Top > News
HTML convert time to 0.058 sec.


News

Last-modified: 2017-06-05 (月) 16:40:49
 

Update情報 Edit

  • 現在アルファ版のため、随時updateが来ています。
  • テスト版(experimental)を試すにはSteamの設定を変更する必要があります。
    Steam画面を開き「ライブラリ」-「Factorio」を右クリック→プロパティ→「ベータ」タブ→「参加希望のベータを選択してください」を変更します。
    • 「0.x.x - Factorio 0.x.x」等、適用したいバージョンを選択するとそのバージョンで固定されます。
    • 「experimental - The latest experimental build(0.x)」を選択すると、experimentalにアップデートがあった場合、自動でアップデートされます。
  • 公式updaterによる自動アップデートが実装されています。
  • 有志日本語翻訳が公式採用され、日本語環境ではデフォルトで日本語が表示されます。英語が表示される場合はオプションでLanguageを[ja]に変更し再起動してください。
  • 日本時間2016年2月26日にSteamに早期アクセスとしてリリース

ロードマップ Edit

公式Forumのスレッド https://forums.factorio.com/viewtopic.php?f=3&t=678 参照
2016/08/26: 0.15、0.16(調整済みになれば1.0に)のプラン。全てではないし、実装される保証はない(金の掟:予定は伸びる)。

公式フォーラムの更新情報 Edit

Factorio Forum - General - Releases

Ver.0.15.1 Edit

Changes Edit

Reduced noise effect on zoom-to-world view.

Bugfixes Edit

Fixed update error.
Fixed Steam config loading error.
Fixed headless not starting without server-settings.json (44537)
Fixed the "reset" button in the generate map GUI wouldn't reset settings to the actual default values. (44527)
Fixed that right clicking icon in the tag edit gui crashed the game. (44541)

Use the automatic updater if you can (check experimental updates in other settings) or download full installation at http://www.factorio.com/download/experimental.

Ver.0.15.0 Edit

Configuration Edit

  • Configuration has been reset.

Major features Edit

  • 研究のオーバーホール。4種類の新たなサイエンスパック:軍事、生産、高度技術、宇宙。>宇宙サイエンスパックはロケット打ち上げによって生成される。>無限研究の追加。
  • 原子力。
  • ブループリントライブラリ:個人のゲームセーブ間で保存できるブループリントをプレイヤーが保存し、マルチでのシェアを可能に。
原文

Features Edit

  • マップインタラクション拡張:>選択可能なマップのオーバーレイ:物流ネットワーク、汚染、電気ネットワーク、タレット範囲その他。>駅と列車はマップビューでクリックすることで開けるように。>マップからワールドビューにズーム。ただしレーダーのカバー範囲と他プレイヤーでカバーされたマップ部分のみ表示。>カスタムマップマーカーがプレイヤーによって追加可能に。
  • 流体を運搬できる貨車の追加。>ポンプの一方を流体貨車に接続でき、別の一方を他のものに接続できる。
  • マルチで死んだ際、あなたのアイテム入りの死体を残したままになり、徐々に死体は失われる。
  • 無限採掘量リサーチの追加、各tierで採掘量が2%ずつ増加。
  • 燃料のタイプは乗り物の加速と最高速度に影響するように。
  • 液化石炭生産レシピの追加。
  • ピペットツールの追加。あなたのインベントリから現在選択したエンティティを建築するためのアイテムをピックアップする。資源に対しては抽出可能な資源の最速の選択となる。
  • ミニチュートリアル。ゲームメカニクスの幾つかを説明する小さなミッション。現在のコンテンツは列車関連のみカバーするサンプルテスト。
  • 新たなシナリオ:PvPとwaveディフェンス。
原文

