Top > かいはつしつ
HTML convert time to 0.005 sec.


かいはつしつ

Last-modified: 2017-09-10 (日) 18:47:02
youkoso.jpg

「かいはつしつ」とは? Edit

FF4に登場した隠し要素。(開発室ネタは有名だが、FFでは4系列のみ)
ドワーフ城の隠し通路から行けるマップに、「開発室」や「仮眠室」が設置されており、
ドットキャラになった実名のFF4開発スタッフのセリフが聞けたり戦闘が起きたりするというもの。
このネタはクロノトリガー等でも見られるが、たいてい普通にゲームを進めていると遭遇する事がなく、
裏技、隠しEDといった通常の手段では辿りつけない場所に実装されている。
はっきし言うと究極の内輪ネタなので、せめて作品の世界観に影響が出ないよう配慮するのは当然の事であった。

FF14のかいはつしつ Edit

naony.jpg

シーズナルイベント「新年祭」にて限定実装。
開催期間:2015/8/27 17:00〜2015/9/7 23:59

クエスト「新生祭と鎮魂の夜空」進行中、イベントで強制的にかいはつしつに飛ばされる。隠し要素・・・?
新生2周年イベントに実装された事、まるで隠し要素になっていない事など、上っ面だけのFF要素が物議を醸した。
しかも一部の人間(主に吉田信者)にしか伝わらない開発の内輪ネタ。
ゲーム内に発生したバグを処理するというクエスト内容。奥にはなおきのへやがあり前社長と新社長が談笑している。
果ては開発陣がプレイヤーを取り囲んで拍手を送るカットシーンの不気味な儀式にしかみえない演出などなど。

この内容ではせめてエイプリルフールにやるべきだろう。

 

>2016-10-04(20:21) : 既にその名前は使われ URL : 編集
本当、ゲーム内にPDを始めとするスタッフが出演する所はクッソドンびくんだよなァ
去年夏の新生祭とか群を抜いて酷かったけども

拡張出たてで肝心要のメインストーリーすら、「時間が足りなくて泣く泣くカット」したりして酷い事になってる中
新生祭のPD含めたスタッフが勢揃いクエは、思い入れタッッップリに凝りに凝っていてマジ呆れたもんな

制作物の中に作者を登場させるのが楽しくてしょうがないってのは、ツクールでゲーム作ったりしてりゃ身に覚えはあるもんだが
それをプロがやっちゃイカンだろ・・・
わざわざ独立マップがあったり、これまでのあらゆる季節イベントの中で一番凝ってたもんな、アレ・・・

クエスト「新生祭と鎮魂の夜空」 Edit

依頼主 :ノノラ(ウルダハ:ナル回廊 X10-Y10)
受注条件:レベル15〜
概要  :ルビーロード国際市場のノノラは、バグの発生に憂いているようだ。
報酬  :マメット・イゼル、マメット・ユウギリ

ノノラ
「・・・・・・最近、ウルダハの近辺で、機械仕掛けの魔物「バグ」が多数出没しています。
 それも、日ごとに数を増し、人々を脅かしているのです。
 折しも、エオルゼアの各都市では、第七霊災の犠牲を悼む、「新生祭」が開かれている最中・・・・・・。
 このままでは、静かな鎮魂の祈りが妨げられてしまいます!
 しかし、希望もあります・・・・・・!
 目撃者によれば、派手な出で立ちの詩人さんが、果敢にも「バグ」に立ち向かっておられたとか。
 詩人さんとともに、「バグ」討伐に挑んでもらえないでしょうか?」

導入からメタ要素を隠そうともしないが、更に話は続く。

F.A.T.E.『バグフィックス』 Edit

異邦の詩人
「バグめ、現れたな! 掃討してみせる!
 新生祭の邪魔はさせない!」
「さすがに、数が多い・・・・・・。
 仕方ない、「あれ」を使うしかないか・・・・・・!」
「ミラクルフラッシュが決まったァー!」

異邦の詩人との共闘FATE。
終了後、バグの破片をNPCに調べてもらうイベント。

バグの破片イベント Edit

異邦の詩人
「どんなに小さくてもいい・・・・・・。僕らには、「バグ」を取り除くための情報が必要なんだ。
 その中に、きっと解決策の糸口が見つかるはず。
 「新生祭」が開かれている今、多くの人が訪れている。
 その道の専門家を探しだし、意見を募れば・・・・・・。
 どうか、頼んだよ・・・・・・!」

