Top > Backstory > Expanding_Immortality_Jump_Clone_Services

Backstory/Expanding_Immortality_Jump_Clone_Services

Last-modified: 2009-02-28 (土) 12:38:32

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

 

Expanding Immortality : Jump Clone Services
reported by: ISD Shia Vasant | 2008.07.03 15:58:48
不死性の拡大: ジャンプクローン・サービス
レポーター: ISD Shia Vasant | 2008.07.03 15:58:48

 
clonesthumb.png

In addition to the millions of goods sold daily in New Eden, somewhat exotic services can also be purchased. One such service for sale is the “Jump Clone Service".

 

New Edenで取引される何百万もの品物の中では、少し風変わりなものも売られている。そういったサービスの中のひとつがこの「 ジャンプクローン ・サービス」だ。

 

Pod pilots use jump clones to facilitate seamless travel between any two stations in New Eden. This is accomplished by activating a remote clone, at the same time as the existing clone is deactivated. This means that as long as there is a dormant clone at the destination, travel between such places as Jita and Rens can be handled in seconds, instead of being at the mercy of the speed of a ship. The main drawback of the Jump Clone system is that an extraordinarily high status must be held with the station owner before a Jump Clone can be installed. Once the Jump Clone is installed, it will remain available as long as it is not destroyed, regardless of any standing loss the pod pilot may incur towards the station owner in the future.

 

ポッドパイロットはジャンプクローンを、New Edenの二つのステーションをシームレスに旅する手助けとして利用する。これは、遠隔地のクローンを活性化し、同時に現在のクローンを不活化することによって達成される。つまり、目的地に休眠状態のクローンがある限り、 Jita と Rens の間*1を数秒で移動することができ、船のスピードに頼る必要がなくなるということだ。ジャンプクローン・システムの大きな欠点は、ジャンプクローンを導入するために、そのステーションのオーナーからとてつもなく高い評価を受けている必要があるということだ。一度ジャンプクローンが導入されれば、破壊されない限り、たとえポッドパイロットが将来そのステーションのオーナーからの評価 ( standing ) を失うことがあっても、使用し続けることができる。

 

To counter this drawback, several corporations that have achieved high standings with some factions are allowing pod pilots to temporarily join their corporation in order to install Jump Clones at certain locations. While the service may be identical among various corporations and alliances, terms can vary wildly from entity to entity. There are more than enough willing groups to let the average pod pilot pick his terms however, whether influenced by which alliances and corporations hold a suitable station nearby or where they might find the best offer.

 

この欠点を克服するため、いくつかの勢力から高いstandingを受けている会社は、特定地域でのジャンプクローンの導入を行うため、パイロットを一時的に会社に所属させることを認めている。このサービスは様々な会社やアライアンスで同一のものではあるかもしれないが、実態としては団体によって非常に大きな幅がある。しかしながら、近くの適切なステーションをどのアライアンスやコープが所有しているかで選ぶにせよ、どこが最も良い条件を提示してくれるかで選ぶにせよ、平均的なポッドパイロットとも喜んで契約を結ぶグループは十分な数ある。

 

One notable corporation that advertises on GalNet has many satisfied customers, offering their clients access to an area where they can install any number of jump clones. Included in their fee is also the ability to use the service again if ever desired.

 

GalNet上で宣伝を行っているある有名企業は多くの顧客を満足させている。この企業は取引相手に、いくつでもジャンプクローンをインストールできるエリアを提供している。料金の中には、望むならばいつでもこのサービスを再利用できる権利も含まれている。

 

One customer stated, “Outstanding service. Between applying to the Corp and installing all my jump clones was less than 60 minutes.”

 

ある顧客は「素晴らしいサービスですね。あそこに問い合わせてから私のジャンプクローンを全てインストールするまで60分もかかりませんでしたよ」と述べている。

 

Some pod pilots have found a way to extend jump clones services without the need to own a station. These enterprising pilots have begun selling the ability to install jump clones on their capital ships. With this service, pilots fly to the capital ship in space and install a jump clone directly.

 

ポッドパイロットの中には、ステーションを所有することなしにジャンプクローンサービスを展開する方法を見つけた者もいる。これら進取的なパイロットたちは、自分たちの キャピタルシップの中 にジャンプクローンをインストールする権利を売り出した。このサービスならば、パイロットたちは宇宙空間を飛んでキャピタルシップへ近付き、直接ジャンプクローンをインストールすることができる。

 

All it takes for any pod pilot to join the ranks of jump clone holders is a rudimentary understanding of the Infomorph Psychology skill, helping steel them for the unsettling experience of traveling between bodies.

 

ポッドパイロットがジャンプクローン持ちの仲間入りをするのに必要なのは、体から体へ移動するという落ち着かない体験に耐えられるようになるための、 Infomorph Psychology (精神転送心理学) の初歩的な理解だけだ。

 

The only other drawback with jump clones is a twenty-four hour waiting period before another jump can be performed; the delay is necessary as the mind has trouble coping with the harsh stresses of transference.

 

ジャンプクローンのただもう一つの欠点は、再度のジャンプが可能になるまでに24時間待たなければならないという点だ。この時間は、精神が転移の際に受ける極度のストレスに対処するために必要なのだ。

 

 

<<back





*1 訳註:ちなみに15 jumps.