Graphics Edit

  • 高グラフィックスクオリティのオプション追加。この設定では以下の部分について解像度が2倍になる:車、列車、線路、線路の信号、停止線、ベルト、地下ベルト、分配器、パイプ、蒸気機関、組立機、精製施設、化学プラント、採掘機、精錬機、各種資源。
  • 鉱石のパッチがタイルに見えなくなるような新たな鉱石のグラフィック。
  • GUIグラフィックの微調整。
  • 組立機上のレシピアイコンのサイズを23%小さく調整。
原文

Minor features Edit

  • 高速なインゲームのインタラクション、例えば設置物からの/への出し入れや、毎回のクリックの代わりにドラッグによるコピーペーストなど。
  • 走りながらの電柱の建築は電力の来ていない設置物をカバーすることを考慮するように。
  • 地下ベルトの入り口側の高速入れ替えは、可能ならば出口側も入れ替えるように。
  • プレイヤーの色を/colorコマンドのLua syntax: {r=...g=...,b=...,a=...}で設定できるように。
  • ロボットが物流ネットワーク内でアイテムを置く場所がなかったとき、警告が出るように。
  • ポンプは詳細ビュー内で流れる方向を表示するように。
  • ベルトとパイプはブループリントを作る際に正しい接続を表示するように。
  • テクノロジーGUI内でテクノロジーアイコンの下に必要なサイエンスパックを表示するように。
  • テクノロジーは必要なサイエンスパックによってソートされる。
  • /screenshotコマンドの追加ー今のゲームスクリーンをスクショで撮影。
  • マップエディター内で装備グリッドのサポートを追加。
  • 各ブループリントの建築のローテーションは一般アイテムの建築のローテーションを独立して記憶するように。
  • 無限リサーチの最小限産出(minimal yield)は初期の資源量とプロトタイプの最小限産出を用いて計算される。
  • 破壊プランナーへのオプションフィルターの追加。
  • 組立機からフィルターインサーターへのコピーは組立機のレシピの構成要素のフィルターをセットするように。
  • 戦闘ロボットと建築ロボットはマルチセッション中とサーフェス変化時の間で維持されるように。
  • 反対向きに回すことを可能に。
  • 汲み上げポンプと発電機は汲み上げのスピード/流体の利用状況を表示するように。
  • ブループリントのshift+selectによる代替セレクトはGUIのブループリントのセットアップをスキップするように。
  • もし採掘が列車かゲートによりスタートする場合、採掘レールは使用不可に。
  • Alt+Enterによりフルスクリーン切り替え。
  • /playersコマンドに"f"か"/force"オプションの追加。
  • 全てのネットワークと内容の一覧を検索(Lキー)付きで表示することのできる物流ネットワークのGUIを追加。
  • /openコマンドの追加ーあなたがadminなら他のプレイヤーのインベントリを開ける。
  • /alertsコマンドの追加ーあなたのプレイヤーのためにアラートを調整。
  • /mute-programmable-speakerコマンドの追加ープログラマブルスピーカーエンティティによるグローバルサウンドの停止。
  • /seedコマンドの追加ーマップシードの出力。
  • 生産GUIへの流体の追加。
  • 統計GUIのkillを追加。
  • MODマネージャーGUIに全てのmodボタンのenable/disableの追加。
  • 全ての流体に自動詰め込みサポートを追加。
  • 貨車は、機関車のように、あらゆる距離から設定情報をコピーされるように。
  • ロケットの自動打ち上げ機能の追加。
  • 駅は列車のように色がつけられるように。
  • 魚はロボットによって捕まえられるように。
  • マップジェネレーターのセッティングにアドバンスセクションを含むよう拡張。
  • マップジェネレーターのプリセットを追加。
  • レーダーにカーソルを置いたときにfog-of-warとレーダーの角度を表示するように。
  • headless server上のマップ作成のためのシードはmap-gen-settings.jsonで特定されるように。
  • 消耗したアイテムはスタックされるように。スタックのHPはアイテムの平均となる。
  • サーバーホワイトリストのサポートー/whitelistコンソールコマンドを参照。
  • 既存の/banと/unbanコマンドに加えて /banlistコマンドの追加。
  • パブリックゲームリスト内に"お気に入り"機能の追加:リストのトップにお気に入りサーバーをキープ。
  • /permissionsコマンドの追加。マルチゲーム内のパーミッションを設定する。
  • GUIか回路ネットワークを通じて個別インサータースタックサイズボーナスを変更する機能の追加。
  • サーバコンソールでプレイヤーのJOINとLEAVEを出力するように。
  • メインログの一部でないサーバコンソールメッセージは--console-logオプションで起動サーバの履歴と別に履歴保存されるように。
  • 翻訳可能なエネルギー単位とSIプレフィックス(例えば"100 ГВт")。
  • 溶鉱炉と組立機は生産完了の量を表示するように。
原文

