Top > Backstory > Chronicles > Outer_Ring_Excavations

Backstory/Chronicles/Outer_Ring_Excavations

Last-modified: 2009-01-04 (日) 14:37:59

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

 
Nocxium.jpg

Outer Ring Excavations
Outer Ring Excavations社

 

Nocxiumはカプセルを製造するのに不可欠な重要原料ということもあり,最も珍重される希少原料の一つである.
Nocxiumは超新星でのみしか生成されないため,限られた地域でしか見られない.その上,高温・高圧環境下では変質してしまうため,新星や恒星そのものではなく,周囲に残るアステロイドのような小天体にのみ含有されている.

 

数年前,Gallente連邦領の丁度外郭に位置するCloud Ring星域Miennue座において多量のNocxiumを含んだアステロイドが発見された.荒涼としていたCloud Ring星域は俄かに活気付き,国際政治の場でも脚光を浴びることになった.最初のNocxiumアステロイドが発見されて以来,何千もの探鉱者がNocxiumを求めてMiennueを訪れた.しかし彼等の多大な努力にも関わらず,新しいNocxiumアステロイドを探し出せた者は居なかった.

 

最近の報道によれば,Yani Sar Arteuは大当たりを引くことができた数少ない一人である.各メディアは,彼と彼の小さな会社「Outer Ring Excavations社」は,今まで発見された中で最大の埋蔵量を誇るNocxiumアステロイドを探り当てた,と伝えている.
しかし,そのアステロイドを実際に見た者は彼等だけであり,結局その正確な位置も公表されなかったことから,架空の発見のでっち上げだという多くの噂を呼ぶことになった.実際,彼等の会社はその発見したというアステロイドの採掘には殆ど時間を費やしていない.彼等はこれはNocixumの供給過剰による値崩れを起こさない為だと主張しており,今では専ら,彼等のアステロイドをどうにかして奪おうと跳梁跋扈する競合他社(のスパイ)との「隠れんぼ」合戦に精を出す羽目となっている.

 

Miennueでの一部始終を見守っていた各国家は,明に暗に,こぞってOuter Ring Excavations社に資金投資や買収を持ちかけたのだが,Arteuはこれらの申し出を全て断わり,遂には連邦からも独立してしまった.
しかし,今では競合他社の暗躍が酷くなる一方であり,彼等がアステロイドの在り処(若しくは存在の有無そのもの)をずっと守り続けるのはもはや難しくなっている.遅かれ早かれ,仕掛けられたありとあらゆる手立て(賄賂や恐喝や,スパイや,盗聴器や・・・)によって,いずれArteuと彼の会社が慎重に隠してきた秘密は白日の下に曝されてしまうだろう.

 

ただ,今のところは,Arteuが大金持ちになって,Outer Ring Excavations社の資産価値が上がり続けているという事実に変わりはないのである.

 

<<back