Top > Fuel Engines構築

Fuel Engines構築

Last-modified: 2017-11-06 (月) 14:09:41

fuelenginetop.png
たなびく煙は男のロマン。

概要 Edit

燃料エンジンとは、燃料(Fuel)を消費することで回転し、動力を得る機関です。
燃料がなければ動かず、動力を発生させられないほか、熱の概念によって出力が変動します。
エンジン出力はシリンダーに接続されたインジェクター/キャブレターから得られる出力を加算していく形になります。
エンジンをいくら小型化/巨大化しても、シリンダーに接続されたインジェクター/キャブレターの総数が同じならば、表記上の最大出力は常に同じです。
シリンダーは熱を溜め込みすぎると熱暴走によって動作を停止してしまいます。
当然、その状態のままでは出力も得られませんので、冷却装置か排気管で熱を取り除く必要があります。
排気管で取り除いた熱は、排気管の終端で廃熱として熱源になります。
これは排気量に応じて熱量が増え、IRミサイルのターゲットになります。

パーツの説明 Edit

画像パーツ名説明
和訳
FuelEngineGenerator.pngFuel Engine Generator燃料エンジンの核となるパーツです。これとシリンダーを接続することで動力を得ます。
燃料エンジン発電機
CrankShaft.pngCrank Shaftエンジンブロックとシリンダーを繋げるためのパーツで、自身はエンジン性能に影響を及ぼしません。
クランクシャフト
Adapter.pngAdapterクランクシャフトにのみ接続出来、自身にシリンダーを接続することができる。
アダプター
Cylinder.pngCylinder実際に燃料を動力に変換するためのパーツです。
クランクシャフト/アダプターとの接続判定は底面のみです。
以下のパーツを取り付けることにより、出力の向上や廃熱を行います。
シリンダー
Exhaust.pngExhaustシリンダーから熱を大きく取り除きます。
複数の形状があり、同一発電機内ならば集合排気させることも可能です。
排気の通る排気管の終端は熱源になります。ver1.969現在、異なる発電機同士で排気を合流したり、排気を分岐したりできます。
集合排気をし過ぎるとシリンダー毎の排熱効率が低下し、オーバーヒートを起こしやすくなります。
また、変な話だが、排気効率が下がる条件は「屋内に排気する」ではなく、「排気口終端の直線上に何か別のブロックが設置してある」となっている。(これは原理的にはスクリューやジェット、イオンスラスターの出力低下に近い)
排気管
Radiator.pngRadiatorすべてのシリンダーから熱を取り除きます。
シリンダー/クランクシャフトに接続する事で効果を発揮しますが、燃費が若干悪化します。
ラージタイプも同様です。
また、排気管が各シリンダーに1本以上接続されていないと効果が薄いです。
3x3サイズの大型のものもあります。
ラジエーター
Injector.pngInjector接続されたシリンダーの出力を200に上げます。
複数個接続することで、接続された個数分だけ出力が200加算されていきます。
熱量が大きく上がり、燃費も悪化します。
インジェクター
Carburettor.pngCarburettor接続されたシリンダーの出力を100に上げます。
複数個接続することで、接続された個数分だけ出力が100加算されていきます。
熱量も燃費も増えますが、次の3つのパーツを乗せることで特定の出力区間において燃費を低減させる事が出来ます。
上面(白い部分)は、その他パーツのみ接続が出来ます。底面は、シリンダーのみ接続が出来ます。
キャブレター
Supercharger.pngSuper Charger低負荷区域において燃費を改善させます。
高負荷区域においても若干の燃費改善が見られます。
また、若干ですがチャージャー系は冷却効果を持ち、オーバーヒートの発生を僅かながら抑止することができます。
全面でキャブレターと接続できます。
スーパーチャージャー
Turbocharger.pngTurbocharger高負荷区域において燃費を劇的に改善させます。
低負荷区域においても燃費改善が見られます。
黒い部分を排気管やシリンダーに、白い部分をキャブレターに接続して使います。
左と右で異なるのは黒い部分の排気方向のみです。
通す排気量によって燃費がより大きく改善されていきます。
ターボチャージャー
InlineTurbocharger.pngInline turbocharger高負荷区域において燃費を劇的に改善させます。
低負荷区域においても燃費改善が見られます。
黒い部分を排気管に、白い部分をキャブレターに接続して使います。
左と右で異なるのは黒い部分の排気方向のみです。
通す排気量によって燃費がより大きく改善されていきます。
これのみExhaust(排気管)の項目の中に存在します。
排気を5つ通せば最大効率に到達します。
あとはどれだけ多くのターボチャージャーを接続するかが勝負所でしょう。
ver1.969現在、排気30で最大効率に達します。排気をほかのエンジンから供給することで出力域に依らず燃費を劇的に改善することができます。
チャージャー系は全てあくまで接続されているキャブレターの燃費を改善するだけなのでエンジン回路自体の燃費が悪い場合効果が出にくいです。
インラインターボチャージャー