Balancing Edit

  • 中央からの距離でどの資源が光るかの割合を50%増加。
  • 天然オイルの調整:マップ上の資源量を半減、最小産出量を10%から20%に増加、減少の割合を半減、最初の資源量を2倍。天然オイルにはスタート地点からの距離による豊富性の増加のメカニクスが動作していなかったのを修正。
  • 化学プラントと石油精製所のモジュールインベントリサイズを2から3に増加。
  • 物流スロット/ゴミ箱スロットの数をレベルごとに5でなく6に増加。
  • モジュラーアーマーと携帯ソーラーパネルのレシピから精製ユニットを削除。
  • ポンプの汲み出しスピードを4倍に増加。
  • プラスチックのレシピの石油ガスの必要量を30→20
  • 電気エンジンのレシピの潤滑油の必要量を20→15
  • 電気炉のレシピの鉄の必要量を15→10
  • 鋼鉄炉のレシピの鉄の必要量を8→6
  • 汲み上げポンプのレシピの鉄の必要量を10→5
  • 作成時間の減少:エンジンユニットと電気エンジンユニット:20→10、汲み上げポンプ10→8、発展基板8→6、制御基板15→10、重油・軽油の分解(cracking recipes)5→3
  • 石壁、パイプ、ベルトのスタックサイズを50→100
  • 蒸気エンジンの最大産出量を510kW→900kW
  • 水の熱量を倍に、1リットル[l]の水を1[℃]上昇させるためのエネルギーが0.1[kJ] → 0.2[kJ] に増加
     要約 水の熱容量が0.1[kJ/K(ケルビン)]から0.2[kJ/K]に増加
        つまり、熱くなりにくく冷めにくくなった。
  • 変電所の供給範囲16x16→18x18、回路のワイヤーの長さ16→18
原文

Combat Balancing Edit

  • プレイヤーのライフは戦闘終了から10秒後に限り十分に早く取り戻す。
  • 放電防御装置リモコンはを使用している際、敵の近くにいたときのノックバック、スタン、ダメージを低下
  • 放電防御装置リモコンのサイズを3x3→2x2
  • レーザー防御モジュールのダメージを大幅に増加。
  • 火炎放射ガンは最小範囲を3に。
  • 火炎放射器からの炎は同じ場所への炎投射で多くの燃料が追加された際に炎の長さとダメージが明確に上昇するように。
  • バイター基地の炎耐性が増加。
  • プレイヤーの非戦闘の建物のヘルスを増加。
  • プレイヤーのヘルスを100→250
  • 魚の捕獲量と効果を増加。
  • バイターワームのダメージ、範囲、ヘルスを増加。
  • ベヒモスバイターのヘルスと耐性を減少。
  • 全ての銃弾のスタックサイズを2倍に。
  • 幾つかの銃弾のコストと製作時間を調整。
  • ほとんどの銃弾のダメージを増加。ロケットと砲弾のダメージを大幅に増加。
  • 砲弾の衝突判定ボックスを増加。
  • 戦車のヘルスと耐性を増加。
  • 戦車の大砲のダメージと弾速のための研究を追加。
  • 研究ボーナスの調整、軍事アップグレードのための更なるエンドゲーム研究の追加。
  • 地雷のダメージを大幅に増加。爆発する際に近くの敵をスタンもさせる。
  • ウラニウム弾マガジンとウラン砲弾の追加。
  • 戦車に火炎放射器の追加。
  • その他の小さな変化。
原文

