HTML convert time to 0.002 sec.


ペドロ・ヒラウド / Pedro Giraudo の変更点


 >
 CENTER:&flash(https://www.youtube.com/v/4tMNXvgb0Uc,425x355,bgcolor=#000000);
 #br
 
 
 
 
 #br
 #contents
 #br
 *バイオグラフィー [#y42637f4]
 ベーシスト、作曲家、オーケストラリーダー。
 アルゼンチン、コルドバ生まれ。1996年にニューヨークに拠点を移す。
 マンハッタン音楽大学に進学、同級生のミゲル・セノン、ルイス・ペルドモ、ハンス・グラヴィシュニクに影響を受ける。師事したのはロン・カーターとデヴィッド・ブシュラー(David Bushler)、デヴィッド・バーガー(David Berger)だった。
 彼の運営するセクステット、ジャズ・オーケストラはともにクラシック音楽、アルゼンチン・タンゴ、アルゼンチン・フォークとジャズを結びつけた音楽性になっている。またタンゴのオーケストラも組織している。
 *作品 [#l43cd8c2]
 ? - Destiny of Flowers
 2002 - Mr. Vivo
 2005 - Desconsuelo
 2009 - El Viaje
 2011 - [[Córdoba>https://www.discogs.com/ja/Pedro-Giraudo-C%C3%B3rdoba/release/9205621]]
 2015 - Cuentos
 
 クエッカのリズムを使用した"Overtune"、5/8の変拍子にメレンゲのリズムを使用した"Muneca"強拍が移変わる7拍子上で2本のクラリネット、1本のバスクラリネットがリズミックなラインを演奏する“El Cuento Que Te Cuento”など様々なアプローチをしている。[2]
 *発言 [#le991ef6]
 
 影響を受けたミュージシャン
 ----
 jazz.comのインタビュー
 カーラ・ブレイ、デューク・エリントン、ギジェルモ・クレイン、アストラル・ピアソラ、バッハ[3]
 
 
 #br
 アストル・ピアソラについて[3]
 ----
 アストル・ピアソラは(ギジェルモ・クレインに次いで)もう一人の影響源だ。彼は無駄を省いた作曲法や最小限の書き込みで表現する方法を教えてくれた。
 #region
 Astor Piazzolla is another influence. He taught me about the economy of writing, or how much you can say with so little. 
 #endregion
 *評価 [#e42f704c]
 *楽器 [#t21051da]
 *訳語 [#tad038b5]
 「ペドロ・ジラウド」表記も見受けられるが、スペイン語のGi、Geはハ行音になるため、日本語表記の場合「ヒラウド」が近い。ただしスペイン語話者に言わせると喉の奥から出したような発音で、日本語のヒ、へとも異なるらしい。
 「ペドロ・ジラウド」表記も見受けられるが、スペイン語のGi、Geはハ行音になるため、日本語表記の場合「ヒラウド」が近い。
 *脚注 [#d30c8057]
 [1][[IN CONVERSATION WITH PEDRO GIRAUDO>http://www.jazz.com/features-and-interviews/2009/5/4/in-conversation-with-pedro-giraudo]]
 [2][[Album Of The Week: Cuentos, Pedro Giraudo Big Band>http://www.chipboaz.com/blog/2015/04/19/album-of-the-week-cuentos-pedro-giraudo-big-band/]]
 
 [3][[Pedro Giraudo Big Band: Cuentos (2015)>http://www.allaboutjazz.com/cuentos-pedro-giraudo-zoho-music-review-by-jack-bowers.php]]
 
 *コメント [#x2cd4f08]
 #article