Top > Backstory > Chronicles > The_Outcast

Backstory/Chronicles/The_Outcast

Last-modified: 2009-01-04 (日) 15:31:23

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

 
outcast.jpg

The Outcast
追放者

 

The poignant tale of the Outcast is a stark reminder that no one people in the pocket universe of New Eden are without sin or blame. Even the Minmatar, beleaguered underdogs of the four great nations and subjects of many a Gallente charity drive or human rights protest, have their own shameful taint, which they above all are reluctant to admit or acknowledge.

 

追放された者の運命について知ると、このニュー・エデン世界に生きる全ての人間誰もが罪業を背負っているのだと思わせられる。Gallente の援助と人権擁護運動の対象であり、四大国家のうちの敗残者といえる Minmatar にさえ、彼らが絶対に認めない、恥ずべき汚点がある。

 

Still deeply rooted in tribal folklore and steeped in tradition, the Minmatar often attract scorn for the seemingly barbaric rituals they cling on to; the Voluval, that most integral of ceremonies, chief among them. While it is clearly the most influential and important ritual to a young Matari, it carries with it a terrible burden often swept under the carpet by shamans and spokesmen of the tribal faith. After all, if the fact that those who would fight most fiercely for freedom, would also readily oppress a fragment of their own populace, became known to the public at large – it would surely cut the legs out from under any lucrative charity effort.

 

Minmatarには伝説が未だ深く根付き、伝統が深く染み着いている。彼らはしばしば(他民族から)野蛮な儀式に執着していることを嘲られるが、その儀式のうちで最大かつ最も不可欠な儀式が Voluval である。この儀式は若い Matari にとってはかなりの意味を持つ重要なものであるが、一方で(部族信仰のシャーマンとスポークスマンが隠し立てする)大変な精神的苦痛が伴う。彼ら宗教指導者たちはかつて最も猛烈に自由のために戦った者たちであるが、結局ほどなくして一般民衆に圧政を敷くようになり、連中は他民族からの援助の上前を刎ねているに違いない、と一般民衆に知れるところとなった。

 

The broken shield, the pale eye, the Slaver’s fang. These dread markings, while thankfully rare, are an inevitable by-product of the unpredictable genetic lottery involved in the marking ritual. Some force a Voluval subject into a self-imposed lifetime vow of silence under the penalty of having his tongue cut out by his kin should he or she ever break it – others, like the dreaded pale eye, condemn the unfortunate young tribesman to exile, though exile is usually the path chosen by those cursed by a foul tattoo regardless of the penalty it carries. What precisely happens to these tormented children of rage is known by few, and spoken of by fewer – even the liberal Gallenteans, always eager for a good cause to leap upon like lampreys and saturate their media with, have never heard of Vo’shun.

 

「壊れた盾[the broken shield]」、「青白い目[the pale eye]」、「奴隷商人の牙[the Slaver’s fang]」。そう呼ばれる恐ろしいマーキングは(幸いなことにそう頻繁に見られるわけではないが)、予測不能な遺伝的巡り合わせによって生じる、儀式の不可避の副産物だ。Volval の被害者は、もし彼|彼女が一言でも発したら自分の家族に舌を抜かれるという条件を課され、一生の沈黙を守ると誓わされるか、そうでなければこの不幸な若者は糾弾され、追放される。たいていのばあい、この謂われのない罪の烙印に呪われた者達は追放を選ぶことになる。この恐るべき苦難を与えられた怒れる子供たちに何が起こったのかを知る者は少ない。ましてそれを語る者はほとんどいない。だから、善意からヤツメウナギのように飛びかかり報道メディアを殺到させたいと切望している Gallente人のリベラル派でさえ、Vo'shun の名を耳にしたことはない。

 

Vo’shun, or ‘Hidden Hope’, lies on the devastated homeworld of the extinct Starkmanir tribe, once called Starkman Prime but now largely forgotten. It is a sprawling complex of rust and girder, a veritable shanty-town of interconnected, self-contained habitat modules built in a man-made geological feature known as Sorrow’s Gash – man-made, because a century prior, an Amarr orbital bombardment fleet gored this hundred mile canyon in the face of Starkman Prime’s largest continent with their ravening tachyon siege lasers. There, among smouldering sulphur volcanoes, surfing a fractured tectonic plate, dwells the only sanctuary the Outcast can call home.