概略図 Edit

CkrJiReUgAEXZ8T.jpg
ターボチャージャーにはインラインターボチャージャーも含まれてます!

燃料エンジンの組み立て方 Edit

engine_sample2.png

 

1.エンジンブロックを設置します。
 (エンジンブロックには向きがあります)

 

2.エンジンブロックの前方からクランクシャフトを脊髄のようにまっすぐ一列に伸ばします。
 これはいくらでも好きなだけ長くすることができます。
 上記の画像右側のようにクランクシャフトなしで作成も可能です。


 

engine_sample3.png

 

3.クランクシャフトにシリンダーを接続します。クランクシャフトにアダプターを接続し延長も可能です。
 (シリンダーは底面のみクランクシャフト/アダプターとの接続判定を持ちます)

 

4.シリンダーにキャブレターまたはインジェクターを接続します。


 

engine_sample4.png

 

5.キャブレターを設置した場合、スーパーチャージャー、ターボチャージャーまたはインラインターボチャージャーを接続させる事が出来ます。

 

6.冷却用の排気管やラジエーターを接続します。
 (ターボチャージャーを使用する場合、ターボチャージャー自身が若干の排気機能をあわせ持ちます。)
 (ラジエーターはシリンダーの他にクランクシャフトにも接続できます。)

 

 

初心者向け ざっくりエンジン解説 Edit

テキストのみ縦に長いので、おりたたみ
 

 

インジェクターエンジンのサンプル Edit

ftd_ed02.jpg

説明
 

 

キャブレターエンジンの基本型 Edit

ftd_ed05.jpg

 

ここからスーパーチャージャーやターボチャージャーなどを増設していく。

説明
 

 

ターボチャージャーの使い方 Edit

ターボチャージャーには、シリンダーからの排気を接続します。シリンダー直付けでも、パイプを経由してでも、どちらでも構いません。黒い胴体部分を挟み込むように配管しましょう。
ターボチャージャーを動作させるには、白い側の決まった面がキャブレターとくっついていなければいけません。白い頭部分の凸部をキャブレター接触させます。
ftd_e201.jpg
(画面奥にあるエンジンは関係ナシ)
2017-06-24_11 27 31_0.jpg
手前がインラインターボチャージャー、奥がターボチャージャー。白い頭の黒くて平らになってる面をキャブレターにくっつける。黒い胴体には2つの接続点があり、ここに一方から排気が入り、他方から排気できるように配管する。


 

パイプの中に複数のターボをかますと、燃費がより改善されます。
ftd_e204.jpg
ftd_e205.jpg
(画像クリックで原寸大表示)

 

ただし、上述したようにターボを動かすにはキャブレターが必要です。

 

ftd_e202.jpg
パイプを一筆書きでウネウネ這わせて、ターボの頭の出っ張りにキャブがつくように配管します。

 

ftd_e203.jpg
燃費が改善されています。


 

インラインターボチャージャー接続例 Edit

インライン例.jpg


こんな具合でシリンダーの排気を集める事で効率が上昇する。
最大効率は30個の排気である為それ以上の効率を求めるのならば
何とかしてインラインターボチャージャーでの接続数を増やす他ないでしょう。


 

header.jpg

 

