Top > Backstory > Chronicles > Society_of_Conscious_Thought

Backstory/Chronicles/Society_of_Conscious_Thought

Last-modified: 2009-01-04 (日) 15:42:20

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

 
jovecity.jpg

Society of Conscious Thought
意識的思考協会

 

意識的思考協会 (The Society of Conscious Thought: SCT) は3世紀前、Jove人のIor Labronによって設立されました。一般にJove人はさほど宗教的ではありませんが、このJove人たちは、他のあらゆるものに対するのと同等の熱意でもって、精神性を追究しています。SCTは長年にわたりJove人の宗教的欲求の受け皿として機能してきましたが、今日ではこの役割は二次的なものとなっています。

 

協会の経歴は長く複雑なものです。始まりは人間の精神的、宗教的な感覚や欲求について探求するために作られたカルト教団 (主要な探求目標は、例によって人生の意味の解明でした) であり、後に政治の世界へ手を広げ、一時には、実質的なJove人社会の影の政府となったこともありました。

 

これはしかし長くは続きませんでした。他の政治勢力が力を合わせて協会の権力を失墜させ、結果として、協会はかなりの長期にわたって追放されました。しかしそれでも協会はひっそりと、かつての神秘主義的な状態に立ち戻りつつ存続していました。年月が経つにつれ、協会は再び表舞台に現れつつあります。しかし今度は抜け目なく慎重に、自らを敵視している政治の世界を避けるよう注意しながら。

 

再び、精神的啓蒙の探求がSCTの主題となりました。協会はこの問題に対する、熱狂的な一連の技術研究に着手し、その結果、いくつかの非常に興味深い、人類の性質や、人類と宇宙との関わりに関する学説や事実が発表されています。

 

SCTは、脱俗的な宗教教派がよくやるように、遠方の地域に隠れ家を求め、そこに居住地を建設しました。協会が最も活発な政治活動を行っていた時でさえ、拠点は大規模な居住地から離れた場所に維持し、孤立した星域 (region) の惑星の側や深宇宙を好みました。近年になってようやくSCTは少しだけ孤立性を薄め、都市部にオフィスを構えて、一般大衆への露出を増やそうとしています。

 

人里離れた場所で協会が作り上げた、自給自足を重視した小さな社会は、Jove人が強く持つ気質の賜物と言えるでしょう。これら広大な、しばしば巨大な要塞にも似た場所には、居住区や食料生産施設から実験施設や図書館まで、あらゆるものが存在します。それぞれの居留地はkitz (キッツ) と呼ばれ、それぞれ独立していますが、相互間の連絡は頻繁に行われています。

 

それぞれのkitzは学校を有し、学術的または科学的分野についての教育を行っています。当初、生徒は全員SCT会員の子供たちでしたが、数十年前から協会の許可を得て、毎年「外部」からの子供たちを、Jove人以外からでも受け入れています。志願者は協会によって選抜されますが、その傾向はほとんど無作為であるように見えます。というのも、誰を入学させるのかということについて明確なパターンが見出せないからです。人種でも、性別でも、社会的地位でもないようですし、本人の才能や知性ですら重要な問題ではないようなのです。多くの裕福な親たちが、我が子が入学できるようにと大金をSCTに寄付してきましたが、統計によると、この行為はほとんど、あるいはまったく効果がなかったようです。

 

いずれにせよ、協会の壁の向こうで子供たちが受ける教育は最高のものであり、卒業生ならば誰でも行く先々で引く手あまたとなる、というのは誰もが認めるところです。SCT卒業生の驚くほど多くの人々がその後、星間企業の社長や大臣などの極めて高い地位についています。ですから、SCTが世界のリーダーの育成施設と呼ばれるのも当然のことなのです。

 

<<back


 

Society of Conscious Thought

 

The Society of Conscious Thought, or SCT, was founded three centuries ago by the Jovian Ior Labron. As a rule, Jovians are not very spiritually inclined, but those Jovians that are take to their spirituality with the same vigor and zeal as to everything else. The SCT has, through the ages, acted as the outlet for the spiritual needs of the Jovians, although that role is only a secondary one today.

 

意識的な考え協会(すなわちSCT)は3世紀前に木星のIor Labronによって設立されました。概して、ヨヴィアヌスは、あまり精神的にいません、傾いた、しかしそれらのヨヴィアヌス、他のものすべてに関して同じ力および熱意を備えたそれらの精神性を好きになります。その役割は今日第2の役割だけですが、SCTはヨヴィアヌス一家の精神的な必要のはけ口の役割をしました(時代を通じて)。

 

The Society’s story is a long and complex one. Starting out as a cult created to explore humanity's spiritual and religious feelings and needs (with the primary aim of discovering the meaning of life, no less), it later expanded into the realm of politics and, for a little while, effectively became Jovian society's shadow government. This, however, did not last for long; other political factions joined together to break their power, with the result that the Society was banned for a considerable period of time. Yet they still lurked in obscurity, reverting back to their mystical past. As the years passed the Society again began to exert itself, but wisely and carefully this time, making sure to just skirt the borders of the hostile political arena.

