Top > Backstory > Chronicles > Tattoos

Backstory/Chronicles/Tattoos

Last-modified: 2010-09-26 (日) 14:21:45

Copyright © CCP 1997-2010
原文はCCPに著作権があります

 
Tattoo.jpg
 

Tattoos
タトゥー

 

While body markings and modifications appear across all cultures in New Eden, it is the Minmatar who have taken that most ancient method of body marking, the tattoo, to a whole new level. To the Minmatar, the tattoo is not simply a form of art, but rather an integral part of their culture and customs.
ボディーマーキングや身体改造はNew Edenのあらゆる文化において見られるものだが、Minmatarは、最も古い身体装飾法であるタトゥーを、全く新しい高みへ引き上げている。Minmatarにとって、タトゥーは単なる芸術のひとつではなく、自身の文化や習慣と不可分なものである。

 

The Tattoo in Minmatar History
Minmatarの歴史におけるタトゥー

 

When the Minmatar Empire was in its heyday, before a single Amarr ship ever darkened its skies, the Minmatar had truly made the tattoo into a form of high art. It was said the best artists could breathe life into the skin of an individual with their work. Today's works, although still beyond what other races can achieve, are mere scribbling compared to the greatness of their predecessors. The Minmatar tattoo artists of today are forever seeking to regain the knowledge and skill that was lost to them when the Amarr, during their occupation of the Minmatar, issued an edict banning the practice.
Minmatar帝国の全盛期、まだAmarrの艦が影を落とすことのなかった頃、Minmatarはタトゥーを高尚な芸術の形として完成させた。一流の芸術家は、人の肌に命を吹き込む力を持つとも言われていた。今日のそれは、未だ他の種族の及ぶところでないとはいえ、祖先の偉大な芸術に比べればただの落書きのようなものである。今日のMinmatarのタトゥー芸術家は、絶えず当時の知識と技術を捜し求めている。AmmarがMinmatarを侵略し、布告によってタトゥーの慣習を禁止した際に失われた知識と技術を。

 

This was a savage blow to the Minmatar, for a Minmatar's tattoos proclaim who he is, where he came from, what he does, where he has been and what he has experienced. They represent a Minmatar's identity as well as his story. A Minmatar without his markings is not considered a Minmatar at all. Such a one would be as alien to the Minmatar as a universe without God would be to the Amarr. In this, as well as in myriad other ways, the Amarr began to erase the Minmatar's culture and identity, converting them into more pliable slave stock.
この布告はMinmatarにとって強烈な痛手であった。Minmatarのタトゥーは、その者が誰であるか、どこから来たのか、何を生業としているか、どこへ行きどんな経験をしたかを示すものだからである。タトゥーは物語と同様、Minmatarのアイデンティティーを代表するものである。自身の印を持たないMinmatarは、決してMinmatar人と見なされることはない。そのような人物がMinmatar人にとって異質なことは、Amarr人にとって神のいない宇宙のごとくである。そこでAmarrは、その他の無数の手段とあわせて、Minmatarの文化とアイデンティティーを消し去ることによって、Minmatar人をより従順な奴隷の供給源に仕立て上げようとしたのである。

 

During the millennium of enslavement, the Amarr all but eradicated the tattoo culture. Nevertheless, it managed to survive in various different bastardized forms until the Great Rebellion, when the Minmatar finally threw off their shackles. What followed was a long hard struggle for the Minmatar to regain all that was lost to them during the occupation, and within the context of this endeavor the culture of tattoos was given primacy. The Republic of today is enjoying a renewed ascendancy of this ancient art form, with the tattoo once again representing an integral part of Minmatar culture and being.
一千年におよぶ奴隷制によって、Amarrはタトゥー文化をほとんど完全に根絶した。それでもなお、この文化は様々な劣化した形で存続し、偉大なる反抗 (Great Rebellion) において、Minmatarがついにそのくびきから解き放たれるまでの時を生き延びた。それから、占領時代に失われたものを取り戻す長く困難な道のりが始まった。そのような奮闘の歴史の中で、タトゥー文化は最重要のものとなった。今日の共和国ではこの古代の芸術の再興が大いに享受され、タトゥーは再びMinmatarの文化と人々にとって欠かすことのできないものとなったのである。

