Top > よくわからない方へ
HTML convert time to 0.037 sec.


よくわからない方へ

Last-modified: 2017-06-12 (月) 10:59:34
 
anke.jpg
 

(枠組み構成中です。FF14を知らない方へのもっとわかりやすい更生、修正など歓迎です)

 
 

Q.FF14に何が起こってるの? Edit

A.
旧FF14は、スクウェア・エニックスが公式に「失敗」と認めた、初のナンバリングFF失敗作でした。
そこからFFのイメージ回復のため、一から作り直すという「新生FF14」プロジェクトがはじまりました。

 

これまでのわるいスタッフを入れ替え、旧FF14の光の戦士も救いつつ、
ドラマチックなメテオ滅亡演出からエオルゼアを新生させ、
もう一度世界的なオンラインゲームを目指すという夢の溢れたプロジェクト。

 

しかし、ふたたびユーザーの前に姿を現した新生FF14は、
・事前情報とはまるで違うグラフィック
・RPGとは言えないゲーム性
・プレイすればするほどFFともMMOともかけ離れた感覚
と、新任プロデューサー兼ディレクターの独りよがりで暗黒錬成されてしまった謎のゲームでした。*1

 

旧FF14失敗の元凶である戦犯スタッフや体制は、実は隠していただけで開発中枢に残り続けていました。
「ユーザーを第一に考える」「ビジネスは度外視する」というのは、要するにウソだったのです。
ユーザーは驚きましたが、「これはオンラインゲームなので、今後の軌道修正で良い部分が伸びていくかもしれない」という、淡い期待を抱いてプレイを続けるユーザーもいました。

 

しかし開発はユーザーの意見を無視し、斜め下につまらないパッチを4ヵ月に1度という遅い速度で配布、外側だけ変えて中身は使い回し、難易度だけが上昇していく「定食」を繰り返すゲームとなっています。
また、大量の「不祥事」「粉飾疑惑」「盗作問題」が発覚してきました。

 

新しい事に挑戦する、内容のちがうものを出す。と生放送では期待感だけを煽り、
未だに言ってから4年も実装されていないものや、言っていた事とまるで違うコンテンツなどが実装されるケースも度々あります。これが詐欺と言われたり、信頼感の喪失、名前と役職を売りたいだけのプロデューサー兼ディレクターと言われる状況につながっています。

 

果てはプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹の分身とも呼べるキャラがゲーム内に割と重要なキャラクターという形で登場してしまう、ついでに開発陣まで登場と、もはやFFとはかけ離れたユーザー置いてけぼりのナンバリングタイトルとなりました。

 

そういった度重なる「やらかし」を経て2016年4月現在、初期の推定同時接続数20万人が3万人ほど(謎の業者含む)までに減り、
拡張版コレクターズエディションのパッケージ(定価)15,984円がワゴンで1000円で売られる現状となりました。
買い取り価格は10円です。
なおプロデューサー兼ディレクターはこれを好調と主張しています。

 

Q.なんでとっくに辞めたゲームを批難している人がいるの? Edit

A.
「初見殺し」「味方のカバーが出来ない、他人同士で足を引っ張り合うだけのゲーム性」「専門用語と謎ギミックの押しつけ」
「FFのナンバリングなのに過去作の用語や上辺だけをFFを知らない人間がぐちゃぐちゃに詰め合わせた何か」
「8人の固定メンバーの絆が様々な要因によっていずれ崩壊するのを待つゲーム」「盗作」「粉飾」「詐欺」
「最終的にやることが対人戦」「ほぼ4ヵ月に1度しかないアップデート」「週制限、日制限、時間制限」
「ロット争い(落ちるアイテムは個別ではなく奪い合いです)」「業者放置」「チート対策無し」「外部ツールを公式が黙認」
「1年かけて手に入れた装備がパッチでゴミになる」「度重なる下方修正」「開発によるFFというタイトルの私物化」etc...

 

期待感だけを煽るだけ煽られて、またはFFのナンバリングだから、友人に勧められて、と購入したのに、
こういった現状の上でプレイヤー間、プレイヤーと運営間のトラブルが絶えず、または思い入れのある過去作品を汚されるなど、
嫌な思いを植え付けられた元プレイヤーが少なくないからです。
参考→心的外傷後ストレス障害
また、多くの他ゲーのコミュニティ、2chのスレッドにFF14の宣伝を繰り返す業者のような書き込みも多く、
そのせいで引退したプレイヤー、やっていないプレイヤーなどから煙たがられているという事情もあります。
未だに良い意味で気持ちよく引退することができたり、良い思い出を作る事ができる土壌のあるゲームとは言えません。

 

Q.ギスギスせず純粋に楽しんでいる人もいるの? Edit

A.
2chネトゲ実況板のFINALFANTASY14本スレッド、職スレッド、コンテンツスレッドは勢いも少なく、
TwitterなどのSNSも内容は愚痴、ネガティブな話題または他ゲーの内容で溢れているのが現状です。

 

