Top > Backstory > Chronicles > The_Tierijev_Pocket

Backstory/Chronicles/The_Tierijev_Pocket

Last-modified: 2009-01-04 (日) 16:15:19

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります
初出

 
pocket.jpg

The Tierijev Pocket
Tierijevポケット

 

Tierijev星系はCaldari領に属するが,周囲は全てGallente連邦統治下の星系に取り囲まれている.Gallente-Caldari戦争の最中に,Tierijev星系は幾度もの戦火に晒されたが,しかし遂に最後までGallente人の手に落ちることはなかった.ただし,Gallente連邦が制圧した周辺星系に前哨基地(*1)を何箇所も築いたことで,Tierijev星系はCaldari領の他星系からは完全に切り離され,孤立してしまうこととなった.
(*1 small military outopost)

 

以来,Tierijev星系はGallente領の大海原の中にただ一つ燈されたCaldari領の最後の灯火,入植地として発展してきた.Tierijevには巨大な複合軍事基地が築かれ,周辺星系とのゲートは封印されてCaldari領と直接連結されたハイウェイジャンプゲートによってのみ出入りすることが出来た.このことから,しばしばTierijev星系はCaldariの「ポケット」と称された.

 

近年,GallenteとCaldari両国の関係が改善されてくるに伴い,Tierijev星系は徐々に交易の中心地としてその役割を変えつつある.およそ10年前に両国間において,Tierijev星系と周辺を取り囲むGallente星系を再度ゲートリンクさせる為の協定が締結された.Tierijevを経由する航路は,両国の国境を通る従来の航路よりも遥かに短くて済んだために,直ぐに二国間を繋ぐ主要な通商航路の一つとなった.

 

交易が盛んになるに伴って交通量が増えると,Tierijevの通商の監督責任を担うCaldariの税関監査局には多大な負担が掛かるようになった.
この主な原因は,Tierijevポケットを開港するに当たって両国で取り交わされた協定に起因する.締結された協定では,両国がそれぞれ運航できる武装艦艇の数を厳しく規制しているのである.この規制は慢性的な人手不足に悩む税関監査局の負担をますます増大させることになった.Caldari側では,Tierijev内ではなく,ハイウェイを通過した先にある各星系の税関での検査項目を増やすことで状況を改善しようとしたが,この手法は結局のところあまり効果を上げられなかった.

 

Caldari税関監査局は最近になって,より効果が期待できそうな新しい手法を運用し始めた.新しい手法とは,独立貿易商や傭兵といった者に監査当局のライセンスを一時的に販売し,両国協定で規定されている武装艦艇の運用数制限に抵触すること無しに,税関検査官の人数を増やそうというものである.これに際して,Caldari税関監査局は請け負い検査官の意欲を向上させる為に,密輸を発見した場合にはその罰則金の一部を発見者に報酬として分け与えることを保証した.

 

人手不足を解決するために苦し紛れに考え出された手法なのだが,結局これは大成功を収めた.現在では,決して減ることがない密輸を食い止めるための安上がり且つ効果的な手法として,各国の国境地帯では大々的にこの手法が採用されつつあるようだ.

 

<<back