Optimizations Edit

  • 採掘ドリルの一般的なパフォーマンス改善と採掘ドリルの採掘時の明らかなパフォーマンス改善。
  • タイルの移動や削除による変化時のパフォーマンス改善。
  • インベントリの必要なスクロールバーGUIパフォーマンスの著しい改善。
  • 一般的なGUIのパフォーマンスの改善。
  • レーダーがチャンクをスキャンするパフォーマンスの改善。
  • マップ生成の速度と生成アルゴリズムの改善。
  • 大容量のmodデータがセーブデータに存在する際のゲームのロードのパフォーマンス改善。
  • 生産統計ウィンドウのグラフのレンダリングの最適化。
  • 設置物の再生成のパフォーマンスの改善。
  • ネットワークマップ転送のパフォーマンスの改善。
  • 線路関連の設置物の建築/撤去時の列車のパフォーマンスの改善。
  • コンクリートの下のタイルの保存のためのメモリ必要量の最適化。
原文

Circuit Network Edit

  • 回路ネットワークのパフォーマンスの著しい改善。最大25倍のCPU利用率の減少と10%のメモリ使用量の減少。
  • プログラマブルスピーカーの追加:警告音声と回路ネットワークの信号に基づいた音の再生。単純な音楽を作るのに使える。
  • 駅は止まった列車の貨物の内容を出力するように。
  • 駅は回路ネットワークを使用してdisableできるように。列車はdesableの駅をスキップし、シンプルな列車制御ができるようになる。
  • 採掘ドリルは回路ネットワークを用いて採掘開始/停止できるように。また残りの期待資源量も出力するように。
  • 汲み上げポンプは回路ネットワークを用いて汲み上げ開始/停止できるように。また現在のオイルの産出割合も出力するように。
  • 算術回路にモジュロ演算(Modulo)、べき乗(Power)、左右ビットシフト(Left Bit Shift、Right Bit Shift), ビットAND,OR,XOR(Bitwise AND, Bitwise OR, Bitwise XOR)を追加.
  • 組み合わせ回路と回路の状態に>=, <=, !=を追加。
原文

