Top > Ext > security > SecretAgent
HTML convert time to 0.006 sec.


SecretAgent

Last-modified: 2015-05-05 (火) 22:47:25

拡張機能 - SecretAgent Edit

ジャンルセキュリティ
バージョン
特徴ユーザエージェント等をランダムで偽装する[e]
人気投票数 0  [投票ボタン]
対応Fx
edit/refer
edit/refer
対応Tb
edit/refer
edit/refer
日本語
edit/refer
最新版入手先Secret Agent - Randomize HTTP User Agent for Firefox/SeaMonkey [e]
ミラーサイト[e]
制作者サイトDephormation - The Law, Phorm, and Behavioural Advertising using Communications Data [e]
英語
非公式版サイト[e]
関連サイト[e]

説明・詳細 Edit

ウェブページへアクセスする度にユーザエージェント等のヘッダをランダムで偽装します。
閲覧サイトをホワイトリストに追加して偽装しないようにもできます。
アドオンバーの専用ボタンをクリックすると有効・無効が切り替わります。

 

ツールメニュー項目

  • Secret Agent...
    設定画面を表示する。
 

専用ボタン右クリックメニュー項目

  • Add ○○ to Whitelist
    閲覧サイトのホストをホワイトリストに追加し、閲覧サイトでは偽装しないようにする。
  • Remove ○○ from Whitelist
    閲覧サイトのホストをホワイトリストから削除する。
  • Preferences
    設定画面を表示する。
  • Disable Stealth Mode
    SecretAgentを一時無効にする。
  • Enable Stealth Mode
    SecretAgentを有効にする。
  • Force Rotation
 

設定項目

  • Entropy
    • Enable Secret Agent's Stealth Mode
      SecretAgentを有効にする。
  • Rotate with every HTTP request (most disruptive)
    HTTPリクエストを送る度にヘッダを偽装する。
  • Rotate with every page load
    ページを読み込む度にヘッダを偽装する。
  • Rotate with every browser session (least disruptive)
    現在のセッションでヘッダを偽装しない。
  • User Agents
    • Rotate User Agent
      下記のユーザーエージェント一覧を使用してユーザーエージェントをランダムで偽装する。
      ユーザーエージェント一覧は編集可能で、1行につき1つのユーザーエージェントを記入する。
  • Accept Headers
    • Rotate Accept Header
      下記のAcceptヘッダ一覧を使用してAcceptヘッダをランダムで偽装する。
      Acceptヘッダ一覧は編集可能で、1行につき1つのAcceptヘッダを記入する。
  • Javascript OSCPU Strings
    • Rotate OSCPU String
      下記のOSCPU文字列一覧を使用してJavaScriptのnavigator.oscpuによってサイト側に受け渡されるOSやCPUの情報をランダムで偽装する。
      OSCPU文字列一覧は編集可能で、1行につき1つのOSCPU文字列を記入する。
  • eTags & Caching
    • Send spoofed ETag 'If-None-Match' headers
      If-None-Matchヘッダをランダムで偽装する。
  • Send spoofed 'If-Modified-Since' headers
    If-Modified-Sinceヘッダをランダムで偽装する。
  • Proxy Headers
    • Send Spoofed HTTP 'X-Forwarded-For' headers
      X-Forwarded-Forヘッダをランダムで偽装する。
  • Send Spoofed HTTP 'Via' headers
    Viaヘッダをランダムで偽装する。
  • Host Whitelist
    ヘッダの偽装を除外するサイトのホストが記入されたホワイトリストを表示する。
    ホスト一覧は編集可能で、1行につき1つのホストを記入する。
  • General
    • Show Secret Agent Splash Screen
      Firefox起動時にSecret Agentのスプラッシュ画面を表示する。
  • Reset All Preferences to Defaults
    設定を初期状態に戻す。
 

類似拡張機能:Random Agent Spoofer

 

コメントはありません。 :Comment/SecretAgent?

コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White