Top > タクティクスオウガ問題
HTML convert time to 0.064 sec.


タクティクスオウガ問題

Last-modified: 2016-11-19 (土) 22:57:37

タクティクスオウガとは? Edit

SS_0001.png

1995年10月6日に株式会社クエストから発売されたスーパーファミコン用シミュレーションRPG。
開発代表・企画・シナリオは、のちにスクウェア(現 スクウェア・エニックス)にて、
『ファイナルファンタジーXII』『ファイナルファンタジータクティクス』『ベイグラントストーリー』を等手がける松野泰己

新生FF14におけるオマージュ意識 Edit

さて、新生FF14はご存知の通り、歴代FFシリーズのあれやこれやを闇鍋全部載せする方向性でゲームが作られている。

「クリスタルタワー」や「ゴールドソーサー」などのコンテンツはもちろん、アドベントアタイア(FF7クラウド衣装)、ワイルドローズアタイア(FF2フリオニール衣装)といった過去作キャラの装備品も実装、最近ではマトーヤのようなNPCも参戦していたりする。ユーザーに対する新種族実装アンケートではFF12ヴィエラ族の希望が多かったりと、オリジナリティの欠陥は置いておくとしてそういった流用全部載せ仕様はゲームそのものにはあまり問題はないように見える。

が、そんな中で、明らかにFFではないものが実装されている。
3.0実装、IL160「ヴァレリアンシリーズ」である。

ヴァレリアンシリーズ Edit

1435408736235.jpg
ヴァレリアンテラーナイト
ヴァレリアンドラグーン
ヴァレリアンスマグラー
ヴァレリアンガンナー
ヴァレリアンローグ
ヴァレリアンウィザード
ヴァレリアンシャーマン

の7種類。
比較できる画像があまりなかったのでドラグーンのみ掲載しておく。
要するにタクティクスオウガのイラストまんまの装備だ。
「ヴァレリア」はタクティクスオウガの地名のため、完全に意図的なもので、偶然似ちゃいましたとかそういうのはない。

問題点 Edit

で、それの何が問題なのかというと、
タクティクスオウガはファイナルファンタジーの世界とは微塵も関係がないことである。
たとえその親がFF12を手がけた松野泰己であり、デザイナーが吉田明彦であり、
FF14開発の政尾翼や皆川裕史が関わっていたとしてもだ。

 

吉田明彦が手掛けたBDFFには「水のオリビア」が居た。という例はあるが
そちらはそもそも開発者が「オウガ」などと発言しているわけもなく
シナリオメイクの仕掛けとして「知っていたらニヤリと出来る」「知っていると深みが出る」というものであり
現に大成功を収めている。

 

対してNaoki先生は「オウガです!」「好きだからです!」と暴走。
デザインほぼ一緒だしまあ放り込んじゃえ☆みたいな、あるいは身内のノリで入れたとしか思えない雑さ。
普通こういうものは、両者の世界観を尊重して「コラボ」と銘打つものではないだろうか。
全然違う作品を混ぜこんでもバレない程度の薄っぺらいエオルゼアなのだろうか。

このヴァレリアン装備実装に関して、
松野泰己氏はTwitterにて以下のように発言している。

 
matuno_1.png
 

ことわっておくが松野氏は普通のFF14プレイヤーであり、
ヴァレリアン装備取りに行くために頑張ろう〜という感じの話もしているので、
この発言にはとくに批判的な意味はない
ないが、まあ、こういうサイトでもっともな話だと同意されるのも仕方ないだろう。
ファイナルファンタジーとタクティクスオウガは違う。当たり前の意識である。

タクティクスオウガは違うよね Edit

とか言われてるのに、蛮神Naokiは次なるタクティクスオウガコラボ(無許可)を実装した。
そう、3.35実装ディープダンジョン「死者の宮殿」である。

 
sisya_2.jpg

パッチ3.3実装項目紹介 ディープダンジョン“死者の宮殿”

Error: Flash Player Cannot Installed.

いやもう意味わかんねえし。
元ネタはタクティクスオウガのエクストラダンジョン「死者の宮殿」。
これまでは歴代FFからコンテンツ名を取っていたが、
遂にそのコンテンツ名までFFではないゲームになってしまった。
FF14ってFFじゃなかったっけ?