FTD_JPエンジンパックMK-2
Steamワークショップリンク注意。
日本人プレイヤーによって構築された各種エンジン詰め合わせ。
管理人オススメの逸品揃いなので分解して研究などしてみては如何だろうか。

 

ターボとインラインターボの性能比較 Edit

 通常のターボチャージャーと、エキゾーストの中にあるインラインターボチャージャーは、説明文が微妙に異なっている。排気の入力位置は明らかに違うとして、性能面での違いはあるのか。

 

結論:
1) シリンダー1 > ターボ1 x 5:燃費は同じ。
2) シリンダー5 > ターボ1 x 1:燃費は同じ。
3) シリンダー5 > ターボ5 x 4:燃費は同じ。

 

おなじようなきがする

 
詳細

ツッコミ等ありましたらコメントに。


エンジンUI Edit

エンジンにカーソルを合わせ、Qを押すと以下のような画面が表示されます

エンジンUI.jpg
  • 左側ははグラフとなり以下の種類があります
    • 燃料の消費量
    • ?
    • 出力
    • 燃料当たりの出力
       
  • 左側はグラフで、白い線がエンジン全体の値、青い値がシリンダーの値となります
     
  • 右上のスライダーは各設定項目です
    • Ramp up time [s]/アイドリング時間
      • 遅く設定すると効率よくなりますが、エンジンの加速が遅くなります
    • Decay [-]/エンジンの減速率
      • 遅くすると、エンジンの出力の下降が緩慢になります。上げると急激に低下するようになります
    • Responsiveness [-]/エンジンの加速率
      • 遅くすると、エンジンの出力の上昇が緩慢になります。上げると急激に低下するようになります
    • Battery Charge [-]/バッテリーへの供給率
      • バッテリーへの供給をエンジンの総出力の何%を使用するかを設定します
    • Maximum Drive [-]/最大出力
      • エンジンの最大、何%まで稼働させるかを設定します
         
  • 右下のグラフはエンジンの出力の度合いを示します
    • 赤色の線が要求されている出力の値を示します
    • 黄色の線が実際にこのエンジンから出力されている値を示します
       
  • 左下に全シリンダーのステータスが表示されている
    • 主に配管ミスなどで異常に熱を持ってしまっているシリンダーが無いかの確認が主であろう。
 

エンジンUI応用 Edit


燃費の良いエンジン側は

 

Ramp up time [s] を限界まで小さく。
(値が少ない程要求されたら即座に出力を上げる)

 

Decay [-] も同様に余り下げないようにする。
(値が少ないと「もうこんなに出力いらないよ?」という際にエンジンにブレーキを掛ける役割)

 

逆に燃費のヨロシクないエンジンは

 

Ramp up time [s] をすこし多めに
(高すぎると今度は加速が遅すぎるので)

 

Decay [-] は限界まで上げてしまうと良いでしょう。
(不要になったら即座にエンジンを停止させるという具合)

 

と、することでターボチャージャー式の燃費の良いエンジンを平時使用し、
インジェクタ式の燃費はよくないが小型化がし易いエンジンを緊急時に使用(LMDや電力の急速充電、メインエンジンの被弾時)するという事が可能になる。
ある程度は、だが。

エンジン構築Tips Edit

  • アダプターはあくまでクランクシャフトより1ブロック分の延長が出来るだけである。
  • 複数の排気管を束ねる事でコンパクトに出来る本作だが、違うジェネレーター由来のシリンダーから出ている排気管は束ねる事が出来ない。←1.96で可能に
    • ただしターボチャージャーに繋ぐ分にはジェネレーターが違っても機能する。排気専用ジェネレーターなんてのも面白いかもしれない。
  • v1.96(安定板)時点ではターボによる燃料消費量削減効果は以下の通り
    排気ガス量燃費改善率排気ガス量燃費改善率排気ガス量燃費改善率
    11.18112.17213.04
    21.31122.26223.13
    31.43132.34233.23
    41.54142.43243.32
    51.64152.51253.42
    61.73162.6263.52
    71.82172.69273.62
    81.91182.77283.72
    92192.86293.82
    102.09202.95303.93
  • v1.96(安定板)時点ではスーパーチャージャーによる燃料消費量削減効果は以下の通り
    出力域[%]燃費改善率
    01.43
    101.41
    201.38
    301.33
    401.27
    501.21
    601.16
    701.12
    801.08
    901.06
    1001.05
    supercha05_0.png
  • スパーチャージャー、ターボチャージャーの燃費改善効果は、キャブレターに付けた分だけ積算される。
    例えば、1つのキャブレターに、
    • 5つのスーパーチャージャーを接続すると、0%でPPFは6.05倍になる。
    • 5つの30排気を通したターボチャージャーを接続するとPPFは約940倍になる。
      あくまで概算で、正しい計算ではない。
 
