Top > Backstory > Chronicles > Rogue_drones

Backstory/Chronicles/Rogue_drones

Last-modified: 2009-01-04 (日) 15:37:12

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

 
rogue.jpg

Rogue drones

 

The huge asteroid tumbled majestically through the void, dwarfing his asteroid brethren close by, some of which themselves measured hundreds of meters in diameter. Gabri Cichan had been working his way towards the behemoth for the better part of an hour now. He had even given the huge asteroid a girl’s name, as was his want with asteroids he hoped would make his dreams come true and fill his pockets with cash - this one he called Theriese. His cargo hold was half-full of minerals by now, Cichan hoped to fill it completely by mining Theriese, preferably with some rarities. Approaching it was not easy - lesser asteroids seemed to swarm around it in great clusters, making it tricky to navigate through the maze of rock. Cichan kept his mining drones occupied on nearby asteroids while maneuvering closer to the big one. As soon as he was in range he sent some of them up ahead to start digging into Theriese. Getting closer Cichan noticed other drones mingling with his own. Thinking another miner was in the vicinity he started scanning his radar, but detected no ships - just those few extra drones and the asteroids rolling around his ship. Continuing his approach unabated Cichan squeezed between a couple of asteroids that formed a sort of a gateway to his objective. Finally entering the empty space around Theriese, Cichan was quickly unnerved by the sight that greeted him in the asylum beneath Theriese’s shadow.

 

巨大なアステロイドが、すぐ近くのアステロイド兄弟を小さく見せながら宇宙空間を堂々と回転しています、そのいくつかは直径数百メートルにもなります。
Gabri Cichan はこの1時間の大部分をその巨獣に向かって進み続けていました。
彼は、彼の夢を実現して彼のポケットをお金で満たす希望のアステロイドであるかのように、この巨大なアステロイドに女性の名前を付けてさえいました、これを彼は Theriese と呼んでいました。
彼の貨物室は今までにミネラルで半分いっぱいでしたが、Cichan は Theriese を採掘する事で満杯にする事を望みました、なるべくなら希少性のもので。
それに近づく事は簡単ではありませんでした、大きな群れの中で小さなアステロイドがそれに群がっているようで、岩の迷路の中を進むように難しくしていました。
Cichan は大きなアステロイドへ接近する間、彼の採掘ドローンを近くのものに専念させていました。
彼は可能距離に入るとすぐに、いくつかの採掘ドローンを送り込み Theriese を掘り始めました。
更に近づくと Cichan は他のドローンが彼のものに混じっているのに気が付きました。
他の鉱夫が近辺にいると思い、彼はレーダーでスキャンを始めましたが、あの余分なドローンと彼の船の周囲を回るアステロイドだけで、船は見つかりませんでした。
彼の目的地との間の一種のゲートを形成した2つのアステロイドに挟まれながら、Cichan は変わらずに接近を続けました。
ついに Theriese 周囲の空きスペースに入り、目に入ってきた Theriese の影の下の隠れ場所の光景にすぐに狼狽しました。

 

Clinging to the inner sides of the two gateway asteroids were sprawling rogue drone lairs - hundred of meters of dark metallic and menacing abode buried deep into the rock and housing hundreds of wild drones. Cichan had heard of these monstrosities, but never one so big as the one he was viewing now. The lair was not only cleverly hidden in every direction from prying eyes - it was also superbly located close to the mammoth asteroid that was sure to attract miners from miles away. As a prove to that point Cichan noticed the remains of several ships perched by the drone lairs, being systematically taken apart by worker drones and incorporated into the ever-expanding drone complex. Fast approaching combat drones made Cichan fear his ship would share the same fate all-to-soon.

 

2つのゲートアステロイドの内側にしがみつくと、ローグドローンの巣が蔓延していました、何百メートルにも及ぶ恐ろしい居住地が、岩の奥に向かって埋まっていて、何百ものワイルドドローンが入っていました。
Cichan はこれらの化け物について聞いたことがありましが、彼が今見ているものより大きな物はありませんでした。
この巣は、賢く四方の目から隠れているだけではなく、離れた場所から確実に鉱夫を引き付ける巨大なアステロイドの近くの素晴らしい位置にありました。
この点の証明として、Cichan は組織的に労働ドローンによって分解されて拡大し続けるドローン複合体に取り込まれた複数の船の残骸が、隠れ家の側にあることに気が付きました。
高速に接近する戦闘ドローンは Cichan を彼の船もすぐに同じ運命を分け合う事になると恐れさせました。

 

In a desperate attempt to escape the attacking drones Cichan slammed his ship into evasive maneuvers while trying to kick-start the warp drive at the same time. His only chance was to outmaneuver the drones long enough until his warp drive would activate.

