Top > Backstory > Chronicles > The_InterBus

Backstory/Chronicles/The_InterBus

Last-modified: 2009-01-04 (日) 15:58:42

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

 
interbus.jpg

The InterBus

 

One of the numerous operations jointly run and organized by the empires is the InterBus. The InterBus is a transportation organization responsible for ferrying people between space stations. The company was formed three decades ago with the intent to support and facilitate passenger transportation in space. At that time such a company was sorely needed, but the huge initial cost of entering the field made it hard for private companies to move into the field. Today, this has changed; there are now a number of independent companies engaged in ferrying people between space stations, the biggest of them is the Gallente-run OmniBus company.

 

大国たちによって共同で組織・運営されている多数の組織の1つが InterBus です。
InterBus は宇宙ステーションの間で人々を輸送する使命をもった輸送組織です。
この会社は、宇宙での旅客の輸送を支援し促進する目的で、30年前に創設されました。
そのような会社が当時は必要とされていましたが、この業界に参入するのに必要な莫大な初期費用が、この業界への私企業での参入を難しくさせていました。
今日、この状況は変わりました。
現在いくつかの独立企業が宇宙ステーション間の人々の輸送に従事しており、その中の最大手が Gallente 経営の OmniBus 会社です。

 

But InterBus still enjoys the largest market share by a fair margin, something the private companies are not all that happy about; grumbling about unhealthy state-intrusion that makes competition very lopsided. The InterBus may be child of its time but it still serves a vital role - that is to link even the smallest and most remote stations into their vast network. As stated in InterBus’ charter:

 

しかし、InterBus は公正な(私企業では全てにおいて満足できるとは言えない程度の)マージンによって最も大きい市場占有率を享受しています、しかし不健全な国家介入は競争に大きな不均衡もたらすと文句も出ています。
InterBus は時代の落とし子がもしれませんが、彼らの広大なネットワークは最も小さく離れたステーションをも結ぶ、不可欠な役割を今も担っています。
InterBus 憲章は言います。

 

"...Interbus must offer service to all stations, placed in solar-systems that have a stargate leading to a solar-system that is a part of the program. Exempt to this rule are systems that exceed a graph distance of 13 jumps from the Interbus headquarters..."

 

「Interbus は、プログラムの一部である星系へのスターゲートを持つ星系にある全てのステーションに対してサービスを提供しなければならない。」
「Interbus 本部から13ジャンプのグラフ距離を上回る星系はこの規定を免除される。」

 

In order to do this efficiently InterBus has had to tread a fine line between serving their governments faithfully while at the same time establishing trust with all the motley assortment of stations appearing all over the place. The board of the InterBus has successfully managed to stay clear of any quarrels and conflicts that regularly emerge between the empires or other factions. The result is that even if InterBus isn’t exactly welcomed with open arms everywhere, they’re still perceived as useful and neutral enough to be allowed to operate.

 

この事を効率的に行うため InterBus は 彼らの政府に忠実に奉仕し、かついたる所にあわられる全ての雑多な種類のステーションから信頼確立し続ける、という細い線の上を歩かなくてはなりませんでした。
InterBus の委員会は、定期的に大国たちや他の勢力から起こるいかなる口論や紛争から、うまく距離を置く事に成功しています。
この結果、たとえ InterBus が必ずしも全ての場所で両手を広げて歓迎される訳ではないとしても、彼らは今も便利で活動を許されるだけ十分に中立である事を認められています。

 

The InterBus system, spanning almost the whole of the known world, is both a cheap, reliable transportation method for those without access to other space ships and a safety net for all space travelers that get in trouble - many careless explorers or unlucky merchants would never have made it home if it weren’t for the service of the InterBus.

 

ほとんど全ての既知の世界に及ぶ InterBus のシステムは、他の宇宙船に接触できない者達にとっての安さと信頼性のある輸送方法であり、全ての困っている宇宙旅行者にとっての安全策の1つです、多くの不注意な探検家や不運な商人は、もし InterBus のサービスが無かったら家にたどり着くことは無かったでしょう。

 

<<back