Top > Backstory > Chronicles > Mind_Clash

Backstory/Chronicles/Mind_Clash

Last-modified: 2009-01-04 (日) 13:57:11

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

 
mindclash.jpg

Mind Clash

 

Mind Clash is a very popular sport throughout known space. It is as enthusiastically played in the royal court on Amarr Prime as in the gamb<検閲>ling halls of the Caldari. The Clash Masters – the best players from around the worlds – are superstars, awed and adored equally among Gallentean yuppies and Minmatar punks.

 

「Mind Clash」は既知宇宙中ですこぶる人気のあるスポーツだ。Amarr Prime の宮廷から Caldari のギャンブルホールまで、あらゆる場所で熱狂的にプレイされている。Clash Master(このゲームの世界屈指のプレイヤーたちはこう呼ばれる)はスーパースターであり、Gallentean の都会の若者にも Minmatar の不良にも、同様に畏れられ崇拝されている。

 

The game itself evolved from a simple computer game called Clash of Wits, where two participants played the roles of puppet masters, using various kinds of creatures and forces to attack each other until either one of them caved in. The game was fairly popular among teenagers and young adolescents, but not a phenomenon in any sense of the word.

 

このゲームは「Clash of Wits」という名称のシンプルなコンピューターゲームを元に発展させたものだ。「Clash of Wits」は二人のプレイヤーがパペットマスターの役割を担い、様々な種類のモンスターや力を駆使してどちらかが屈服するまで戦うというゲームだ。このゲームはティーンエージャーや若者にはわりとよく知られているが、お世辞にも社会現象というほどではない。

 

The extensive advances made in neural- and cyber-technology through the years then paved the way for a new version of the game, where the players didn’t control a computer-generated puppet master, but rather stepped into the role of puppet-master themselves. The illusions – fantastical creatures, monsters, phenomena – were still only bits and bytes in a computer, but due to the strength of the connection between the mind and the machine, this didn’t make them any less dangerous to a puppet master made of flesh and blood. Even if participants couldn’t be ripped to pieces in the literal sense, the potential psycho-trauma caused by the constant barrage on the brain could easily reduce a stout man to a whimpering wreck in mere moments.

 

ここ数年の神経技術と情報技術の多大な発展の恩恵を受けて、このゲームの新バージョンが作られた。それまではコンピュータの作り出したパペットマスターをコントロールすることはなかったのが、パペットマスターそのものになることができるようになったのだ。幻想的な生き物やモンスターや引き起こされる現象こそ未だコンピュータ内のビットとバイトに過ぎなかったが、精神とコンピュータの結合が強いため、血肉のあるパペットマスターにとっても危険ではないとは言えなくなってきた。プレイヤーが文字通り八つ裂きにされるなどということはないが、脳へ絶え間ない集中攻撃を受けた場合に引き起こされる精神的外傷の威力は大の男を一瞬にしてすすり泣く廃人へと変えてしまうほど強いものなのだ。

 

Actually, the illusory creatures and phenomena are only there for the show – doing nothing by themselves, they simply portray in visual terms what actually is going on behind the scenes in the minds of the participants. The actions and state of the illusion give ample indication of the actual events of the struggle to the spectators. These illusions are, in modern arenas, often projected as holograms above the participants. All the stars of the game have their own exclusive repertoire of personally trademarked illusions. This, coupled with flashy outfits and catchy nicknames, makes each of the major stars easily distinguishable to the fans. In addition to the illusions huge screens dot the arenas where duels are held, broadcasting images and information to the masses ogling the match. These consist mainly of things like facial close-ups of the sweating contestants, or detailed data-charts on the status of their mental and bodily state.

 

実際、モンスターやエフェクトには見せ物としての存在意義しかない。それだけでは何も引き起こさず、プレイヤー間の精神の間に一体何が起こっているのかを映像で劇的に表現しているだけだ。そのイリュージョンの動きと様子は、観客達に実際の死闘の様子を十分に伝えている。こういったイリュージョンは最近のアリーナではだいたい参加者の上に設置されたホログラムに映し出される。スタープレイヤーは皆独自のトレードマークとなっている幻影を持っていて、それは安っぽいきらめきを放つ衣裳とキャッチーなニックネームとあいまって、ファンがそれぞれの有名スタープレイヤーを見分けやすいようになっている。イリュージョンに加え、試合が開催されているアリーナのいたるところに点在している巨大なスクリーンには、試合に熱を上げる慣習のために映像と情報を流している。そういった情報は主に汗を流している競技者の顔のクローズアップや、彼らの精神的・肉体的なデータチャートなどで構成されている。

 

The new version of the game was called Mind Clash. Since its release over a century ago the game has grown into a full-fledged sport, with billions of fans and billions in revenue generated. The inevitable development has been that Mind Clash is now one of the biggest entertainment forms around – with all the stardom, hangers-on, aspiration dreams, gamb<検閲>ling and showmanship that goes with it. For many, the Worlds Championship is the major event of each calendar year. During that massive event, the sixteen best players from all around the star cluster gather to slug it out. Although rumors of fixed matches and rigged results have somewhat tainted the image of the event (and the sport as a whole), it remains a huge attraction for more or less everybody, and Mind Clash betting is one of the favorite pastimes of billions of people.

 

この新バージョンのゲームが「Mind Clash」だ。100年以上前にリリースされてからというもの、何億ものファンと何億もの収益を獲得し、このゲームは一角のスポーツに成長した。当然の帰結として Mind Clash は今や最大のエンターテイメントのひとつになった――スターダム、取り巻きたち、野望、賭博そしてショウマンシップ・・・それら全てを取り込んで。多くの人間にとって世界選手権は毎年のビッグイベントだ。その巨大なイベントにおいて、星団中から集められた16人のベストプレイヤーが戦い抜く。筋書きがあるだとか八百長があるだとかの噂がいくらかこのイベントの(主にスポーツとしての)イメージを損ねることはあるが、それでもほとんど全ての者にとっては多かれ少なかれ大きな魅力があるし、Mind Clash で賭をするのは億単位の人々にとって大きな気晴らしなのだ。

 

The current Mind Clash Worlds Champion is Joelyn Donalokos, a Gallentean of Intaki ancestry. Donalokos, a 7-year veteran Clash Master, is the Worlds Champion of the last two contests and has for the last three years topped the Clash Masters' income list. Donalokos’ specialty is his Blue Tiger illusion, something which has become one of the most widely-recognized symbols in the whole world.

 

現在の Mind Clash のワールド・チャンピオンは Intaki 系 Gallente 人の Joelyn Donalokos だ。 Donalokos は7年のキャリアを持つベテラン Clash Master で、直近二回の大会で連続世界王者となり、過去三年間連続で Clash Master の獲得賞金ランキングのトップに輝いている。Donalokos の十八番は、いまや全世界で最も広く知られたシンボルとなった Blue Tiger イリュージョンだ。

 

<<back