Top > Industry > Reverse Engineering

Industry/Reverse Engineering の変更点


 #contents
 * Reverse Engineeringとは [#v56ffe6d]
 Reverse Engineeringとは、Tech III(以降 T3)の生産に必要なBPCを得るために行う研究の一種である。
 T3のBPOは存在しないため、T3の船およびSubSystemの生産にはこのReverse Engineeringを行う必要がある。
 * 全体的な流れ [#z1caf483]
 流れはT2での発明とほぼ同じである。
 - 1. 必要なアイテムを集める
 - 2. POSあるいはOutpostでReverse Engineeringを行う
 - 3. しばらく待つ
 - 4. 運が良ければBPCが出来上がる
 * 必要なスキル [#ff363591]
 - Reverse Engineering 
 -- 前提: Science 5, Metallurgy 4 , Research 4
 
 のほかにReverse Engineeringを狙うSubSystemごとにスキルが必要となる。
 - Offensive Subsystem Technology 
 -- 前提: Research 5, Science 5, Engineering 5, High Energy Physics 4
 - Propulsion Subsystem Technology 
 -- 前提: Research 5, Science 5, Engineering 5, Graviton Physics 4
 - Electronic Subsystem Technology 
 -- 前提: Research 5, Science 5, Electronics 5, Electronic Engineering 4
 - Engineering Subsystem Technology 
 -- 前提: Research 5, Science 5, Engineering 5, High Energy Physics 4
 - Defensive Subsystem Technology 
 -- 前提: Research 5, Science 5, Electronics 5, Nanite Engineering 4
 
 Reverse Engineeringスキルは全部の、各Subsystemのスキルは各Subsystemの成功率を高める。
 従って、Lv3以上が望ましい。
 * 必要な機材 [#fe31666d]
 通常のDatacore以外すべてWHあるいはマーケットから手に入れる。
 - Ancient Relics
 -- Sleeperから手に入れる
 - 生産したいFactionのHybrid Tech Decryptor
 - R.A.M. - Hybrid Technology
 - Datacore二種類
 -- 一つは対応する Subsystems EngineeringのDatacore
 -- 一つは通常の発明でも使用する各種Datacore
 
 Hybrid Tech Decryptorは、4 Factionそれぞれに存在する。
 使用する種類によって出てくるSubSystemあるいはHullのFactionが異なる。
 ** Ancient Relicsについて [#u3ab3c3e]
 Ancient Relicsには、Intact, Malfunctioning, Wreckedの三種類の接頭語がついている。
 これは、そのAncient Relicsの状態を示しており、これによって成功率が異なる。
 また、成功して出てくるBPCのRun数も異なる。
 |~状態|~基本成功率|~出てくるBPCのRun数|h
 |~Intact|高(40%)| 20-run|
 |~Malfunctioning|中(30%)|10-run|
 |~Wrecked|低(20%)|3-run|
 成功率はスキルによっても変化する。
 - 例1: Reverse Enginering Lv3、Subsystemと使用するDatacoreのスキルがLv3
 -- Wrecked: 32.96%
 -- Malfunctioning: 49.44%
 -- Intact: 65.92%
 - 例2: Reverse Enginering Lv3、Subsystemと使用するDatacoreのスキルがLv5
 -- Wrecked: 41.2%
 -- Malfunctioning: 61.8%
 -- Intact: 82.4%
 ** Relicの種類 [#k7d33249]
 Relicの種類と出てくるアイテムの対応は以下の通りで、Relic の Faction と同じ Faction のアイテムが手に入る。
 |~Relic type|~RE Outcome Type|h
 |~Armor Nanobot|Defensive Subsystem|
 |~Electromechanical Component |Electronics Subsystem|
 |~Power Cores|Engineering Subsystem|
 |~Thruster Sections|Propulsion Subsystem|
 |~Weapon Subroutines|Offensive Subsystem|
 |~Hull Section|Ship Hull section|
 しかし、実際に出てくるのは Subsystem Type 毎に4種類あるうちのどれか一つである。
 種類はランダムで決定される為、Hull 以外は狙ったBPCを手に入れるのは難しい。
 * 発明の実行 [#e7c89419]
 ** 場所 [#s067c442]
 Reverse Engineeringは
 - Experimental Lab (POSの設備)
 - Caldari Outpost
 
 のどちらかでしか実行できない。
 通常のNPC Stationでは実行できないことに注意する必要がある。
 ** 必要な時間 [#j8027860]
 どのようなものを使っても、1時間に固定。
 ** 成功したら [#e37543bd]
 - BPCが手に入る
 ** 失敗したら [#of9078d2]
 - Datacore、Decryptor、R.A.M.が返ってくる可能性がある
 -- だいたいは全部失われてしまう
 - Intactを使っている場合、失敗しても Wrecked Relicが返ってくる可能性がある
 * 参考資料 [#hf284b41]
 - Eve-guide
 -- http://www.eve-guides.com/ui/reverseeng.php
 -- ビデオ: http://www.eve-guides.com/ui/revengclick.php
 
 #counter