを付与するいばらの道を生成。

ヘニル解放
−ヘニル(覚醒)状態でスキル使用時、攻撃当りマナバーン5発生。

  1. スキル性能
    必要Lvいばらの道(物理)混沌の渦(魔法)ヒット数消費
    MP
    クール
    タイム
    備考
    90489%238%2+1620017秒-

    必要Lv名称効果備考
    特性[1]00逆発想消費リソースが60%に大幅減少、クールタイムは130%に増加する。CT21.1秒
    特性[2]00吸収攻撃時、MP回収率が150%に大幅増加する。 

  2. スキル使用感
  • かなり広い範囲に連続攻撃を仕掛ける。
    横範囲はほぼ1画面分。上は二段目まで届く。
    • フルヒット4786%
    • 浮かしが多いアポスタシアのスキルの中で何も考えず広範囲攻撃が出来る数少ないスキル。
      下記のように消費MPをかなり抑えることが出来るので、PTにおいて気兼ねなく使っていける他別のスキル使用後敵を拾うような使い方も出来る。
  • 特性逆発想を選択した場合覚醒時かつ循環モードの時消費MPが87まで減少する。

  • Chaos Feldは英語に直すとChaos Fieldである。

ベフライウンフェルドベフライウンフェルド Edit

本体に潜在するヘニルの力を全て解放させて混沌の世界へ導く。(空中使用可能)

ヘニル解放
−ヘニル(覚醒)状態でスキル使用時、攻撃に成功した敵1体当り[解放された力]1重複増加

  1. スキル性能
    必要Lv解放の領域
    (魔法)
    領域展開
    (魔法)
    連撃
    (魔法)
    解放された力ヒット数消費
    MP
    クール
    タイム
    備考
    1重複
    攻撃増加率
    最大
    重複数
    持続
    時間
    95134%2390%311%10%57秒11+1+1130025秒-

    必要Lv名称効果備考
    特性[1]00重量化攻撃力が140%に大幅増加、クールタイムは150%に増加する。CT37.5秒
    特性[2]00効果増強(1)付与される効果の持続時間が140%増加する。9.8秒

  2. スキル使用感
  • 上空に強力な広範囲吸引を仕掛けその中心付近に連打攻撃を仕掛ける範囲攻撃スキル。
    • 吸引範囲はほぼ1画面まるごと吸い込み、スーパーアーマーだろうと中心に引き込むためその性能はニュートロンボムに近い。
    • 広範囲持続吸引+高火力を備え、効果範囲の敵の数に応じて最大50%も火力が上昇する自己バフを付与するというスペック上とても優れた性能を誇っているが、最大の難点はその吸引位置にある。
    • 頭上に強力な吸引を行うというこのスキルは他の吸引スキル以上にPTメンバーの困惑を招き、状況によって邪魔になってしまいかねない場面は想像に容易い。
      倒しきれる場面で使用したり、他のプレイヤーのスキルの邪魔にならないよう重ねるなどして出来る限りサポートになるような形に収めたい。
  • フルヒット7285%重量化選択で10199%[解放された力]最大重複時15298%と条件があるとはいえアポスタシアの持つスキルの中で最大倍率を出せるスキル。
    • さらに空虚の絶対者やベクセルを絡めることでその火力は29831%にまで及ぶ。
      尤もこの数値は[解放された力]の付与条件上ボス戦において引き出せる数値ではなく
      バフによる強化はこのスキルに限らないためあくまで火力の目安としての数字。


  • Befreiung FeldのBefreiungは「解放」を意味するドイツ語である。

アクティブスキル Edit

モダーモダー Edit

腐敗のマークを刻む破片を発射する。

いばらの道
−破片に当たった敵に5秒間、マーク生成
−維持時間内にスキルキー再入力時、MPを追加で10消費してマークが刻まれている敵の後方に瞬間移動して攻撃
(瞬間移動後に攻撃時、スーパーアーマー)

  1. スキル性能
    必要Lv断片攻撃(物理)移動攻撃(魔法)追加MPヒット数消費
    MP
    クール
    タイム
    備考
    80575%1011%101+1307秒-

    必要Lv名称効果備考
    特性[1]00執拗攻撃時、ダウン値が15減少する。 
    特性[2]00強化攻撃力が130%に増加する。 

  2. スキル使用感
  • 前方に単体攻撃を仕掛け、ヒットした相手にマークを付け、もう一度スキルを使用すると瞬時にその敵の後ろに移動し攻撃を仕掛ける。
    • 前方攻撃の範囲は意外と短く見える範囲で槍は消えてしまい、上下の幅も1段のみ。
    • 瞬間移動は特に距離の制限があるわけではなくマーキングされていればどこにいようと瞬間移動する。
      ただし似たスキルである位相変化とは違い空中にいるとスキルを追加使用できない。
    • クールタイムはアイコンが変わった瞬間からカウントされている。

  • Moderは「腐敗」を意味するドイツ語である。

パッシブスキル Edit

解放された意志:アポスタシア解放された意志:アポスタシア Edit

ヘニルの絶対者になって自分だけの秩序を作り出す。

解放された意志
−すべてのコマンド攻撃のダウン値が減少。
−アブソプシオン獲得個数増加
−権能ゲージが最大値に到達時、[権能:循環モード]が基本で活性化

  1. スキル性能
    Lv必要
    Lv
    ダウン値減少量[アブソプシオン]追加獲得量備考
    アクティブスペシャル
    アクティブ
    17020%1個2個-