 

The Tattoo Today
今日のタトゥー

 

While the forms and styles of tattoo vary across tribes, the structure and culture behind the art are surprisingly uniform, making it a strong source of cultural bonding between the tribes. For the first few years of her life a Minmatar infant has bare skin, and it is left symbolically so. When the infant reaches a certain age she is given a temporary naming tattoo, which identifies the child and tells which clan she comes from. This temporary marking is renewed as the young Minmatar grows. It is the only tattoo a Minmatar child is permitted to wear until the Voluval.
タトゥーの形状や様式は部族によって様々に異なるが、その芸術の奥にある構造と文化は驚くほど共通しており、部族を超えた文化的結びつきの強い支えとなっている。生まれて数年の乳児期は素肌のままであり、象徴的な意味でそのままにおかれる。ある一定の年齢に達すると、仮命名のタトゥーによって、個人を識別するとともに、どの一族に属するものかが示される。この一時的な印は、成長するにつれて更新される。唯一このタトゥーだけが、Minmatarの子供がVoluvalを迎えるまで許される。

 

The Voluval is the sacred coming-of-age ceremony for the Minmatar. It is here that the individual transforms from a child into a fully recognized member of their tribe. At the height of the ceremony the presiding shaman will finalize the ritual by invoking the Voluval mark, where the soul and destiny of a person are said to be revealed through the emergence of a tattoo on the recipient, the secrets of which are closely guarded by the Vherokior mystics who kept it alive during the long centuries of subjugation.
VoluvalはMinmatarの神聖な成人の儀式である。ここにおいて、Minmatar人は子供から正式な部族の一員となる。儀式の山場で、儀式の長たるシャーマンは締めくくりとしてVoluvalの印を記す。ここにおいてタトゥーを刻むことで、その者の魂と運命が明らかにされると言われている。この印の秘密は、数百年の被征服時代の間その秘密を守り伝えたVherokior mysticsによって厳重に守られている。

 

The Voluval is considered the most sacred mark a Minmatar can carry, and in some rare cases can change his life irrevocably. Although the significance attached to the Voluval mark has waned considerably in today’s Republic, certain marks can still see the recipient cast out from his clan and tribe, and conversely certain marks can lend the bearer much acclaim. In nearly all cases, however, the mark falls somewhere between these two extremes and the bearer moves on with little effect.
VoluvalはMinmatarが身に帯びる印の中でも最も神聖な物と見なされており、まれにはその印を身につけたものの人生を永久に変えてしまうこともある。Voluvalの印に纏わる重みは今日の共和国では大きく減じてしまっているとはいえ、ある種の印は今なお、身につけた者の一族や部族からの追放を意味しており、また逆にある種の印は、帯びる者に多大なる賞賛をもたらす。しかしながらほとんど全ての場合、印の意味はこの両極端の間のどこかに位置しており、身につけた者にはほとんど影響を及ぼさない。

 

After the Voluval ceremony the young Minmatar will receive her permanent naming mark which will reside forever on her face. This mark will identify the name, clan and tribe of that Minmatar, plain for all other Minmatar to see. In such a way, two Minmatar meeting for the first time can immediately know these fundamental specifics about each other.
Voluvalの儀式の後、若きMinmatar人は恒久的な命名の印を顔に刻む。この印はその者の名前、出身の一族と部族を、それを見るMinmatar人全てに明らかにする。このため、初対面のMinmatar人同士でも、すぐさま互いの基本的な身分を知ることができる。

 

After the Voluval, the markings the individual will carry can vary greatly depending on the course of his life, where he travels, his occupation and what great achievements, if any, he has made. Each will reside on a specific area of his body – a person’s ranks within their occupation and their clan are usually displayed on the shoulders, for example.
Voluvalの後に各人が身に帯びる印は、その人生により大きく異なる。どこへ旅したか、何を生業としどのような偉業をなしたか、(もしあれば) 何を作ったか、などである。それぞれの印は体の決まった場所に彫り込まれる。例えば、職務上および一族での地位を表す印は肩に位置している。