 

Vo'shun、 またの名を ‘Hidden Hope’は、絶滅した Starkmanir 部族の荒れ果てた故郷、かつて Starkman Prime と呼ばれていて、いまは忘れ去られた惑星にある。「Sorrow’s Gash」として知られる人工の地割れの中に作られたその街は錆とスクラップの複合体で、住居モジュールを組み合わせて作った正真正銘のスラムである。この地割れは一世紀ほど昔、人工的に作られた。この惑星 Starkman Prime の最大の大陸の表面に、Amarr の軌道攻撃艦隊がタキオンレーザー砲で100マイルもの長さの峡谷を彫り込んだのだ。かれらはここに住んでいる。くすぶる硫黄の噴煙のあいだ、砕かれた大陸プレートの上で、彼ら追放者[Outcast]が唯一 ホーム と呼べる場所に。

 

There is but one law in Vo’shun: no one is turned away. Ruled entirely by tribal law adapted and modified from Minmatar folklore, the colony is a mishmash of utter savagery and social enlightenment the Republic quietly envies. Murder is more than common, suicide is rampant, but above all the people of Vo’shun know freedom. Those stained with the Slaver’s fang can sing war songs rather than be condemned to a lifetime of silence; those marked with the pale eye can live among kin.

 

Vo'Shun にはひとつだけ法律がある。「何人も受け入れを拒まれない」。Minmatar の民間伝承を改変した部族の掟に支配されたこの居住地は、徹底的な残虐行為と共和国(Minmatar)も密かに羨む成熟した社会のごった煮だ。殺人は日常茶飯事で、自殺はそこらじゅうで起こる。しかしそれでも Vo'shun の人々は自由を知っている。「奴隷商人の牙[the Slaver's fang]」のマーキングがついていても、人々は一生の沈黙を強制されることなく戦いの歌を謳い、「青白い目[the pale eye]」の人々も家族とともに住んでいる。

 

The Sisters of Eve attempt regular clandestine aid shipments to Hidden Hope, which exists in a state of near-poverty. Due to Starkman Prime’s location within Amarr territory, many of these shipments are interdicted, which in turn forces the Outcast to turn to piracy. While the Amarr Navy is brutally efficient at curbing Outcast raids, the only reasons the Empire has not allowed slave raiders to invade Vo’shun, is an eagerly perpetuated and not altogether false rumour that the colony is rife with communicable diseases that render its populace unsuitable for enslavement – and, unbeknownst to the bedraggled citizens of Hidden Hope, a curious edict put into law by Idonis Ardishapur himself, whose royal family has domain over Starkman Prime. Enacted shortly after Ardishapur scouts stumbled upon Vo’shun a mere decade ago, the edict, not widely publicized or even understood by imperial lawyers – yet tacitly enforced nonetheless – states unconditionally that no further harm shall directly befall this shattered world.

 

This edict’s name: Khadrea’s Law.

 

Eve 修道会は貧困の際にある Hidden Hope に対して内々の援助物資の提供を試みたことがある。しかし Starkman Prime の場所が Amarr 領にあるために援助の多くは差し止められてしまったので、彼ら追放者は海賊になるしかなかった。Amarr 軍は残忍かつ効率的に追放者の襲撃を抑制したが、その一方で Amarr 帝国は配下の者達に Vo'shun の侵略は認めなかった。その理由はたったひとつ、この居住地には大衆の奴隷化には不適当な伝染病がはびこっているという根強い(だが完全に間違った)噂によるものだった。
それともうひとつ、Hidden Hope の貧しい住人たちには知られていないが、Starkman Prime を含む領地を統治する Idonis Ardishapur その人によって布告された興味深い命令があった。これはほんの10年ほど前、Ardishapurの偵察隊が Vo'shun を偶然に見つけたすぐ後に発令されている。この布告は広く公表されたり帝国の法律家に認知されているわけではないが、しかしそれでもなおそれとなく効力を持っている。布告はこのような内容だ。「この荒廃した地域に今後これ以上の被害が生じないようにせよ」

 

この布告の名は「Khadrea’s Law」という。

 

<<back