異邦の音楽家
「ほう、よくぞオレを音楽家だと見抜いたな!いいぜ、バッチリ調べてやろう・・・・・・どれどれ・・・・・・。
 ・・・・・・はて、こいつはただの機械音じゃねえな。一定のリズムで、旋律を刻んでるみてぇだ。
 ほんで、そのリズムに合わせて、文字みてぇな、よくわかんねぇ模様が浮かび上がってくるぞ?
 ・・・・・・んー、見たことがない文字だな。
 オレの仲間に、いろんな国の言葉に詳しいヤツがいるんだ。
 そいつもウルダハに来てるから、見せてみちゃどうだい?」

異邦の翻訳家
「これは・・・・・・古に滅んだ文明の文字だね。
 僕は翻訳家であって、解読は専門外なんだけど・・・・・・。
 ・・・・・・なんとか、読み解ける部分はないかな。
 むむむ・・・・・・全文の意味はわからないながらも・・・・・・
 どうやら、「増殖」と「指令」って書いてあるようだ!
 僕は最近、さまざまな土地の歴史や文化に精通している、博識な作家さんと仕事をしていてね。
 彼なら、この意味もわかるかもしれない!」

異邦の作家
「・・・・・・ほう、「増殖」と「指令」ねえ。
 そういや、古代アラグ文明に関する文献を調べていたときに、
 兵器の量産を促進する機構についての記述を見かけたな。
 しかし、具体的にどんな機構なのかを突き止めなければ、対策の講じようもない・・・・・・。
 ・・・・・・よし、俺が信頼する技術屋がいる。これだけの情報があれば、彼なら対策も考案できるだろう。
 彼も、第七霊災を悼む気持ちは強かった。きっと、この街を訪れているに違いない!」

異邦の技術屋
「・・・・・・なるほど。
 これまでに貴方が得た情報と、この破片から推測するに、
 その「バグ」には、増殖機構が組み込まれているようですね。
 「バグ」の総数が一定値を割り込むと、特殊な通信音波を発して、増殖コマンドを実行するようです。
 ・・・・・・ならば、その音波を乱し、指令を無効化してやればいい。
 奴らを潰す際に特殊な音色を奏で、通信を撹乱すれば、
 おそらくは「バグ」の増殖を防ぐことができるでしょう。
 そうですね、この通信音波をもっとも効率的に妨害できる、旋律をしたためましょう。
 この書面を、貴方の依頼主である「異邦の詩人」さんへ!」

異邦の詩人に報告 Edit

異邦の詩人
「・・・・・・なるほど!「バグ」には、増殖を促す機構が組み込まれていたのか!
 このメモに記されている旋律を、奴らを破壊するときに奏でればいいんだね?
 それなら任せてくれ! 渾身の音色を響かせてみせよう!
 本当に、ありがとう。
 第七霊災を悼む、鎮魂の祈りを乱さぬためにも、「バグ」を、どうしても消滅させたかったんだ・・・・・・。
 君と、そして異邦の者たちの協力がなければ、とても解決策まで辿りつけなかったよ・・・・・・。
 ・・・・・・しかし、此度のできごと。それぞれの技能や知識を集って、新たな発想を導きだす。
 そうした者たちのことで、一曲作れそうだ・・・・・・。
 そんな、ものづくりに魂を込める者たちの詩・・・・・・。
 よければ、聞いてもらえないかな。」

????
「光の戦士よ。
 ようこそ、「かいはつしつ」へ・・・・・・。
 ここは、現し世とは異なる世界・・・・・・。
 目にしているものはすべて、君の夢や幻かもしれないし、そうじゃないかもしれない・・・・・・。
 ここに集いしは、ものづくりに強き情熱を持つ者たち。
 そして、その情熱は、君の住まう地・・・・・・
 エオルゼアへと向けられているんだ!」
ヨシダ・ナオキ
「僕は、「ヨシダ・ナオキ」・・・・・・。
 「かいはつしつ」を統べる者として、君を歓迎するよ。
 我々は、心から君に感謝しているのだから!」

かいはつしつのメンバー Edit

■ヨシダ・ナオキ(異邦の詩人)
■タカイ・ヒロシ
■マエヒロ・カズトヨ(異邦の作家)
■コウモト・ノブアキ
■コージ・フォックス(異邦の翻訳家)
■ミナガワ・ヒロシ
■スズキ・タケオ
■カスガ・ヒデユキ(異邦の技術屋)
■ソケン・マサヨシ(異邦の音楽家)
■ゴンダイ・ミツヒロ
■ムロウチ・トシオ
■シラスギ・コウジ

 

ちなみに、異邦キャラは異邦時とかいはつしつ時で装備が異なる。
そのコストをもっと他に使えなかったのだろうか。