 

攻撃するドローンから逃げるための必死の試みで Cichan は、ワープドライブを起動させながら同時に強く回避操作をしました。
彼の唯一のチャンスは、彼のワープドライブがアクティブになるまで十分長くドローンと上手くたちまわることでした。

 

The bulky combat drones were sluggish in their pursuit of the fleeing vessel, but more nimble assault drones surged ahead and quickly caught up. The assault drones were equipped with energy leech equipment and once in range they set out to disrupt the energy flow in Cichan’s ship. The ship’s power core could have coped with two or three of these little buggers, but the ship was soon swamped by them and the power supply drained rapidly. By the time the warp drive was online it was too late - Cichan no longer had the energy available to activate it. Then the combat drones arrived.

 

大きな戦闘ドローンは逃げる船を追うには鈍重でしたが、もっと速い襲撃ドローンが押し寄せて、素早く追い付きました。
襲撃ドローンはエネルギー吸引装置を装備していて、一度範囲に入ると Cichan の船のエネルギー循環を遮断しようとしました。
船のパワーコアはこれらの2-3の小さな妨害に耐えましたが、船はすぐに彼らに押し寄せられ、パワー供給はすぐに枯渇しました。
その時ワープドライブがオンラインになりましたが遅すぎました、Cichan にはもうアクティブするエネルギーはありませんでした。
そして、戦闘ドローンが到着しました。

 

hen Cichan was some minutes later being whisked away in his capsule he thought himself lucky to escape alive. His ship and everything in it was lost - it was now serving as fodder for the growing drone lairs of Theriese. Well, he thought, at least he had an interesting story to tell his friends.

 

雌鳥(?) Cichan は数分後、彼の脱出カプセルで逃げていて、彼は自分は生きて逃げられて幸運だと思いました。
彼の船と全ては失われました、それらは今 Theriese で成長するドローンの巣の材料として使われていました。
まあ、少なくとも友達に話せる面白い話を持っていると、彼は思いました。

 

Rogue drones and wild drones are the terms used over advanced drones that mutated out of control. A few years ago some ingenious Gallentean inventor had the idea of creating super-advanced drones that could think and act on their own - in essence acting in every sense like a regular space ship except being unmanned and computer controlled. First prototypes were encouraging, but then disaster struck. The drones became unruly, then unmanageable. Some of these were huge - the largest drones ever constructed, these drones were even equipped with warp drives and equipped with the latest advancements in artificial intelligence. These mother drones, as they were called, along with several lesser drones soon managed to spread out, not only within the same system as the research facility that birthed them, but also to other systems. Only later men discovered exactly how - the drones attacked and took over space ships, then used them to jump to other systems, the drones themselves safely hidden within the ship. Needless to say the super-drone research was soon abandoned by the Gallenteans.

 

ローグドローンやワイルドドローンは、突然変異により制御不能になった高度なドローンの事を指します。
数年前、数名の優秀な Gallentean 発明者は、自身で考え行動できる、つまり無人コンピュータ制御である事を除けばあらゆる状況で普通の船と同じように行動できる、スーパーアドバンスドドローンの計画を持っていました。
最初の試作品は有望でしたが、災いは急に起こりました。
ドローンは乱暴になり、管理できなくなりました。
それらのドローンのいくつかは巨大でした、これまで作られたドローンで最大であり、ワープドライブや最新の先進人工知能さえ装備していました。
マザードローンと呼ばれたそれらのドローンは、いくらかの劣ったドローンと共に、彼らを生み出した研究施設のある星系だけでなく、その他の星系にまで散らばることに成功しました。
少しあとに、人はどの様にそれが行われたか知りました、ドローンは宇宙船を攻撃し乗っ取り、ドローン自身は安全に船の中に隠れ、そしてその船で他の星系にジャンプしました。
言うまでも無く、スーパードローン研究は Gallenteans から破棄されました。