Changes Edit

  • ボイラーは蒸気機関のために、よりパワフルで大きくなり、特定の出力を持つ。デフォルトのボイラーは165度に修正された蒸気を出力する。
  • 32bitシステムのサポートを削除。
  • エイリアンアーティファクトとエイリアンサイエンスパックをゲームから完全に削除。
  • 間をプレイヤーが歩けるよう、燃料式掘削機と汲み上げポンプの占有範囲を修正。
  • 0.12.0以前のバージョンのセーブデータのロードを不可能に。(ver0.12本体で古いセーブをロードして再度セーブすれば使えるようになります)
  • "小型ポンプ"を"ポンプ"に変更。古いセーブデータの小型ポンプは移住されるが不完全でパイプにつながらなくなる。
  • 列車の駅は、列車が経路に関係していない駅を取り除くよう、経路探索に2000タイルのペナルティーを追加する。
  • マップのシードはスタート位置の変化だけに代わって独自のマップの生成に使われるように。
  • "decorative" entity typeは使用非推奨に。prototype typeの"optimized-decorative"に代わる。
  • 全ての流体の量が10倍に。
  • デフォルトのマップエディターのアクションが左クリックに。
  • 流体の流れの改善のためにボイラー、蒸気機関とポンプのfluidboxの高さとベースレベルの変更。
  • アクティブな列車信号が取り除かれた際、もし列車が駅で待っていたら、即座に駅を出発するように。
  • 列車の状況の比較タイプのデフォルトを"or"に変更。
  • 分配器の高速入れ替えは、内容をプレイヤーに返す代わりに新たな分配器に維持するように。
  • 研究の開始や変更の通知はマルチでのみ表示するように。
  • プレイヤーがクラフティングで結果が獲得できない際にクラフティングが停止されるように。地面に材料を撒き散らすことはない。
  • 進化は、全体への進化から勢力(force)あたりの進化に変更に。
  • 他のプレイヤーが運転中の車の破壊を不可能に。
  • バイターの音のボリュームを低減。
  • レーザータレットの照射は非常に高速に。
  • ロボポートの建築エリアを50から51に変更。隣接する2つののロボポートの物流エリアに1タイルの隙間がある際でも互いにロボポートの建築/撤去を許すように。
  • 再起動ボタンは現在ロードしているセーブデータからマップ生成設定に使うように。
  • フリープレイやサンドボックスシナリオのための新たなロケットサイロGUIとボタン。
  • "flame-thrower"の内部の統合名称を"flamethrower"に。
  • ブループリントで指定した通りの撤去のために、手動のゴースト建築は木/岩をマークするように。
  • 列車はレーダーで確認できるチャンクやプレイヤー視界に限らず、常にマップで見えるように。
  • 名前の変更 "armor-making-2" to "heavy-armor".
  • 名前の変更 "armor-making-3" to "power-armor".
  • 名前の変更 "diesel-locomotive" to "locomotive".
  • ブループリントブックの保存サイズを1000個に。
  • ブループリント、ブループリントブック、撤去プランナーはライブラリGUIからクラフティングの必要なく獲得可能に。
  • 組み合わせ機械の動作のサウンドと、ワイヤーの保持と設置のサウンドの追加。
  • シングルプレイヤーは死んだ際にコンティニューできるように。
原文

Modding Edit

原文

Scripting Edit

原文

Command line interface Edit

原文

Bugfixes Edit

原文

Ver.0.14.x Edit

(0.14がstableとなりましたが、アナウンスおよび変更点のサマリーのリリースはまだありません。以下は0.14.20現在までの主な変更点をピックアップしたものです。リリースの更新があれば差し替えます(てください)。これ以外はおおむね0.13を踏襲しています。)

  • マルチプレイの内部構造が変わりました。主に人数が増えた際の負荷が大きく改善されています。
    • プレーヤが追加で参加時にダウンロードを待つ必要がなくなりました。
    • 一部のユーザーが遅くともゲーム進行は遅くなりません。
  • 32bit版は0.14.xまでとなり0.15以降は32bitバージョンは提供されません。
    32bit版Windowsでゲームをしている方は64ビットOSを用意しなければなりません。
  • 0.14.10以降32bit版のみマルチプレーヤー機能が削除されました。
  • マルチプレイに関連する数々の機能が実装されました。
  • テクノロジーの研究を始めた際、誰が始めたか表示されるようになりました。
  • Team Production Challengeシナリオが追加されました。
  • マルチスレッディング最適化がさらに進みました。(0.13.20までに反映されています)
  • /time でゲームの経過時間を表示できるようになりました。
    /help でコマンド一覧、/help commandでコマンドの使い方の表示ができるようになりました。
    またタブキーで補完が効くようになっています。

Ver.0.13.0 Edit

公式:アップデートの要約
公式:リリースノート

以下、上記リリースノートの翻訳です。

大きな変更点 Edit

...

小さな変更点 Edit

...

使いやすさの改良点 Edit

...

ゲームバランスの改善 Edit

...

その他の変更点 Edit

...

グラフィックの変更 Edit

...

最適化 Edit

...

バグフィックス Edit

...

MOD Edit

...

luaスクリプト Edit

...

過去におけるVer0.13およびその後リリース予定に関する情報 Edit

...

過去の更新情報(Ver0.12.0以前) Edit

過去の更新情報

その他情報 Edit

2014年6月1日にアルファ版のTier1価格が、13ドルから20ドルへ値上がりします。
2014年11月〜アルファ版Tier1価格が再度改定、15.5ドルに(実質値下げ)