  2. スキル使用感
  • 循環モードが基本になるという権能特性の性質を大きく変えるパッシブスキル。
    • アポスタシアは創造モードの恩恵を受ける機会が少ないので基本的にモード切り替えを気にせず行動出来る。
      特に循環モードを強化する能力があるわけではないものの、モードの切り替えやゲージの管理をする必要がなくなるため特性を活かす煩わしさから解放されるという意味で動きを大きく変える。
      • 権能が女神イスマエルからアインに与えられている力だと考えるならば、その力を無視していても構わないという点においてアポスタシアのストーリーが表現されているとも言える。
  • もう1つはアブソプシオン獲得量を増加させる効果。
    • 単純計算でアブソプシオン獲得量増加が1.5倍になるため混沌の種3段階目を素早く用意出来る他、実質ベクセルの使用ハードルを下げるスキル。
      • 獲得量2倍が発動した場合総獲得量はアクティブなら6、スペシャルアクティブなら12になる。

特化特化 Edit

[パッシブ]
自分の身体能力が更に戦闘に特化する。

  1. スキル性能
    Lv必要
    Lv
    物理/魔法
    攻撃力増加
    物理/魔法
    防御力増加
    基本HP
    増加
    備考
    18010%10%10%超越職共通

  2. スキル使用感
  • 超越職共通スキル。基本HPとステータスが大幅に上昇する。
    • 基本HPとは装備やパッシブ等による補正を除いた状態の基礎HP。
      • キャラ補正×(10000+1500×(Lv-1))×0.1 が加算される(小数点以下切り捨て)。
        ※各キャラの補正値
        エルス/レイヴン/エリシス : 112.5%
        イヴ/アラ : 105%
        レナ/ラシェ/ル・シエル/アイン: 100%
        アイシャ/エド/ロゼ : 95%
      • Lv80時点での増加値は上から順に+14456、+13492、+12850、+12207。
        Lv99時点では+17662、+16485、+15700、+14915となる。

再創造再創造 Edit

周囲の力を吸収して変換する能力が極大化される。

べクセル強化
−スキルを使用した瞬間、成長段階によって一定の確率で全てのスキルクールタイムが50%減少
(ハイパーアクティブ/マリッジスキルを除く)

[種吸収]バフ強化
−次のステータスが追加で増加
−物理/魔法防御力
−覚醒チャージ速度/覚醒維持時間

歪んだ権能
−周囲の敵1体当たり権能ゲージ獲得が増加し、[権能:循環モード]の自然消費量が減少

  1. スキル性能
    Lv必要
    Lv
    CT減少
    発動率
    物/魔防・覚醒チャージ速度
    覚醒維持時間増加量
    権能ゲージ
    獲得量
    自然消費
    減少量
    備考
    1段階2段階3段階1段階2段階3段階一律最大重複数一律最大重複数
    19025%50%100%10%20%30%10%35%10-

  2. スキル使用感
  • ベクセルの性質を強化する効果と、権能ゲージの獲得及び消費を強化する効果を持つパッシブスキル。
  • ベクセルを使用することで段階数に応じて確率でCTを50%減少させる。ベクセルはその性質上中途半端な段階で使用することに向いているスキルではないので基本的には100%発動する3段階で使用していくことになる。
    • ベクセル自体はアブソプシオンを消費して強力な自己強化を施すスキルだが、効果時間が短いため基本的にはクールタイムが無い状態でバフを付与したいスキルでもある。
    • また短時間にスキルを繋ぎたいこともあってMPも可能な限りMAXで使用したいことから、ベクセルを使用する前にクールタイムが表示されている時はそもそもベクセルを使用するタイミングではない場合の方が多い。
    • その性質を踏まえるとこのパッシブスキルはベクセルのバフを補助するスキルというよりは能動的にクールタイムを減らすスキルへとベクセルを変化させるパッシブと考えた方が良い。
      確実にCTを半減させる効果自体は優秀であるため意識的にCTを管理することでテンポよくスキルを回すことが出来るようになる。
    • どの段階においてもCT減少値は一律で50%であり、混沌の種段階による変化は発動確率のみ。
  • ベクセルの効果強化は新たに物/魔防御・覚醒チャージ速度・覚醒維持時間増加量を付与するもの。
    • 付与される効果はそこそこ優秀ではあるものの、ここでもベクセルのバフ発動条件とバフ効果時間とのミスマッチが起こる。
      基本的にベクセルは気軽に使用していけるスキルではなくバフ効果も最大役11秒と短い。
      その間に防御力を高められるよりは素直に攻撃に専念したほうが有効でありベクセル自体もそれを念頭に置いたスキルでもある。
      そもそも混沌の種自体にダメージ減少効果付与があるためわざわざバフ付与によって防御力を高める必要性も低い。
      覚醒時間の増加も基本的には混沌の種のバフ効果の方が恩恵が強いため新しく付与された効果は殆どオマケ程度に留まっている。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • アポスタシア系列のスキル倍率とか現在のものに更新 -- 2017-07-28 (金) 14:36:52
  • 更新有難う MP回復手段さえ充実させれば使うの楽しいキャラだね -- 2017-08-09 (水) 21:25:50
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White