  • アドキャガイドの人でエンジンパックの作者のヒトがエンジンガイドも書いてくれたので読むべし!

同様にエンジンパックに提供されているエンジン職人の方曰くは中級者向けだとのこと。

  • 排気ガス1本あたりの量
    シリンダーのみ:0.14
    Injector/1個:2.64
    Carburetor/1個:1.2
    Supercharger/1個:-0.06(2個以降-0.05)
    Turbocharger/1個:-0.18(2個-0.15、3個-0.13、4個-0.12)
    Inline Turbocharger/1個:排気量によって変動する。

エンジンの評価 Edit

  • 出力はキャブレター/インジェクターの個数で決定されます。なのでシリンダーの個数が少ないほど、小さくて高出力なエンジンと言うことになります。この指標としてPPBを用います。
    PPB=(エンジンの出力)/(エンジンのVolume)
    エンジンは熱の概念によって出力が低下するので、実際にエンジンを動かした状態の低下した出力を計算に用いると良いでしょう。VolumeはNewObjectでfortless等を出し、エンジンのみを設置してVキーのVolumeの数値を参考にしましょう。
    • キャブレターエンジンならPPBが40を超えると出力がとても高いと言えます。
    • インジェクターエンジンならPPBが70を超えると出力がとても高いと言えます。
  • 燃費はキャブレターエンジンでしか改善できません。ターボチャージャー/スーパーチャージャーの個数と配置によって変動します。
    • スーパーチャージャーは接続数と出力域によってのみ改善率が変動します。
    • ターボチャージャーは接続数と排気の量で改善率が変動します。排気はエンジンが稼働していないと発生しないので、エンジンを動かしてからPPFを確認しましょう。仕様上次の表のようにPPFの上限が定まります。
      キャブレタ毎のターボチャージャーの個数燃費改善率の上限PPFの上限
      13.93327
      215.51288
      360.75066
      423919921
      593978329

