Top > Backstory > Chronicles > Amarr_succession

Backstory/Chronicles/Amarr_succession

Last-modified: 2009-01-04 (日) 16:26:51

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

 
amsucc.jpg

Amarr succession
Amarrの継承

 

Amarr Emperors can expect to live for at least 500 years through the use of extensive cyber implants. The Emperor’s position has always had a divine aura surrounding it and this led the Amarrians to belief that the flesh of the Emperor and other members of the royal families was sacred. This fact forbids the sacred flesh to be cloned, as the Amarrians consider this to make it impure.

 

Amarr皇帝は、広範囲なサイバーインプラントの使用により、少なくとも500年は生きるとされている。
神聖なオーラを身に纏った皇帝の存在は、Amarriansに皇帝とその他の王族の肉体が神聖化されていると信じさせた。
この事が、神聖化された肉体がAmarriansが不純とみなすクローンになる事を禁じた。

 

The Emperor’s position is not hereditary and when the old Emperor dies a new one must be selected from among the Five Heirs. The Five Heirs are the heads of the five royal families, the most powerful families in the Amarr Empire. The Five Heirs are descendants of the original members of the Privy Council. The Council was a staunch supporter of the Emperor during the turbulent times 1,500 years ago, known as the Moral Reforms, which was a struggle between the Emperor and the Council of Apostles. Since that time the positions of the five members of the Privy Council have evolved into the current situation of five royal families vying for the throne.

 

皇帝の地位は世襲ではない、そして年を取って皇帝が死んだ時、新しい皇帝は5人の継承権者から選ばれねばならない。
5人の継承権者は、Amarr Empireで最も力を持つ一族である、5つの王族の長たちである。
5人の継承権者は、最初の枢密院メンバーの子孫達である。
枢密院は1500年前の、皇帝と「Apostles(直訳:使徒たち)会議」との闘争として知られる「モラルリフォーム(道徳改正)」の動乱の時代に、皇帝の強固な支持者であった。
その時より、枢密院の5メンバーの地位は、現在の「皇帝の玉座を争う王族」という地位に発展した。

 

When the Emperor dies, an elaborate ritual for selecting a new Emperor is put into action. These rituals are performed in strict order and take a few weeks to complete. The rituals are always undergoing some small changes to better reflect the current state of society and to fix problems experienced in earlier successor bids. The rituals mainly involve various ways in which the Five Heirs prove their loyalty to the empire and their ability to run it. As should be expected most of the rituals involve the Heirs directly, but some of them have changed through the ages to allow another person, chosen by the Heir, to perform in the Heir’s place. In fact, in recent time the intricate process of selecting personal champions has become the focal point of an Heir’s ability and prestige, by finding and hiring the right people for the occasion.

 

皇帝が死ぬと、新しい皇帝を選ぶ複雑な儀式が実行に移される。
これらの儀式は厳命のもとに行われ、完了するまでに数週間かかる。
この儀式は主に、5人の継承権者の帝国への忠誠とその運用能力をあらゆる方法により試すのが内容である。
儀式の大部分は継承権者自身が行わなければならないが、いくつかは長い時の中で変化し、継承権者により選ばれた者が代理として行う事も許されるようになった。
実際、近世は複雑な勝者を選ぶ手順は 継承権者による行事に適した人々を見つけ出し雇う能力とその威信が中心になった。

 

One of the more gruesome aspects of the whole inheritance process is that once a new Emperor has been chosen from among the Heirs, the other four Heirs must all commit a formal suicide. This is done to minimize the risk of conflicts between the new Emperor and the old Privy Council, by removing all of the old ones and replacing the Privy Council with the next-in-line of the five royal families, thus starting anew. Only once since this tradition first came into being more than a millennium ago has it been broken. This was when the Emperor before the current one was selected 300 years ago. Then, one of the remaining Heirs named Khanid II, a young man only who had only recently become the head of his family, refused to uphold the old tradition and fled the royal court. He set up a separate state, the Khanid kingdom, in the vast regions of his family estates and later attempts by the Amarr Empire to reconcile the two states either politically or militarily have all failed. A new minor-family took the place of Khanid’s family in the royal court and the current Emperor, Heideran VII, is the first emperor from that minor family.

 

もう1つ、この継承過程において恐ろしいのは、一度継承権者の中から皇帝が選ばれると、他の4継承権者は儀式により自殺しなければならない事である。
これは、全ての古い者を排除し枢密院を次の代の5王族に入れ替え、新たにスタートさせることにより、新皇帝と旧枢密院のとの間で衝突が起こること危険性を最小化するために行われる。
この伝統が始まってから千年以上たつが、一度だけ破られた事がある。
それは、現在の前の皇帝が選ばれた、300年前の事である。
その時、選ばれなかった継承権者の1人であるKhanid IIという名の、最近一族の長になったばかりの若い男は、古い伝統を支持する事を拒否し、王立法廷から消えた。
彼は、一族の財産である広大な領域において、独立したKhanid Kingdomを設立した、そして2つの地域を政治的・軍事的に調停しようとするAmarr Empireの試みは全て失敗に終わった。
1つの比較的小さな一族が、王室法廷におけるKhanid一族のいた席を得た、そして現在の皇帝Heideran VIIはその小さな一族から出た最初の皇帝である。

 

補足
Heideran VIIは2003年のニュースで死亡
Doriam IIが次の皇帝になるも、2005年のニュースで暗殺され
2006年5月現在、犯人の究明中のまま、皇帝は不在

 

<<back