 

社会の物語は長く複雑な物語です。人間性の精神的・宗教の感情、およびニーズ(まさしく生命の意味を発見する主要な目標を備えた)を調査するために作成されたカルトとして外にスタートして、それは、その後政治の領域へ拡大しました、そして、少量のために、一方、有効に木星の社会の影政府になりました。しかしながら、これは長い間続きませんでした;他の政治的な党派はそれらの力を壊すためにともに連結したので、社会は相当な期間の間禁止されました。しかし、それらは、神秘的な過去に戻って、まだ不明瞭に潜在しました。その数年が社会を通ったとともに、再び努力し始めた、しかし今回賢明に注意深く、単なるスカートへ確かめること、対立的な政界の境界。

 

Once again, the search for spiritual enlightenment became the focus of the SCT. They embarked on a journey of frenzied technological research on the matter, resulting in some very interesting theories and facts on the nature of man and his connection to the universe.

 

もう一度、精神的な啓発の捜索はSCTの焦点になりました。それらは、いくつかの非常に面白い理論に帰着する問題についての、熱狂的な技術的な研究、および人の性質および宇宙への彼の接続に関する事実の旅行に乗り出しました。

 

The SCT had, in the traditional way of secluded spiritual sects, sought refuge in remote areas, building their residences there. Even while the Society was most active in politics, they still maintained their homes far away from large human settlements, favoring isolated regions planet-side or in deep space. Only in recent years has the SCT become a little less reclusive, setting up offices in urban settlements in order to increase their visibility to the general public.

 

SCTは、そこにそれらの住宅を建造して、隔離した精神的な分派の従来の方法の中で、僻地に避難しました。社会が政治の中でとても活発だった間さえ、それらは分離された地方惑星側に賛成して、まだ大きな人間の居留地からはるか遠くに家を維持したか、あるいは深淵で一定間隔で配置します。近年(のみ)それらの視界を一般大衆に増加させるために都市の居留地でオフィスに元気をつけて、SCTに少しそれほど隠遁していなくならせます。

 

In their remote abodes the Society has built up mini-societies emphasizing self-sufficiency; a trait strong among the Jovians. These sprawling places, often resembling huge fortresses, house everything from living quarters and food-growing facilities to laboratories and libraries. Each enclave, called a kitz, is a separate entity, but communication between kitzes is frequent.

 

それらの遠隔の住居では、社会はミニ社会の強調する自給自足を構築しました;ヨヴィアヌス一家の間で強い特性。巨大な要塞にしばしば似ている、広がる場所は、4分の1を生活に実行することからのすべて、および研究所と図書館への食物を成長している設備を収容します。kitzと呼ばれる各飛び地は個別の実体です。しかし、kitzesの間のコミュニケーションは頻繁です。

 

Each kitz maintains a school for educating their members in the scholarly or scientific fields. At first, all the students were children of SCT members, but a few decades ago the Society started admitting, each year, a small number of children from 'outside,' even non-Jovian ones. The applicants are chosen by the Society and their choices seem to many to be almost random, because there is no visible pattern as to who gets in: neither race, gender, social standing, nor even talent and intelligence by themselves seem to play instrumental roles. Many wealthy parents have tried to increase their child’s chances by donating large sums of money to the SCT, but statistics have shown that this has little or no effect.

 

各kitzは、学究的科学的な分野でのそれらのメンバーの教育のために学校を養います。初めは、学生はみなSCTメンバーの子供でした、しかし、数十年前に、社会は毎年認め始めました、少数の子供、から「の外部で。」非木星のものさえ。申込者は社会によって選ばれます。また、誰が次のものの中で得るかに関して、可視のパターンがないので、選択はほとんど任意のために多数に見えます:どちらもないレース、ジェンダー、社会的地位、および、独力で才能および知能さえ、助けになる役割を果たすように見えます。多くの裕福な親が、SCTに多額の金銭を寄贈することにより子供の機会を増加させようとしました。しかし、統計は、これがほとんどない効果があることを示しました。

 

In any case, most people agree that the education the children receive within the Society’s walls is first-class and every graduate is a sought-after employee anywhere he or she goes. An astonishing proportion of SCT graduates reach a prominent position later in life, becoming presidents of multi-stellar corporations or governmental ministers. Little wonder, then, that people regard the SCT schools as breeding grounds for world leaders.

 

どんな場合も、ほとんどの人々は、子供たちが社会の壁の内に受ける教育が最上で、彼または彼女が行くどんな場所でも、すべての卒業生がひっぱりだこの従業員であることに合意します。SCT卒業生の驚くべき割合は多重星の企業か政府の大臣の社長になって、その後この世で顕著な位置に到着します。小さな驚異、それでは、その人々はSCT学校を世界のリーダーのための繁殖地と見なします。

 

<<back