 
 

5503歩譲って死者の宮殿の面白さを再現出来ていたら話題くらいにはなったかもしれません。
テンパをして過去最大級のクソとされたこのコンテンツにこの名をつけるのはいかがなものか…

パッチ3.4トレーラー 死者の宮殿BGM追加 Edit

3.4でディープダンジョンの51F以降が実装されるよ!やったね!
ってこれBGMが元ネタまんまじゃねーか!

Error: Flash Player Cannot Installed.

※5分42秒から

 
matuno_2.jpg

この発言にはとくに批判的な意味はない(大人の対応)

 
SS_0003.jpg

Q.ただのコラボだろ? Edit

A.コラボじゃないです。

matuno_2.5.jpg

パッチ3.45 死者の宮殿 地下200階実装 Edit

自称ニバスが地下100階ボスとして登場

DD_00.JPG

あのね、他作品から引っ張ってくるのも限度があると思うの。
この怒りをどこにぶつけていいかもうこれわかんねぇよなあ(ガチギレ)

 

〜あらすじ〜

地下51階以降に足を踏み入れたヒカセンを待っていたのは、
この世界でも死者復活って大変なんすね〜」とかいう異世界メタの入った、
あからさまに14オリジナルではないキャラのイベントシーンであった。
その後もちょいちょいイベントが入るが、延々とエッダ関連の黒幕であることをぼやいているだけ。
地下100階にて遂に直接対決となるのだが、あ、うん、そうだねいつもの円形フィールドケツ叩き戦闘だね。
ちなみにモーションはFF11のコース族の使い回しとなっております。

セリフにちょいちょい原作パロディが入ってくるものの、微妙に違うという地味なイラつかせ方をさせてくるサービス付き。
最後には「ニバスって人の事どう思った?邪悪な魔術師?哀れな人?」という質問と選択肢を表示。
え、それお前らが意見すんの。

 

ところでエッダ関連の話の終着点がこれってことは、
あれもそれも全部異世界の屍術師の企みだったってことでいいんでしょうかね。
エッダちゃんの扱い酷くね?

 
 

いっぽう松野はファイナルファンタジータクティクスと間違えられていた。

matuno_3.jpg

イベント台詞 Edit

■死者の宮殿 地下55階

死からの復活…… この世界でも 難題のようですねえ……
ゾンビパウダーでは 肉体を ゾンビー化するだけですし……

レイズは 戦闘不能状態の者を 蘇生するだけで
魂を 呼び戻すわけではありませンからねぇ……

■死者の宮殿 地下60階

この世界で 大事を成すには やはり エーテルが 要ですか
「想い」に作用し 肉体の再構築すら実現する 素晴らしい力……

フフフ…… 闇のクリスタルに依りて 消滅を免れた先で
彼女のような 素晴らしい研究材料が見つかったのは 僥倖でした

■死者の宮殿 地下70階

しかし それだけに 彼女を失ったのは 惜しかったですねぇ……

永遠の命…… 逃れられぬはずの死からの復活……
彼女の持つ 強き想いこそが 真理を開く鍵に なり得たのですが

■死者の宮殿 地下80階

奴が…… 彼女の純粋な想いを くだらぬ道徳心で濁らせた
安らかな眠りなど…… 真理から 目を背ける行為

死への冒涜 安息の眠りこそ救い…… 反吐が出そうな理屈です
彼女の願いは 死を越えた先にしか 成しえないというのに!

■死者の宮殿 地下100階

おやおや これはこれは……
ついに ここまでたどり着くとは あなたもたいしたものですねぇ

私は ニバス・オブデロード…… この地下迷宮の創造者……
不老不死の秘術を求め 研究を行っております……

お節介な正義感で私のことを 潰そうというのでしょうが……
私の研究を…… 悲願を…… 誰にも邪魔はさせませンよ!

■戦闘開始

ここまでたどり着くとは、たいしたものですねぇ。
この戦いもまた、運命に縛られた予定調和ということですか。

■特殊技

漆黒の暗渠より悪鬼を招かん……。
出よ、サモンダークネス!!

言霊を冥府の鎖と成し、死の底に引きずり込まん……。
滅びに誘え、ワード・オブ・デッド!!

■戦闘終了

おお……今ふたたび「魔」と一体化しようとしている……
肉体さえあれば……またいつでも……。

■撃破後

おお…… おお…………
愚か者がここにも…… 我が悲願を 何故 理解できぬ……

魂を救い 自我を持ち 現世へと蘇りし秘術……
それこそが 世に人が生まれしときより すべての民が願いしもの

貴様らは それを 「愛」 と呼ぶのではないか……

 

■超える力で手記の想いを覗き見るイベント

屍術師ニバス

おかしい……どうしても、魂が肉体へと定着しませンね。
いや、むしろ肉体へ留まるのを、拒んですらいる……?

