Top > Ext > media > NativeShot
HTML convert time to 0.008 sec.


NativeShot

Last-modified: 2016-11-22 (火) 20:29:48

拡張機能 - NativeShot Edit

ジャンル画像/音
バージョン
特徴閲覧ページ等のスクリーンショットを取得[e]
人気投票数 0  [投票ボタン]
対応Fx
edit/refer
edit/refer
対応Tb
edit/refer
edit/refer
日本語
edit/refer
最新版入手先NativeShot :: Versions :: Add-ons for Firefox [e]
ミラーサイトAdd-ons for Firefox[e]
制作者サイトNoitidart - Firefox Addon Developer [e]
英語
非公式版サイト[e]
関連サイトGitHub - Noitidart/NativeShot[e]

説明・詳細 Edit

閲覧ページ/現在のウィンドウ/全てのモニターのスクリーンショットを取得し、保存/コピー/印刷/共有する事ができます。

 

使い方

  1. ツールバーの専用ボタンを押す
  2. 画面が暗くなった状態でマウスポインタをドラッグし範囲を選択する
    • モニター全体を選択する場合は範囲を選択しなくてもよい
  3. 右クリックしコンテキストメニューを開き任意の項目をクリックする
 

範囲選択後のコンテキストメニュー項目

  • Save to File - Quick
    スクリーンショットを標準フォルダに直接保存する。
  • Save to File - Browse
    スクリーンショットを任意のフォルダに保存する。
  • Copy to Clipboard
    スクリーンショットをクリップボードへコピーする。
  • Print Image
    スクリーンショットを印刷する。
  • Upload to Image Host - Anonymous
    スクリーンショットを投稿する。
  • Imgur
  • Share to Social Media
    スクリーンショットを共有する。
  • Twitter
  • Reverse Image Search
    スクリーンショットの類似画像を検索する。
  • TinEye
  • Google Images
  • Text Recognition (OCR)
    スクリーンショットに含まれる文字列*1を読み取りダイアログに表示する。
    ダイアログの「OK」ボタンを押すとダイアログに表示された文字列がクリップボードへコピーされる。
  • GOCR
  • OCRAD
  • All Methods
  • Clear Selection
    選択状態を解除する。
  • Select Fullscreen
    • Current Monitor
      現在のモニターの全域を選択する、
  • All Monitor
    全てのモニターの全域を選択する、
  • Monitor ○
    ○番目のモニターの全域を選択する、
  • Select Window BETA
    指定したウィンドウの範囲を選択する。
    バージョン1.5の時点では下に隠れているウィンドウを指定した場合に隠れている部分のスクリーンショットが取得できない。
  • Close (Esc)
    NativeShotを終了する。(ショートカットキーはEscキー)
 

設定項目

  • Main
    各項目の利用回数等の情報が表示される。
  • Options
    • Automatic Updates
      拡張機能の自動更新機能の有効状態を表示する。
  • ON/OFF
    拡張機能の自動更新機能の有効状態を切り替える。
  • Quick Save Folder
    スクリーンショットを直接保存するフォルダのフルパスを表示する。
  • Change
    スクリーンショットを直接保存するフォルダを変更する。
  • Print Preview
    印刷プレビュー機能の有効状態を表示する。
  • ON/OFF
    印刷プレビュー機能の有効状態を切り替える。
 

コメントはありません。 :Comment/NativeShot?

コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 読み取り可能な文字はアルファベット等のラテン文字やキリル文字