一応グラフィックは加工のし甲斐がある素材としては最適な粗さのようで、スクリーンショットを加工して遊ぶような層は楽しんでいるようにも思えますが、そういった層はゲームコンテンツの話題はせずに黙々とSSを加工しているようです。公式側もそれを把握しているのかSS撮影機能の拡充コマンドの実装や、離席中に周囲のプレイヤーや風景にスポットをあてるスクリーンセーバーのような機能を実装しました。

 

ニコニコ生放送などのライブ配信は一時期活発でしたが、多くの放送が「レイドやらねぇのかよ、雑魚」といった一部の視聴者の凶暴性、あるいは「下手くそ雑魚、FFやめろ」といった一部の配信主の凶暴性に淘汰されていってしまいました。
散見される配信も、全く視聴者が居ないか、FF14に限らない配信コミュニティ、そうでなければ、暴言や中傷の絶えない暴力的な放送が目につくようです。
一部、女性配信主に群がる「人気に見える放送」もありますが、これはゲームそのものは関係なく、配信主自身のファンの集まりの様に見えます。
一時期の人気から、有名配信主・歌い手等も他の土壌からやって来ましたが、長く続かなかったようです。
例外的に、半公式のプロゲーム配信主が定期的に放送をしていますが、職業としてのお付き合いに限っている雰囲気が漂っています。

 

ブログコミュニティやインゲームでのユーザーイベンター、Twitterなどでの交流や、ゲーム内サークルである「FC」や「LS」と言った規模での閉じた関係など、小さい交流・システムから程々の距離を置いての交流を楽しんでいる層もいますが、他ゲームに比べると活発ではなく、むしろ逆に同じFF14プレイヤーから「気持ち悪い」などと揶揄・批判・中傷されている例すらあります。
なりきりやTRPGの様なロールプレイといった類、制限プレイといった遊び方は、かなり親密な身内以外には、白い目で見られがちです。
開き直ってゲーム外イベントなどを通じ直結行為に興じるプレイヤーも散見されたり、あるいは一部開発者のTwitterなどに熱狂的なファンとして張り付いているフォロワー等が際立って目立つ感じです。

 

同人活動や二次創作等は程々といった所でしょうが、FFというネームバリューとしては、FF7、FF10、FF13といった過去作と比較すると、かなり小規模といえるかと思います。
ネットワークゲーム作品としては、「創作」という面ではかなり弱く、既に旧世代のものとなっているラグナロクオンラインやマビノギといった作品と比べても、二次創作・アンソロジーといった界隈の現状は随分と大人しい雰囲気です。
一部卓越した動画作成者・Webサイト作成者、絵師などは居ますが、他作品との兼業者も多く、残念ながらFF14プレイヤー内での認知度・二次創作への理解度は極めて低いです。小説や長文といった創作には、文章そのものに嫌悪感を持つ人もいるようです。
これらには、ゲーム内でのスキップ機能などで、開発やプレイヤー側の世界観を大事にしない傾向が色濃く影響しているように見えます。
※詳しくは「問題点」参照

 

不思議な傾向ですが、ゲームそのものではなく「一部開発者など」をコラージュした動画や画像の創作は活発です。こちらは認知度も高く、プレイヤー内では好評を得ているようです。

 

愚痴が溢れるゲーム内容において言論封殺をする層(吉田信者や、フォーラムでの運営姿勢)が居るので、皆が口を噤んでしまう環境が産まれ無言オンラインとなっている為、他のプレイヤーが何を思ってどう楽しんでいるのかはわからないのが実のところです。
それから残念なことに「彼らなりの楽しみ方なのでしょうが」ネトゲ実況板における晒し行為なども活発です。

 

Q.「ギスギスしてないよ」と言う人もいるけど本当? Edit

A.
その人にとっては本当の事なのでしょう。
一方、ギスギスしている、こんな意地悪をされた、という人の意見も間違いではありません。
つまり貴方がプレイしてみてギスギスするかどうかは完全に運ゲーです。
どんな協力プレイ型ゲームでもマナーの悪い人物に会うかは運だと思うかもしれませんが、
このゲームはシステム上圧倒的に対人トラブルが起きやすい仕組みになっているので、それは覚えておいて下さい。

Q.吉田直樹という人は何をしたの? Edit

A.
それまで無名だった開発者が失敗であった旧14を新生として立て直した…という事に本人はしたいようですが、
新生FF14のパッケージが売れたのは事前の「演出」と「誇大広告」と「まとめブログや2chなどでの宣伝」と「時期」
そして申し訳程度に残っていた「FFブランド」と「ゼロから作り直します詐欺」と
当時の社長であった和田が開発リソースを新生14に集中させて(自分で蒔いた種なのでこれは当たり前ですが…)
優秀なスタッフ達を投入したおかげでした。(新生発売と同時にその何人かはやめています)