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • このページで良いか分かりませんが、データの見方があると嬉しいです -- GenbuST? 2016-06-14 (火) 18:35:39
    • UI周りが全体的にまだ作られてないんですよねーorzまだまだ情報不足ダー -- 管理人/びんせんとー? 2016-06-14 (火) 18:44:03
  • エンジン難しいですねー -- GenbuST? 2016-07-05 (火) 12:50:00
    • とりあえず役割を覚えてしまえばどうとでもなりますよー。問題はターボチャージャーパズルゲームしてると時間が溶ける事ですか。 -- 管理人/びんせんとー? 2016-07-05 (火) 12:56:24
      • アサダー!(゜∀。)ノ -- けけ? 2016-07-10 (日) 03:36:34
      • うん パズル化して時間かけまくる前に「 -- sakusya? 2016-07-10 (日) 08:34:59
      • 「本当にそんなに時間かけるだけの性能が必要なの?」という部分をどう書こうか悩んでおるのです。趣味やネタや実験は別デスガ -- sakusya? 2016-07-10 (日) 08:37:53
      • …そこを突き詰めるのが楽しいんじゃないか?アドキャも同様でしょう -- 管理人/びんせんとー? 2016-07-10 (日) 09:37:44
    • とりあえずコレ載せとけ、的なテンプレ化が出来ないからなぁ。全部に言えることだけど、カッコいい船が作りたいって人にエンジンから作り方を学んでねってなるのがねぇ。やりたい事に辿り着く前にバイバイしちゃう人多いだろうなぁと思う -- 2016-07-10 (日) 13:38:37
      • 無いことも無いんですけどねー、所謂盆栽職人製エンジンと言うか。完成度が高いのでどこで教えるべきか悩ましい。後は簡単な小型インジェクタエンジン位は自前でささっと作れてほしいかなとは。 -- 管理人/びんせんとー? 2016-07-10 (日) 13:55:35
  • 盆栽いじってて気になったこと、ちょこっとだけだったのでTipsと言う形で加えました。 -- 2016-08-15 (月) 20:10:10
  • 造船目的でFtD買ったのに、今では排気管繋ぐことに喜びを覚える体に・・・ -- 2016-10-07 (金) 18:46:33
  • 1.96以降、排気管が「双方向接続」に仕様変更されましたが、排気管を集合させてターボチャージャーに流し込めば燃費が改善されるという点は、何ら変わりないようですね。終端まで一筆書き状態でパイプとターボチャージャーを接続していけば効率が良くなる(従来通り)。1.96より前にリリースされていた低燃費エンジン群も、ほぼ従来と同じ感覚で使えますね -- 琵琶湖の遊底部? 2016-11-13 (日) 13:49:42
    • むしろ排気限界が30になって高性能になった、という感覚ですねえ… -- 管理人/びんせんとー? 2016-11-13 (日) 17:20:19
    • 入口に適当なエンジンかませれば初っ端から最高効率を出すことも可能に -- 2016-11-13 (日) 17:20:27
  • AARによる作例の提供開始もしたので現在管理人が確認できている日本人による高性能エンジン詰め合わせをWikiでも公開。 -- 管理人/びんせんとー? 2017-01-10 (火) 02:13:21
    • 1.96の仕様変更により、さらに高性能なエンジンが発見されたりもして時折アップデートがされるので注意、だろうか。 -- 管理人/びんせんとー? 2017-01-10 (火) 02:15:10
    • 元々は管理人が良く使うエンジンをMod機能を使ってプレハブ枠を空けるために作ったが、良く考えなくても皆欲しい代物だと感じたので各作者に許可を貰って公開、というのが始まりだったりする。 -- 管理人/びんせんとー? 2017-01-10 (火) 02:22:38
  • 大規模エンジン作ったらパイプが1000までしかつながらなかった^p^ -- 2017-01-18 (水) 14:25:41
    • 1000本制限だったか・・・!どっちにしろソコまで繋ぐと多分FtDが落ちる可能性が^q^; -- 管理人/びんせんとー? 2017-01-24 (火) 17:54:05
  • 大型スクリューをいくつも付けて、全力稼働させたときにエンジン出力が段々下がるのはエンジン出力の問題でしょうか?ちなみに排気に問題がないのは確認済みです -- 2017-07-24 (月) 21:13:05
    • 燃料エンジンで出力が段々下がるのは廃熱問題ですね〜、全力運転時にオーバーヒート、および廃熱で機能が低下しすぎない程度の設計にしましょう。 -- 管理人/びんせんとー? 2017-07-24 (月) 21:40:53
      • もう一回排熱確認してみます。なんとかスクリューを減らさずに済ます方法を探します。これ以上速力を落とすと駆逐艦として問題なので -- 2017-07-24 (月) 22:31:28
  • やっぱり排熱に問題がありました。直したら最大速力発揮時に出力が7割まで低下したものの、それ以下になることはなくなりました -- 2017-07-25 (火) 01:38:32
    • あんまり話題にでないけどラジエーター試してみたら? -- 2017-08-31 (木) 06:20:32
    • エンジンの排熱を一括ではなく複数の系統に分割してみては?例えばエンジン4m置きに排熱用の配管を独立させるとか。煙突等に仕込むのは難しくなるが割と無茶が効くようになるかと。 -- 2017-08-31 (木) 06:50:53
  • 何倍ものって言ってるけど、インジェクタエンジンはせいぜいPPB80でキャブレタエンジンは1ターボでPPB40、2ターボでもPPB25くらいだからせいぜい倍くらいだし、燃料タンクの設置コストや運用コストを考慮しないと使い道には言及できない気がするなぁ -- 2017-11-05 (日) 12:42:36
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White