 

The rogue drones soon started behaving very much like other living beings. They constructed a home for themselves, usually deep in some remote asteroid field, and began plans for reproduction. This involved both the mining of asteroids and attacks on unsuspecting mining vessels - all with the intent of gathering the materials needed to expand their homes and to build their own drones. As the months passed drone lairs popped up in dozen different places and today they can be found in almost every corner of the world, harassing and killing space farers of every sort. As each drone lair is started by a separate mother drone they often evolve in quite different ways. Each new generation of rogue drones shows some new mutations, creating a huge diversity in the shape, size and power for rogue drones.

 

すぐに行動を始めたローグドローンはとても他の生物に似ていました。
彼らは、いくらかの遠いアステロイドベルトの深くで、自身の家を作り、生産のための計画を始めました。
これは、アステロイドの採掘と、何も知らない採掘船への攻撃を共に含みます、全ては彼らの家を拡大し彼ら自身のドローンを作るのに必要な資材を集める目的でした。
数ヵ月後には、ドローンの巣は1ダースもの様々な場所に出現し、今日では、ほぼあらゆる場所で見られ、様々な種類の宇宙旅行者を悩まし殺しています。
それぞれのドローンの巣は別々のマザードローンによって始まり、彼らはしばしば全く違った方向に進化します。
ローグドローンのそれぞれの新世代はしばしば新たらしい突然変異をみせ、ローグドローンの形、大きさ、パワーに膨大な種類を作っています。

 

Recently a new type of drone lairs have appeared, commonly called hulk lairs. It seems that when rogue drones manage to capture suitably large vessels, like large cargo freighters or cruisers, they don’t dismantle the ship completely, but instead start to incorporate the lair into the ship’s hull. Eventually these hulks break free from the drone lair that captured them and start drifting out of the asteroid field, sometimes even under their own accord; the propulsion system still being intact. Hulks like these have been found drifting in deep space, far from human settlements, but occasionally they drift close by settled planets or through space routes. This can cause severe problems for the populace and space farers, often requiring heavy military involvement to get rid off.

 

最近、新しいタイプのドローンの巣が現れました、廃船の巣と呼ばれます。
ローグドローンが、大きな貨物庫の貨物船やクルーザーなど適度に大きな船を捕らえることができた時に、船を完全には分解せず、その代わりに巣を船体に取り込むようです。
最終的に、これらの廃船は捕らえられたドローンの巣から自由になり、時に彼ら自身の協定のもとにアステロイド地帯の外を無傷のままの推進システムで漂い始めます。
このような廃船は人間の居留地から遠く離れた深宇宙を漂うのが見られますが、時折これらは入植惑星や宇宙航路の近くを漂います。
これは市民や宇宙旅行者に深刻な問題を起こしかねないため、しばしば排除のために大きな軍事介入を必要とします。

 

In areas were rogue drones are numerous and seen as deterrents to normal mining and trade operations the local authorities have taken it up by themselves to employ armed forces to destroy rogue drone lairs, or at least keeping them from spreading too heavily. A favored tactic among those hunting rogue drones is re-programming their AI circuits, effectively taking control of them. However, this tactic is hard to pull off, not to say very dangerous. Discussions have been held between the empires and within the CONCORD about possible ways for a joint effort to rid the world of rogue drones, but these discussions have not let to any concrete deals being made and thus it is still in the hands of local authorities to deal with the drones as they see fit.

 

ローグドローンが多数存在し採掘や通商の障害であると見られる地域では、地方自治体で、ドローンの巣を破壊するか、少なくとも大きく広がらせないため自ら軍隊を雇います。
これらのローグドローン狩りの間で好まれる戦術は彼らのAI回路を再プログラムして事実上支配する事です。
しかし、この方法は非常に危険ではないとは言い難く、成し遂げるのは難しいです。
CONCORD 内の empires で共同してローグドローンの世界を取り除く可能な方法についての議論が持たれましたが、これらの議論は何の具体的な取り決めも成されませんでした、そうしてドローンの扱いは地方自治体の担当のままです。

 

<<back