 

本人がした事といえば「俺のかんがえた最強のファイナルファンタジー(過去作品をろくに遊んでいないと捉えられる発言が目立っているのに過去作流用、FF用語の間違った使い方をしているのに間違ったまま実装)」
を作ったことと「俺のかんがえる最強のMMO(流行っているからと世界的なMMOタイトルの上辺だけを掬った結果それらの悪い部分の寄せ集めになってしまいました)」を融合させた事。
その場で思いついたような誇大広告による期待感の煽り、扇動。(詐欺師と言われる原因です)
盗作とも言われるような要素などを発注書に書きそれにOKを出した事などです。
これらの開発自体は旧時代から変わらず実権であるような河本や権代の作ったものかもしれませんが、GOサインを出しているいるのはプロデューサー兼ディレクターという役職の本人です。
また、自身を賞賛する内容の意見だけを拾い上げ他は粛清を行い続けるという事でゲーム内外における言論を誘導し粉飾や問題は隠蔽を続けています。
そして第5ディヴィジョンの執行役員へと昇進しました。

 

すべては和田前社長の構想、仕掛けや狙いに本人が手を挙げたのが事の発端、和田前社長の売切型資金回収ビジネス体制の残党のようなものですが、
過剰演出効果による新生前後から、本人によるアイドル開発者を気取ったような発言、態度が目立っています。
FFなのにゲーム内にまで登場し、ついには吉田直樹の自伝的書籍も出版されるようです。

 

吉田直樹という人物をどう思うかはあなた次第ですが、興味がありましたらぜひwikiを読み進めてみてください。

 

Q.FF14は難易度が高いと聞くけど本当? Edit

A.
意味不明な謎ギミックを処理し続けながら2.5秒おきに決まったボタンを押すゲームなので、
出回った動画や解説を見てそれを完璧にトレースするというのが面倒というか作業なだけで、難易度は決して高くありません。
※特にMOBAやRTS、WoWタイプのMMOをやっている方には(バカゲーにしか見えないかもしれませんが)単調なギミックとPVEごときで何躓いてんの?と呆れに近い感想を持つ事かと思います。

ただ、プレイヤー側がどう頑張っても突破出来ないラインが週制限というシステムによって設けられているので、レベル1から最高難易度に挑むだけに効率プレイをしたとしても早くて2ヶ月はかかります。(装備取得を待たされる時間)
最高難易度に関しては段階が徐々にあったり、棲み分けできるほどのコンテンツや緩やかに臨んでいける構造では無く「いきなり」存在してくるものと思ってください。
それら上位エンドコンテンツに関しては、譜面の見えない音ゲーを8人共有でミスなしクリアを目指すような感覚だと思ってください。(譜面を頭に入れるところからがスタートです)

 

そして、あなたがギミック処理作業を上手に出来るとしても、
他の7人がまったく同じことを出来るかは保障しかねます。
あなたよりゲームが上手でないプレイヤーがいても、助けてあげることはできません。

 

それは、テストで100点を取れる人間が偶然にも8人揃うことを願うだけの運ゲー。
一緒に遊ぶ友人も、優秀な人材でないなら置き去りにする事しかできない選別ゲー。
外部ツールによるカンニングが有効であり、暗黙の了解となっている規約違反ゲー。

 

「難易度が高い」とは、「ミスが許容されない」という意味であり、
ワクワクするような、悔しいような、もう一度挑戦したいような、そういった難易度の高さとは正反対のものです。

 

テンパの中には、「FF14はアクション性が高いので、t2wな他のMMOで勝利してた井の中の蛙に“お前は本等はゲームが下手という現実を気付かせてしまう”から14は憎まれる」と思いたい人もいるようですが、この14しか知らないような井の中の蛙に突き刺さってるブーメランの数を見れば、あなたが共有することになる「ユーザーの民度という難易度」も一目瞭然です。

 

ただし、1つだけ「高難易度」という言葉に当てはまる要素があるとすれば、それは意味不明な理不尽ギミックを8人でミスなく処理しつづけ、死んでも何度も繰り返すだけの「根気」「集中力」の維持と、ミスした仲間へイライラしないという人間関係やストレスの制御です。後者は特にエンドコンテンツでの難易度が高く、どんなに善人であっても、モチベーションに差がある人たちと良好な関係を保ち続けることは難しいです。

 

FF14をプレイする前に、一度深呼吸をし、目を閉じて考えてみて下さい。

貴方は、毎日仕事や学業を終えて、疲れ果てて家に帰られていると思います。
当たり前ですが、ゲームをするのはその疲れを癒やすための息抜きの筈ですよね?
その息抜きの時間に、ゲームで怒鳴られたり、謝ったり、悩んだりしたいですか?





*1 失敗と言われた旧FF14のほうが「MMOだった」「ゲームだった」という声などもある。