 

In modern society many such tattoos are covered during day-to-day affairs. For example, Republic Navy personnel will wear uniforms with rank identifiers, but their true mark of rank is considered to be their body mark, even though this is not usually displayed. The culture of tattoo is truly ingrained into the Minmatar mindset, pervading nearly every aspect of their society.
現代社会では、そのようなタトゥーの多くは、日々の業務の間は隠されている。例えば、共和国宙軍の職員は階級章を付けた制服を身につけているが、真の階級を表す印は、普段隠されているにも関わらず体の印であると考えられている。タトゥー文化はMinmatar人の考え方に真に刻み込まれており、社会のほぼ全ての面に及んでいる。

 

A Minmatar cannot bestow upon herself just any tattoo. In some cases she may be able to influence styling and shape, but she cannot add a tattoo without having first earned the right. Inking a tattoo upon yourself without permission is considered a grave crime and offenders are subject to severe judicial punishment. Because of this arrangement, a Minmatar who is heavily tattooed is more respected by her peers, which will allow her greater opportunities to advance. Her experience is there for all to see.
Minmatar人は、自分自身で好きにタトゥーを彫り込むことはできない。様式や形状にある程度の意向を反映させることはできる場合もあるが、タトゥーを追加するには、まずその権利を得なければならない。許可無く自身にタトゥーを彫り込むことは重罪とされ、違反者は重い刑罰を受ける。このような規則があるため、多くのタトゥーを彫り込んだMinmatar人は周囲から尊敬され、昇進の機会が格段に多くなる。その者の経験してきたことが、全ての者に理解できる形としてそこにあるからである。

 

Through this near-constant long-term process of tattooing, it is sometimes necessary for a tattoo to be removed or replaced with another tattoo. Since Minmatar technology is very advanced in this area, removal of a tattoo is extremely simple, with a pinpoint-precision surface laser wiping clear any unwanted area. There are times in which a Minmatar will symbolically choose to use the old method of skin removal, which carries the side effect of leaving large, highly visible scars. This is particularly prevalent when changes of allegiance or other actions of heavy emotional investment occur. (It is especially common after certain judicial punishments, for example.)
タトゥーほ彫り込みはほぼ普遍で長期間の過程を経るが、時にはタトゥーを取り除いたり、他のタトゥーに置き換えたりすることが必要になることもある。この分野におけるMinmatarの技術は非常に進歩しており、タトゥーの除去は極めて単純で、ピンポイントの表層レーザーにより不要な部分が除去される。象徴的な意味で、古い皮膚除去法が選ばれることもあり、その際には副作用として大きな目立つ傷が残る。この手法が特によく使われるのは、忠誠を誓う相手を変えたりなどの強い感情的な投資が行われる場合である (とりわけ、特定の刑罰を受けた後などに一般的である)。

 

The Gallente find the culture of tattoos somewhat barbaric and uncivilized, and early on tried to persuade their Minmatar neighbors to drop this old custom and embrace their future as a civilized nation. Their efforts to this end were initially met with polite denials and later with derision, but interestingly the Gallente youth now find the custom fascinating. Indeed, it is not uncommon to see young Gallente teenagers sporting tribal and gang motifs lifted from their Minmatar peers, symbols of whose true meaning they have little to no knowledge. This can evoke anything between high derision and outright hostility when those so inked encounter true Minmatar.
Gallenteはこのタトゥー文化をいくぶん野蛮で非文明的なものと考えており、初めの頃は周囲のMinmatar人を説得して古い習慣を捨てさせ、文明国家としての未来を与えようとしてきた。この努力は初めは丁重な拒絶で、後には嘲りをもって迎えられたが、興味深いことに、今やGallenteの若者はこの文化を魅力的なものと考えているようである。実際に、十代の若いGallenteが誇示している部族的・ギャング的モチーフはMinmatar人の仲間から得たものであるが、その印の真の意味はほとんどあるいは全く理解されていない。そのような模様を付けた者に出会った真のMinmatar人は、強い侮蔑とあからさまな敵意の入り交じった感情を持つことがある。

 

<<back


訳注: 関連項目→ウォータトゥ