激しい想いを抱いた魂は、そのエーテル総量も膨大となる。
彼女が抱える強き想いならば、魂をエーテル界へ還すことなく、
この世界に、永遠に留まりつづけられるはずなのですが……。

うーむ、魂から、生への執着が感じられない……。
まさかとは思いますが、彼女の魂が、自らの意思で、
エーテル界へ還りたがっている、とでも……?

これほどに強く、愛する者への想いを抱きながら、
あなたも、くだらぬ安息が望みだというのですか……?

ゴリアテの……かつて私を糾弾したあの男なら……。
彼女の自我は、心の底では恋人の死を受け入れ、
安らかな眠りを願っているのだ、とでも言うのでしょうね。

フ、フフフ……そんなはずはありませン。
これほど強き想いを抱く彼女が、そんな陳腐な終焉を望むはずが!

死からの復活を、不老不死を! 真に望まぬ者などいはしない!
それこそが、我が理想、人々の願いを叶える唯一の道なのだから!

……どうやら、あなたの心を縛る相手が、別にいるようですね。
愛する者への想い以外の、俗な感情を植えつけた相手が。

……あの冒険者、でしょう?
あなたの魂、エーテル波動からその存在をひしと感じますよ。
ずいぶんと強く、彼に憧れを抱いているようですねぇ。

ならば、その余計な感情の元を、
あなたが断ち切ることができれば、すべて解決する……!

さあ、エッダ、あなたを迷宮に解き放ちましょう。
勝手に入り込んできた、侵入者どもの掃除も必要でしたしねぇ。
あなた自身の手で、「魂」にかけた枷を破壊するのです!

行きなさい……。
件の冒険者も、この迷宮に挑もうとしているようだ……。
あなたの「魂」を解き放つため、あの冒険者を殺すのです!

……フフフ、もうすぐですよ。
あなたと想い人の完全なる復活も、その先に待つ永遠も。

我が妻よ……
死したるあなたとの再会も、きっと、もうすぐ……。

■その後のイベント

エ・ウナ・コトロ

よくぞ、戻ってきた……。
この手記の持ち主の想いを見通せたのだな……?

調査隊の隊士

ニバス・オブデロード……彼の目的は、
死者を復活させ、愛する者と再会を果たすことだったと……?

エ・ウナ・コトロ

さて、な……。
その言葉がどこまで本心だったのかはわからんよ。

死者の完全なる復活など、本当に実現できるとも思えん。
ただ、エッダなる娘の強い愛情につけこんで、
面白半分に研究を行っていただけという可能性も大いにある。

それに、その想いが真のものであったとしてもだ……。
眠りについていた死者の魂と肉体を、いたずらに弄び、
森のエーテルを乱して、危機に陥れようとしていたのは事実。

たとえ、その目的に、一片の是があろうと、
無関係のものに犠牲を生み出すような手段をとった時点で、
決して、その行いを認めるわけにはいかんよ……。

……と、この森に生きる角尊としては、そう思うがな。

この手記から、私が感じ取れたのは、
ただ、その目的を成そうという強い想いだけだ……。

直接に対峙したそなたから見て……
ニバスなる魔術師は、どのような男であった?

DD_02.jpg

>死者の身体と魂を弄ぶ邪悪な魔術師だった

エ・ウナ・コトロ
そうだな、選んだ手段が間違ったものであった以上、
真意がどうであれ、その行為は「悪」と評されるべきだろう。

>理想を口にするだけの哀れな人だった

エ・ウナ・コトロ
そうか……。
人としての領分を超えねばならぬ域に目的があった。
そう考えると、確かに哀れな男なのかもしれんな……。

>答えない

エ・ウナ・コトロ
……そうだな、彼の想いの断片を見通したとて、
そなたに尋ねるべきことではなかったかもしれんな。

 

エ・ウナ・コトロ
ともあれ、我らに今できるのは、
地下迷宮を、彼の墓標として封印するのみだ……。

 

その他 Edit

red.jpg

海賊アゼルスタン(運命の輪追加キャラ)/3.1実装レッドシーフ装備

aroi.jpg

暗黒騎士バルバス/3.4実装ヘヴィアロイ装備